FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・5月ADP全国雇用者数は、市場予想+17.5万人に対し結果+3.8万人と予想外に弱い結果、米・5月ISM製造業景況指数も市場予想57.1に対し結果53.5と軒並み弱い結果となりました。
NYダウは、5月ADP全国雇用者数や5月ISM製造業景況指数が予想を大きく下回る弱い結果となったことで景気減速懸念が高まり大幅反落、前日比-279.65ドルの12290.14ドルで引けました。

今日の主な経済指標等は、英・5月建設業PMI、米・新規失業保険申請件数などの発表が予定されています。米・新規失業保険申請件数は41.7万件の市場予想となっています。明日に米雇用統計の発表を控え、今日も指標結果で急変動する可能性があり注意しておきたいです。

昨日は、5月ADP全国雇用者数や5月ISM製造業景況指数が予想を大きく下回る弱い結果となったことで米景気減速懸念が高まりドル売りに、その後ムーディーズがギリシャ格付けを引き下げたことやNYダウの大幅下落からユーロも下落し、リスク回避の動きとなりました。
今日は今のところやや円安方向での動きとなっています。先ほど菅首相は震災対応にめどが付いた段階で辞任する意向を示しましたが、果たして内閣不信任決議案が可決されるのか、明日に米雇用統計の発表を控え新規失業保険申請件数も予想を下回る結果となるのか等注意し、ドル円は弱いながらも80.70円をサポートにできるか、ユーロドルは1.4320ドル付近をサポートにまだ上昇を続けるのか、ドル軟調と見ながら取引していきたいです。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、81円付近で推移のドル円、1.44ドル台維持出来ずのユーロドル、132円台へ大幅下落のポンド円の分析をさせていただきます。では、続きをご覧ください。


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。クリックしてご覧ください。

今週30日はロンドン市場、NY市場とも休場だったことから80円台後半での小動きに、31日はムーディーズによる日本の格付け引き下げ方向で見直しとの発表を受けて円売りが進み、一時81.77円の高値をつけましたが、NY時間には弱い米指標の結果から81円台前半へ下落しました。
昨日はNY時間までは81円台前半での動きでしたが、NY時間に5月ADP全国雇用者数の予想外に弱い結果を受け80円台後半へと急落、その後80.80~80.70円では支えられたものの80円台後半での弱い動きとなりました。

今日は一時81.31円まで上昇したものの81.30円を越えることはできず、現在は81円付近で推移しています。
今日はまた80.70円~81.30円のレンジ内での値動きとなるか注視したいです。ここから円売りの流れとなると、まず81.30円付近をしっかり越えレンジを抜けることができるか、そして81.60円付近~50日線81.70円まで上昇し、82円目指す動きとなれるかを見たいです。
一方、軟調な流れとなると、レンジ下限80.70円を守れるかを見たいです。もしも80.70円で止まれずさらに下落すると、5月13日の安値80.34円~5月9日の安値80.15円付近への下落も考えられます。



【EUR/USD 日足】
eurusd
ユーロドル日足です。クリックしてご覧ください。

今週30日は1.42ドル台半ば~後半での小動きに、31日は東京午前にギリシャ債務懸念の後退から1.44ドル付近へ急伸、その後も1.43ドル台後半~1.44ドル台前半で底堅く推移しました。
昨日もNY時間まで1.44ドル~1.43ドル台後半をサポートに堅調に推移していましたが、ムーディーズがギリシャ格付けを引き下げたことやNYダウの大幅下落を受け、NY午後にサポートを下抜け1.43ドル台前半へ下落しました。

今日は、朝方1.4307ドルの安値を付けたもののそこからは反転し現在は1.43ドル台半ばで推移しています。
ここから上昇続けば、1.43ドル台後半~1.44ドルまで戻していけるか、そして1.43ドル台後半~1.44ドルをサポートとする流れとなれるか見たいです。
一方、軟調な流れとなり1.4320ドル~1.43ドルを割れると、50日線1.4272ドル~1.4240ドル付近では支えられるかを見たいです。



【GBP/JPY 日足】
gbpjpy
ポンド円日足です。

今週30日は133円台前半での小動き、31日は133円台前半から一時135.12円をつける上昇となりましたが、その後欧州時間、そしてNY時間と軟調に推移し一時133.47円の安値をつけました。
昨日は134円付近で推移していましたが、英5月製造業PMIの弱い結果を受け133円台前半へと下落、そしてNY時間には米指標の弱い結果やダウの大幅下落等からのリスク回避の流れで132円付近までの大幅下落となりました。

今日は132.84円まで上昇したものの再び下落し現在は132円台前半での推移となっています。
ここからまた軟調に推移し132円を割れると、131円付近への下落が考えられます。
一方、132円では支えられ反発すると133円~50日線・200日線が位置する133.40円付近まで戻していけるかを見たいです。
スポンサーサイト






コメント
FX大好きママへのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/06/03(金) 11:56 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1779-d85330a0
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替