転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高1、中2のやんちゃな息子達に振り回されております。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。

こんにちは。FX大好きママしましまです。

今日はまず、みんなのFXをご紹介します。

まずは気になるスプレッドですが、ドル円が0.6~1.0銭、オージー円が1.9~2.5銭、NZ円が2.2~2.8銭など、どの通貨ペアも狭スプです。
そして現在「ユーロ通貨スプレッド0.9pipsキャンペーン」を実施中で、キャンペーン期間中のAM9:00~翌日AM3:00までの間、ユーロ円のスプレッドを0.9銭、ユーロドルのスプレッドを0.9pips、そしてポンド円のスプレッドも1.6銭、原則固定で提供して下さってます♪これだけスプが狭いとデイトレし易いですね!

そして凄いのが「みんなのSNS」

このサービスは口座開設し取引した方のみ利用できるサービスで、現在約8,500名の方が使用されています。
「みんなのSNS」に登録すると、なんとこのサービスに登録している「他の人の獲得pipsや売買履歴を見る」ことができてしまいます!!獲得pipsはランキングもされていて、上位の人の売買動向をリアルタイムで見ながら真似をして取引することも可能なんですよ。これはトレードの参考になりますね♪
ただ、登録をすると自分の売買履歴も自動的に公開されますのでご注意を。

自分の売買履歴が公開されるといっても、もちろん名前や住所等の個人情報は公開されずニックネームだけの公開ですので、気軽に参加できますよ!
「みんなのSNS」に参加すると、他のトレーダーの売買履歴を見れるだけでなく、Q&A広場という掲示板での意見交換や、チャット(現在1日に500件以上の書き込みあり)で他の方とリアルタイムで意見交換もできるなど、多くの楽しくトレードができそうなサービスを使うことができるので、ぜひ登録されることをお勧めします!

またみんなのFXでは、現在最大23,000円キャッシュバックキャンペーンを実施中!
みんなのFXに口座開設後、キャンペーン期間中に初回入金、かつ初回入金した月の翌月末までに1Lot(10,000通貨単位)以上取引をされた方に5,000円をキャッシュバックしてくれます!!これは嬉しいキャンペーンですね
更にこの5000円プラス、10Lot以上の取引で3,000円、500Lot以上の取引で8,000円、1,000Lot以上の取引で13,000円、1,500Lot以上の取引で18,000円、最大で23,000円をキャッシュバックしてくれます。このお得な機会に、ぜひ口座開設されて下さい♪


今日は、80円台のレンジ続くドル円、今週も弱い流れとなるかのユーロドルの分析をさせていただきます。では、続きをご覧ください。
(気になる今週の相場/クロス円分析については、昨日の記事「来週もユーロの下落は続くか?/週末のクロス円分析」の方をご覧ください。)


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。クリックしてご覧ください。

先週20日は80.13円でオープンし、80円台前半の狭いレンジ内での推移、21日も80円台前半で小動きとなりました。22日もまた80円台前半で小動きとなり、NY時間には一時80.01円まで下落しましたが80円台はかろうじて
維持、FOMC後は反発し80.30円台まで戻し、23日もFOMC後のドル買いの流れを引き継ぎ80.30円付近をサポートに堅調に推移、NY序盤には一時80.79円まで上昇しましたが、米新規失業保険申請件数が予想より弱かったこともありそれ以上の伸びとはならず上値を切り下がる流れとなりました。
週末24日は、東京時間は80.40円をサポートに推移していましたが欧州時間に80.12円まで下落、しかしそこからは持ち直しNY時間はじりじり上昇し80.42円で引けました。

先週は高値80.79円、安値80.01円と、週単位でも80銭も動かないという膠着の相場となりました。ドルは週後半に他通貨に対しては強く推移しましたが、対円ではほとんど動きがありませんでした。
今週も結局小動きのままかもしれませんが、もし今週ドル買いの流れが強まればまず80.70円付近まで上昇できるか、そして15・16日に越えられず50日線も位置している81円付近まで上昇し、50日線81.05円を越えることができるかを見たいです。
一方、また軟調な流れとなり80円を割り込むと、8日の安値79.69円~5月5日の安値79.56円付近への下落、まだ下方向に進むと79円台前半~79円への下落が考えられます。




