転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高1、中2のやんちゃな息子達に振り回されております。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。

こんにちは。FX大好きママしましまです。

今日はまず、GFTのご紹介をしたいと思います。
GFTは業界最多の25通貨、128通貨ペアを提供、そしてそのチャート機能に大変定評のある会社です。例えば時間足ですが、1分~5分足までは1分毎、そして5分~1時間足では5,10,15,20,25,30~と5分ごとの足が用意されているという細やかさです。
もちろんテクニカル指標も85以上も用意されており、例えば移動平均線にしてもただの「移動平均線」ではなく単純移動平均線や加重移動平均線など5種類から選択可能です。GFTなら、ご自分に合った指標が見つかるのではないでしょうか。今お使いのチャート機能にもう一つ納得いかない方は、ぜひGFTのチャートも試してみていただきたいです。

チャート機能が秀逸で納得のいくチャート分析ができるGFTですが、そのチャート分析を手助けしてくれる頼もしいレーディングツール:【オートチャーティスト】があります。このツールはGFT東京支店でライブ口座をお持ちの方であれば、無料で利用可能です。

【オートチャーティスト】はチャートパターン認識ソフトウェアで、ブレークアウトの発生やターゲットレベルの自動認識がすることができます。チャンスの見逃し、利食いの遅れなどを減らすのに有効なツールです。
ペナント、フラッグ、ウェッジ、トライアングルなど典型的なチャートパターンが形成されていてチャンスだったのに、気付かないままだった…なんてことはありませんか?それがこの【オートチャーティスト】を立ち上げておけば、チャートパターン形成(形成しそう)をポップアップ画面で知らせてくれるので、すべてのサインがその方向へ行くとは限りませんが、知らせてくれることは非常に心強いし、私達の負担も軽減しますね♪この「オートチャーチスト」については、先日の記事「充実のチャート機能を求めるならGFT東京へ!」に詳細を書いていますのでご覧ください。

現在、GFTでは新規口座開設をし、初回に30万円以上を預け入れ、90日以内に10,000通貨単位で10回以上の「新規ポジションならびにその決済」または相当量以上のFX取引で5000円キャッシュバックしてくれるなど、お得なキャンペーンを実施しています!入金額によってキャッシュバック額などに違いがあったり条件が違ったりしますので、詳細はGFTのHPをご覧ください。
キャッシュバックキャンペーンもあるお得なこの機会にぜひGFTに口座をお持ちになり、驚きのチャート機能を体感してください!


今日は、レンジ下抜けで更なる下落も警戒されるドル円、今週も弱い流れとなるかのユーロドルの分析をさせていただきます。では、続きをご覧ください。
(気になる今週の相場/クロス円分析については、昨日の記事「来週もクロス円の弱い動きは続くか?週末のクロス円分析」の方をご覧ください。)


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。クリックしてご覧ください。

先週11日は80.53円でオープンし東京時間は堅調に80.82円まで上昇ましたが、欧州時間からリスク回避の流れが強まり反落しNY午後には80.10円まで下落、12日は東京午後に80円割れをし欧州時間は一時79.17円まで下落、その後一旦79円大中盤~後半まで戻すも再び79円台前半へと下落、13日オセアニア市場では薄商いの中78.48円まで急落しましたがその後79円台中盤まで反発、しかし再びじりじりと下落しNY時間はバーナンキ米FRB議長が議会証言で追加緩和の可能性に言及したことから79円割れの水準まで売られました。
14日は、東京午前に78.46円の安値を付けるも東京午後に一時79.59円まで急騰、その後は79円台前半~78円台後半での小幅な動きに、週末15日も79円付近~79円台前半の狭いレンジでの推移となりました。

先週は78.46円まで安値を更新したものの、バーナンキ米FRB議長が「現段階では追加緩和の準備はしていない」との見解を示したことでとりあえずドルの下落が止まった格好になっています。
今週は、米主要企業決算など波乱なく通過し小康状態を維持できれば、今の79円台前半での小動きが続くでしょうか。ドルが強い動きとなってくれば、今レジスタンスとなっている79.50~79.60円をしっかりと上抜け、80円上抜けを狙う動きになりそうです。
一方、軟調な流れとなり79円を大きく割れると13日早朝の安値78.48円・14日の安値78.46円付近では支えられるかに注目、下抜けると78円付近までの下落となってきそうです。



