転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高1、中2のやんちゃな息子達に振り回されております。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・6月消費者信頼感指数は、市場予想61.0に対し結果58.5と予想より弱い結果となりました。
NYダウは、ギリシャ議会がデフォルト回避のため緊縮財政案を承認するとの期待から大幅続伸し、前日比+145.13ドルの12188.69ドルで引けました。

今日の主な経済指標等は、加・5月消費者物価指数、米・5月中古住宅販売保留などの発表が予定されています。米・5月中古住宅販売保留は前月比+3.0%の市場予想となっています。
今日はギリシャ緊縮財政法案の採決の行方に注目、また、今日は7年債290億ドルの米国債入札が予定されており、入札を受けての米長期金利の動向にも注意しておきたいです。

昨日は東京時間はユーロが少し弱めながらも全体的に小幅な動き、欧州時間は弱い英指標やマイルズMPC委員やデール委員の弱気な発言を受けポンドが軟調に、NY時間はドイツの銀行がギリシャ債務危機でのフランスの提案に原則合意したとの報道からギリシャデフォルト懸念の後退や、ギリシャ緊縮財政案可決への期待からのNYダウの大幅上昇などからリスク選好の流れとなりユーロが大幅上昇、ユーロドルは一時1.4396ドルの高値をつけました。また、ダウの大幅続伸や米長期金利の上昇を受けドル円は81円を上抜け81.26円まで上昇、クロス円もドル円の上昇とストレートのドル売りを受け反発しました。

今日はドル円は81円付近では底堅いものの緩やかに上値を切り下げる動きに、ユーロドルは1.43ドル台半ばで小動きとなっています。
ここからは、まずやっと81円台へ上昇したドル円がここから81円台を維持できるか、ユーロドルは昨日の高値1.4396ドルを上抜け1.44ドル台へ上昇できるか、ギリシャ緊縮財政法案採決関連の報道からの乱高下に注意しながらリスク選好の動きが継続するのかを見ていきたいです。
では、今日も頑張っていきましょう!


今日は、やっと81円台へ上昇のドル円、ギリシャ緊縮財政法案採決を控えてのユーロドル、130円まで上昇できるかのポンド円の分析をさせていただきます。では、続きをご覧ください。


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。クリックしてご覧ください。

先週はじりじりと下値を切り上げる動きとはなったものの、高値80.79円、安値80.01円と、週単位でも80銭も動かないという膠着の相場となりました。
今週27日は80.43円でオープンし堅調に推移、一時80.97円まで上昇するも81円台へ乗せることはできませんでしたが、昨日はNY時間にダウの大幅続伸や米長期金利の上昇を受けついに81円を上抜け、81.26円まで上昇しました。

今日は81円付近では底堅いものの緩やかに上値を切り下げる動きとなっていますが、ここからドル買いの流れ続けば、50日線81.04円付近がサポートとなり、81.30円~81.60円まで上昇するかを見たいです。
一方、軟調な流れとなり81円を割れると昨日の安値80.65円付近では止まれるか、下抜けると80円台前半~80円付近への下落が考えられます。



【EUR/USD 日足】
eurusd
ユーロドル日足です。クリックしてご覧ください。

先週前半はギリシャ懸念がやや後退したことから1.44ドル台前半へ上昇しましたが、FOMC後は軟調な流れとなり、週末24日には1.4141ドルまで大幅下落し1.4187ドルで引けました。
今週27日は1.4189ドルでオープンもリスク回避のドル買いの流れから一時1.4102ドルまで急落、しかしNY時間はギリシャ緊縮財政案可決への期待やNYダウの大幅上昇などからリスク回避の動きは後退しドル売りが進みユーロドルは急伸し、一時1.4293ドルの高値をつけました。昨日はNY時間にギリシャデフォルト懸念の後退から大幅上昇し一時1.4396ドルの高値をつけました。

今日は1.43ドル台半ばで小動きとなっていますが、ここからも上昇が続けば昨日の高値1.4396ドルを上抜け1.44ドル台へ乗せることができるか、そして22日の高値1.4441ドルまで上昇できるか見たいです。
一方、50日線1.4328ドルを下抜ける弱い動きとなれば1.4240ドル付近~1.42ドル付近までの下落も考えられます。



【GBP/JPY 日足】
gbpjpy
ポンド円日足です。

先週はポンドドルが1.62ドル台中盤から下落し1.6ドルを割り込み1.5957ドルで引けており、ポンド円も弱い動きとなりました。
今週27日は、ドル円の上昇にポンドドルの欧州時間には一時129円台をつけ、NY時間には129円をサポートとする堅調な流れに、昨日は欧州時間弱い英指標やマイルズMPC委員やデール委員の弱気な発言を受けポンドが軟調となりましたが、NY時間はリスク選好のドル売りからポンドドルが持ち直しドル円も81円台へ上昇したためポンド円も上昇し、129.94円の高値をつけました。

今日は129.50円をサポートに小動きですが、ここからも上昇の流れが続けば129.50円を維持しながらまず昨日の高値129.94円を越え130円の大台まで戻せるか、そして22日の高値130.53円付近まで戻していけるかを見たいです。
一方、軟調な流れとなると129円付近では止まることができるか、下抜けると128円台半ばまでの下落が考えられます。
スポンサーサイト



コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1807-4b00e8e4
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替