転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高1、中2のやんちゃな息子達に振り回されております。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された注目の米雇用統計は、5月非農業部門雇用者数が市場予想+16.5万人に対し結果+5.4万人、民間部門雇用者数が市場予想+17.0万人に対し結果+8.3万人、5月失業率が市場予想8.9%に対し結果9.1%と軒並み弱い結果となりました。その後発表された米・5月ISM非製造業景況指数は市場予想54.0に対し、結果54.6と強い結果となりました。
NYダウは、米雇用統計の弱い結果を嫌気し景気減速懸念から続落、前日比-97.29ドルの12151.26ドルで引けました。

来週の相場は、昨日の米雇用統計の弱い結果に一時80円割れ寸前で80.26円で引けたドル円が、来週80円台を維持することができるか、また、昨日1.46ドルを越える上昇をしたユーロドルが来週も上値を伸ばしていくのかに注目です。

来週の政策金利関連は、7日にRBA政策金利発表、9日にRBNZ政策金利発表、BOE政策金利発表、ECB政策金利発表が予定されています。政策金利はすべて据え置きの予想です。
来週の主な経済指標等は、7日に欧州・4月小売売上高、8日に独・4月鉱工業生産、加・5月住宅着工件数、ベージュブック、9日に豪・5月新規雇用者数/5月失業率、英・4月商品貿易収支、米・新規失業保険申請件数、米・4月貿易収支、10日に英・4月鉱工業生産、英・5月生産者物価指数、加・5月雇用ネット変化/5月失業率などの発表が予定されています。

昨日は、米雇用統計の弱い結果を受け、また一段とドル売りが進みました。ドル円一時は80.05円まで下落、ユーロドルはEU・ECB・IMFが、「ギリシャに対する次回融資は、今後数週間のさらなる協議を経て、7月初旬に実施される見込み」と発表しギリシャ懸念が後退したこともあり一時1.4642ドルまで上昇、1.4635ドルと1.46ドル台を守り引けました。他通貨に対してもドルは広く売られました。
来週は米雇用統計の結果を受けドル売りが更に進むかを注視、ユーロも取り巻く環境はあまり良くないものの、ドルが弱いこともあり、また一段の上昇となってくるのか、全体的にドル売り継続の方向で見ていきたいです。
では、来週も頑張っていきましょう!


今日は、週末のクロス円分析ということでユーロ円、ポンド円、オージー円を分析します。では、続きをご覧ください。


【EUR/JPY 日足】
eurjpy
ユーロ円日足です。クリックしてご覧ください。

今週は31日に116円台へ上昇し、週末まで115円台後半~117円台後半でのレンジで推移、週末3日には雇用統計の弱い結果でドル円は下落しましたが、ユーロドルがギリシャ支援が合意を受け上昇したため、雇用統計後の下値115.91円から急上昇し117.57円の高値を付け、117.47円と高値圏で引けました。

来週はドルが弱い流れが継続するかに注意しながら、ユーロ円は115円台後半~117円台後半でのレンジを継続するに注目です。来週、今週高値117.80円を上抜け上昇となれば、まず118円を越えることができるか、そして119円、もしも円安進めば120円を目指す上昇となってくるかを見たいです。
一方、来週下落基調となり50日線116.68円を割れると、116円~115円台後半のサポートは守れるか、まだ下となると200日線115.31円~115円付近までの下落が考えられます。



【GBP/JPY 日足】
gbpjpy
ポンド円日足です。

今週30日は133円台前半での小動き、31日は133円台前半から一時135.12円をつける上昇となりましたが、その後欧州時間、そしてNY時間と軟調に推移し一時133.47円の安値をつけました。
1日は134円付近で推移していましたが、英5月製造業PMIの弱い結果を受け133円台前半へと下落、そしてNY時間には米指標の弱い結果やダウの大幅下落等からのリスク回避の流れで132円付近までの大幅下落となり、2日も132円~132円台半ばでの上値重い流れとなりました。週末3日は東京時間から軟調に推移し、米雇用統計後130.66円まで下落するも、そこからは反転し131円台後半まで上昇し131.82円で引けました。

今週ま軟調に推移したポンド円ですが、来週もまた軟調に推移し132円では上値を抑えられる流れとなるとまず131.30円~131円付近への下落、また一段下げると13日の安値130.27円~130円付近への下落が考えられます。
一方、131円台後半をサポートに反発すると、132円台を固めながら133円~50日線・200日線が位置する133.30円付近まで戻し、そこを上抜けていけるかを見たいです。


【AUD/JPY  日足】
audjpy
オージー円日足です。

オージー円は今週も先週に続きほぼ86~87円のレンジ内におさまる動きとなり、週末3日は米雇用統計後リスク回避の動きから84.97円まで大幅に下落しましたが、ダウが戻したことやユーロの上昇からリスク回避の流れが弱まり反発、86円台に戻す動きで86円ちょうどで引けました。

今週オージードルはほぼ1.06ドル~1.07ドル台半ばでのレンジとなりましたが、ドル円が80円付近まで下落したためオージー円は上値の重い軟調な流れとなりました。
来週軟調推移となり86円を大幅に割れてくると、昨日のように85円付近までの下落、85円付近で止まらなければ5月5日の安値84.31円、まだ大幅に下へ行くと200日線83.60円までの下落が考えられます。
一方来週86円付近を維持しながら上昇となると、まず50日線86.23円、そして87円まで上昇できるか、まだ強い動きになれば今週1日の高値87.60円を越え5月11日の高値88.10円を目指し上昇できるかを見たいです。



hirohiro2
今日は更新遅れまして、内容も駆け足な感じで申し訳ありません。
今日は、午前中下の階に住んでいるお友達に呼ばれ、小物作りの教室に参加し、針金と格闘してました(汗)
普段こういったこととは縁のない生活を送ってきたので、新鮮で楽しかったです。
左は先生の作った販売しているもの、右は私の作った怪しい花瓶もどきと針金の花です。

明日は、米雇用統計後の動きが気になるドル円とユーロドルの分析をさせていただきます。
スポンサーサイト



コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1781-8fd9a848
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替