【USD/JPY 月足】
usdjpy
こちらはドル円月足です。

ドル円は2008年3月に102円の重要サポートを割り、リーマンショック後から100円割れが定着、上値もどんどん切り下げずるずると下落を続け、2009年11月には84.80円の安値を、そして今年も安値を更新し続け、3月17日早朝にはついに史上最安値を更新、一時76.25円をつけました。

3月のこの急激な下落がセリングクライマックスのような雰囲気はありましたが、その後なかなか反発の兆しが感じられず、先週はついに78.46円まで下落してしまったことで、76.25円が最安値だという可能性がまた少し低くなり、ここから下へ行く動きに警戒しておきたい流れになってきています。とりあえずは先週14日の安値78.46円付近をしっかり守り反発することができるのかに注目です。
下の1995年の値動きと同様に、85円~86円をあっさり抜くのは難しく暫くはもみ合いが続いておかしくないですが、それにしてもドルが弱い動きで、このままあまり揉み合いや上値を切り下げる動きが長引くと、まだ下へ行く可能性が高くなってきそうです。


usdjpy2
ちなみにこちらが約16年前・1995年のドル円日足チャートです。
年明けから100円をレジスタンスにし、2月に96円割れをしてからきつい下落となり4月には史上最安値79.70円(GFT)をつけます。その後87円付近まで上昇してからまた82円付近へと下落し、2ヶ月ほど85円をレジスタンスに揉み合いを続けた後本格的に上昇開始となりました。
今回はどのような形でこの円高が終了するかまだわかりませんが、参考までに載せてみました。



【EUR/USD 日足】
eurusd
ユーロドル日足です。クリックしてご覧ください。

先週11日はファンロンパイEU大統領とバローソ欧州委員長の定例会合にトリシェECB総裁やユンケル・ユーログループ議長などEUの経済関連高官が参加するとの報道や、FT紙が「欧州はギリシャへの新たな救済計画の一環として一部の同国国債のデフォルトを容認する用意がある」と報じたことから1.4208ドルと下窓を明けオープン、その後も軟調な動きで1.42ドルを割り込み、ギリシャ債務問題がイタリアなど周辺国にも拡大するとの懸念から下げ幅を拡大しNY時間には一時1.4ドル割れし1.3986ドルの安値を付けました。12日も欧州債務問題拡大への懸念やオランダ財務相が「ギリシャの選択的デフォルトを排除せず」との発言をしたことなどからユーロは大きく売られ1.3837ドルの安値を付けましたがその後は反発し、1.4ドル付近へと上昇、13日は大きくドル売りが進み、ユーロドルは午前の1.4ドル割れの水準から、NY時間には1.4192ドルまでと急伸しました。
14日は東京午前に1.4281ドルまで上昇するも、その後は上値を抑えられ軟調な流れに、NY時間は米追加緩和観測後退から一時1.4115ドルの安値をつける弱い流れとなりました。週末15日はストレステスト結果発表前に1.41ドル付近まで売られましたが1.41ドルでは支えられ大きな動きとはならず、ストレステスト結果が90の銀行のうち不合格は8行となり、噂されていた不合格20行台より少なかったことから買い戻され1.41ドル台半ばへ戻し1.4153ドルで引けました。

12日には200日線を大きく割り込み1.3837ドルの安値を付けましたが、その後は200日線に支えられ反発しているユーロドル、今週も底堅く推移すると、まず週末止められた1.42ドルまで上昇できるか、そして1.4260ドル付近~13日の高値1.4281ドルを越え50日線1.4310ドル付近を目指す動きとなるか見たいです。
一方、また軟調な推移となり1.4150ドルを下抜けると1.41~1.41ドル割れまでの下落に、まだ下となると1.4ドル~200日線1.3980ドル付近への下落が考えられます。
スポンサーサイト



コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1825-61cb202b
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替