(ドル円月足は先週の内容とほぼ同一です)
【USD/JPY 月足】
usdjpy
こちらはドル円月足です。

ドル円は2008年3月に102円の重要サポートを割り、リーマンショック後から100円割れが定着、上値もどんどん切り下げずるずると下落を続け、2009年11月には84.80円の安値を、そして今年も安値を更新し続け、3月17日早朝にはついに史上最安値を更新、一時76.25円をつけました。

今回のこの急激な下落がセリングクライマックスだったのかはまだ現時点では断定できませんが、今回の76.25円が結局最安値だったのだという可能性はまだ低くはない、と考えています。ただ、最安値を付けて3ヶ月以上経ち、そろそろ今のレンジ上抜けが欲しいところです。
下の1995年の値動きと同様に、85円~86円をあっさり抜くのは難しく暫くはもみ合いが続いておかしくないですが、それにしてもドルが弱い動きで、今のところ80円付近では底堅い動きですが、あまり揉み合いが長引くと下へ行く可能性が強くなってきそうです。


usdjpy2
ちなみにこちらが約16年前・1995年のドル円日足チャートです。
年明けから100円をレジスタンスにし、2月に96円割れをしてからきつい下落となり4月には史上最安値79.70円(GFT)をつけます。その後87円付近まで上昇してからまた82円付近へと下落し、2ヶ月ほど85円をレジスタンスに揉み合いを続けた後本格的に上昇開始となりました。
今回はどのような形でこの円高が終了するかまだわかりませんが、参考までに載せてみました。




【EUR/USD 日足】
eurusd
ユーロドル日足です。クリックしてご覧ください。

先週20日は、ユーロ圏財務相会合でギリシャへの融資実行が7月に先送りされるとの決定を受け軟調に推移し、欧州序盤には1.4191ドルまで下落していましたが、NY時間にはNYダウの上昇からのリスク選好の流れとなったことや、ユンケル・ユーログループ議長等の要人発言によりギリシャ懸念がやや後退したことからユーロ買い戻しの動きが強まり、一時1.4327ドルまで上昇、21日もギリシャ新内閣が信任されるとの期待感から1.43ドル台前半をサポートに上昇し、NY時間には1.44ドル台へ乗せ1.4422ドルまで上昇しました。
22日は、1.4350ドル~1.44ドル台前半での動きとなり、NY時間には1.4441ドルまで上昇しましたが、FOMC後は軟調な流れとなり1.43ドル台半ばへと下落、23日もギリシャ問題への懸念からユーロの下落は続き、NY時間にはダウの下落等もあり1.4126ドルの安値をつけるも、NY午後にはギリシャが緊縮財政計画でIMF・EUと合意に達したとの報道から急反発し1.4263ドルまで上昇しました。
週末24日は、欧州時間に独・6月IFO景況指数の好結果に1.43ドル台へ上昇したものの、その後イタリアの一部銀行の資本状況に対する懸念やダウの大幅下落からリスク回避の流れとなったことで1.4141ドルまで急落し1.4187ドルで引けました。

今週はまず1.4150ドル付近を守れるかに注目、弱い流れとなり1.4150ドルを明確に割れると1.41ドルでは止まれるか、1.41ドルを下抜けると16日の安値1.4073ドル、大幅下落となり1.4ドル~5月23日の安値1.3969ドルを割れてくると200日線1.3926ドル~1.39ドル付近までの下落も考えられます。
一方、なんとか1.4150ドル付近では支えられ反発となると、まず1.42ドル台へ上昇できるか、そして1.4240ドルを越え1.43ドル~50日線1.4325ドル付近を目指し上昇できるか見ていきたいです。
スポンサーサイト



コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1804-15da6b21
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替