転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高1、中2のやんちゃな息子達に振り回されております。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・6月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値は、市場予想72.0に対し結果71.5と予想より弱い結果に、米・6月ISM製造業景況指数は市場予想52.0に対し結果55.3と予想より強い結果となりました。
NYダウは、6月ISM製造業景況指数の強い結果を好感し大幅続伸、前日比+168.43ドルの12582.77ドルで引けました。

来週の相場は、米国雇用統計をはじめECB政策金利発表、RBA政策金利発表、BOE政策金利発表、豪・5月小売売上高や豪雇用統計、加雇用統計など注目材料が目白押しの週です。
来週一番の注目は週末8日の米雇用統計で、市場予想は6月非農業部門雇用者数が+8.3万人、民間部門雇用者数が+11.0万人、6月失業率が9.1%となっています。前回5月雇用統計は、いずれも予想を大幅に下回る大変弱い結果となりましたが、今回の雇用統計は回復が窺える数字となるか注目です。

来週の政策金利関連は、5日にRBA政策金利発表、7日にBOE政策金利発表、ECB政策金利発表、トリシェECB総裁の記者会見が予定されています。
今回のECB政策金利発表では、政策金利が0.25%利上げされ1.50%となることが確実視されています。トリシェECB総裁の記者会見では、今回の決定後も利上げの方向に向かうことが示唆される内容となるか注目しています。

米雇用統計以外の来週の主な経済指標等は、4日に豪・5月小売売上高、豪・5月住宅建設許可件数、5日に豪・5月貿易収支、6日に米・6月ISM非製造業景況指数、7日にNZ・第1四半期GDP、豪・6月新規雇用者数/6月失業率、英・5月鉱工業生産米・6月ADP全国雇用者数、米・新規失業保険申請件数、8日に加・6月失業率/6月雇用ネット変化などの発表が予定されています。
なお、週明け4日は独立記念日のため米国市場は休場です。

昨日は米6月ISM製造業景況指数の好結果にNYダウが大幅続伸、リスク選好の動きが強まりました。ドル円は81.14円まで上昇したものの再び80円台後半へと反落しましたが、クロス円は堅調でユーロ円は117.48円まで上昇し117.39円で引け、オージー円も87.23円へと上伸し87.02円で引け、弱い動きのポンド円も130円にタッチするまで回復し129.87円で引けました。
今週はドル円は結局レンジ内での動き、ユーロやオージーが堅調に推移しリスク選好型の相場となりましたが、来週は重要イベントが多数予定されていますし、イベント後の流れの急変には十分注意しながらも今のところ今週の流れが継続の形で考えています。
では、来週も頑張っていきましょう!


今日は、週末のクロス円分析ということでユーロ円、ポンド円、オージー円を分析します。では、続きをご覧ください。


【EUR/JPY 日足】
eurjpy
ユーロ円日足です。クリックしてご覧ください。

今週は週初27日にギリシャ緊縮財政案可決への期待から114円付近から115円台後半まで上昇、その後もギリシャデフォルト懸念後退から下値を切り上げながら上昇し、週末1日も1116円台後半をサポートに117.48円まで上昇し117.39円と高値圏で引けました。

ユーロドルは今週6月上旬の水準1.45ドル台へと戻上昇して引けており、来週1.46~1.47ドル台を目指してくればユーロ円もレンジを上抜けての上昇が期待できそうです。
来週117円~116円台後半をサポートに続伸となると6月7日の高値117.88円を上抜け5月上旬以来の118円台へ乗せていけるか、そして119円付近まで上昇できるかを見たいです。
一方、来週もまた弱い動きとなり116円台後半を下抜けると50日線116.20円付近では止まることができるか、下抜けてしまうと200日線115.40円付近までの下落を考えています。



【GBP/JPY 日足】
gbpjpy
ポンド円日足です。

今週27日は、ドル円の上昇にポンドドルの欧州時間には一時129円台をつけ、NY時間には129円をサポートとする堅調な流れに、28日は欧州時間弱い英指標やマイルズMPC委員やデール委員の弱気な発言を受けポンドが軟調となりましたが、NY時間はリスク選好のドル売りからポンドドルが持ち直しドル円も81円台へ上昇したためポンド円も上昇し、129.94円の高値をつけました。
29日は129.50円をサポートにし、欧州時間には130円台へ乗せる上昇となりましたがしっかり130円台へ乗せることができずNY序盤には129.09円まで大幅下落、その後再び129円台後半へ持ち直しましたが、30日は下向きの動きで一時128円台半ばまで下落しましたがNY時間に切り返し129円台へ戻しました。
週末1日は129.20-129.80円でのレンジ相場となりましたが、NY時間はダウも上昇しリスク選好の流れとなり130.06円まで上昇し129.87円で引けました。

ポンドドルが1.61ドルでは上値を抑えられておりなかなか上昇できないポンド円ですが、来週ポンドドルが1.61ドルをしっかりと上抜け50日線1.6225ドルを目指す流れとなれば、ポンド円も今抑えられている130円を上抜け131円~50日線131.44円、大幅に上昇となれば132円から200日線132.79円を目指す流れとなるか見ていきたいです。
一方、来週130円付近が壁となり下落すると129円付近では止まれるか、まだ下へ行くと128円台半ば~6月27日の安値128.20円までの下落が考えられます。



【AUD/JPY  日足】
audjpy
オージー円日足です。

先週までは下落トレンドだったオージー円ですが、今週は大幅反発の週となり週初の84円台前半から連日上昇の力強い動きに、週末1日は86円台前半をサポートにNY時間に大幅上昇し87円台へ乗せ87.23円まで上昇し、引け値も847.02円と87円台を守り引けました。

今週で雰囲気が変わり堅調な流れとなったオージー円ですが、来週もこの堅調さを維持できると6月1日の高値87.60円を上抜け、5月11日の高値88.10円付近まで上昇できるか、まだ強い流れとなると4月11日の高値90.02円が意識される相場となれるか見ていきたいです。
一方、87円付近がレジスタンスとなり反落すると、86円前半~50日線85.79円付近まで、まだ下へ行くと85円付近までの下落を考えています。


明日は、ドル円とユーロドルの分析をさせていただきます。
スポンサーサイト



コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1810-0bbe2956
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替