FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日は主な米経済指標の発表はありませんでした。
NYダウは、終盤までプラス圏で推移していましたが、バーナンキ米FRB議長が講演で「緩和的な金融政策はなお必要とされる」など景気に対し慎重な見解を述べたことなどから、引けにかけマイナス圏へ沈み、前日比-19.15ドルの12070.81ドルで引けました。

今日の主な経済指標等は、独・4月鉱工業生産、加・5月住宅着工件数、ベージュブックなどの発表が予定されています。また、今日は10年債210億ドルの米国債入札が予定されており、入札を受けての米長期金利の動向にも注意しておきたいです。
明日は、早朝にRBNZ政策金利発表が予定されており、政策金利は据え置きの予想です。また、明日10:30には豪雇用統計の発表が予定されています。豪5月新規雇用者数は+25000人、5月失業率は4.9%の市場予想となっています。

昨日は、RBA声明から利上げ期待が後退したオージーが軟調に推移、全体的にはドル売りの流れとなり欧州通貨が堅調でした。NY時間にはバーナンキ米FRB議長が講演で「緩和的な金融政策はなお必要とされる」等発言したため小幅ですがドル売りが進み、ドル円は一時79.98円まで下落、ユーロドルは1.46ドル台後半での推移となりました。

今日は米紙の豪ドル高のリスクに関する記事や昨日の声明内容からオージーが弱く、対米ドルでは一時1.0649ドル、対円では一時84.99円の安値を付けました。また、株価も軟調に推移しリスク回避の流れとなり、ドル円が一時79.74円まで下落するなど円高が進みました。
ドル円は午前に79円台に下落してからまだ80円台へ戻せておらず、ここから今度は80円付近がレジスタンスとなりじわりと円高が進むのか、ユーロドルは1.46ドル台で堅調に推移するのか等、今日もドル安方向に進むのか慎重に見ていきたいです。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、80円台を下抜けたドル円、1.47ドル手前まで上昇のユーロドルの分析をさせていただきます。では、続きをご覧ください。


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。クリックしてご覧ください。

先週は、31日にムーディーズによる日本の格付け見直しの発表から一時81.77円の高値をつけましたが50日線に上値を抑えられ下落、その後は米指標の弱い結果を受け軟調に推移し、週末3日は米雇用統計の弱い結果を受け一時80.05円まで下落し80.26円で引けました。
今週6日は80円台前半で上値の重い流れとなり、欧州時間には一時79.97円まで下落し80円を割りこむ場面もありましたが、その後すぐ80円台へ戻し80円台前半での小動きを続け、昨日もNY時間に一時80円を割れる場面がありましたが、概ね80円台前半の狭いレンジ内での推移でした。

先週末80.70-81.30円のレンジを下抜けてしまい弱い流れとなっているドル円、今日はリスク回避の流れとなり一時79.74円まで下落し現在も80円台へ戻せていません。ここからも弱い流れが続くと80円付近がレジスタンスとなり、5月5日の安値79.56円付近、79円台前半への下落が考えられます。
一方ここから反発となれば、まず80円へ乗せ80.30円付近をしっかり越えていけるか、そして以前のサポートだった80.70円付近まで上昇できるかを見たいです。



【EUR/USD 日足】
eurusd
ユーロドル日足です。クリックしてご覧ください。

先週は、2日にギリシャ債務懸念の後退やドル安の流れから1.44ドルを越え1.45ドル付近へ上昇、週末3日には米雇用統計後リスク回避の流れから一時1.4451ドルまで下落する場面もありましたが、その後ギリシャ懸念を後退させる報道から急伸し一時1.4642ドルまで上昇、1.4635ドルで引けました。
今週6日は、東京午前に1.4657ドルまで高値を更新しましたが勢い続かず、独当局者の「ギリシャへのさらなる救済措置の条件などは明確でない」、ユンケルユーログループ議長の「ユーロは他の主要通貨に対してやや過大評価されている」との発言などから軟調な流れとなり、一時1.4556ドルまで下落しましたが、昨日はドル売りの流れとなり堅調に推移、NY時間には一時1.4695ドルの高値をつけ1.46ドル台後半での推移となりました。

今日は昨日の高値からはじりじりと下落し、現在1.4660ドル付近での推移となっています。今日はやや下落となっていますが、今日もドル安の流れとなりユーロドルが堅調に推移すれば、1.46ドル台半ばを維持しながら昨日の高値1.4695ドル付近まで上昇できるか、そして1.47ドルを越え4月下旬から5月上旬のレンジ下限である1.4750ドル付近を目指す流れとなるか見たいです。
一方、軟調な流れとなり1.46ドルを割れると昨日の安値1.4563ドル付近まで、まだ下げると1.45ドル付近までの下落が考えられます。


最後にお知らせです。
みんなのFXと当ブログとのタイアップ企画が始まりました!!
タイアップ期間中に新規口座開設+10万円入金+1万通貨取引で、私お気に入りの「Paul Bassettのコーヒー」をプレゼント♪もちろん最大23,000円キャッシュバックもダブルでゲットできちゃいます!!キャッシュバックにプラスしてコーヒーギフトももらえてしまうこのお得な機会に、ぜひ口座開設されて下さい♪

口座開設はこちらからどうぞ
     

スポンサーサイト






コメント
FX大好きママへのコメント
ドル円、ショートしているので
どんどん下がって欲しいと願ってます。
抵抗線強いですけどね。
応援ぽち
2011/06/08(水) 19:59 | URL | 福富 誠 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1785-0e329be7
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替