転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高1、中2のやんちゃな息子達に振り回されております。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。

こんにちは。FX大好きママしましまです。

ここ数年で1000通貨単位の取扱いを開始される業者がかなり増えました。1000通貨単位で取引したいという、個人投資家の要望が多いことが窺えます。初心者の方や自信のない方は1000通貨単位で練習を重ねて、自信がついてから1万通貨単位でトレードされるとよいですね。
私がFXを始めたころ(2005年)は、1000通貨単位の会社はほどんどありませんでしたし、スプレッドも広く手数料もとられていましたが、今は手数料無料の会社も増えて、スプも狭く、1万通貨単位の取引とほぼ変わらない環境で有利に1000通貨単位の取引が可能となっています。

今日は、1000通貨単位の取引をするのにおすすめの業者さんを2社ご紹介します。

1社目がトラップリピートイフダンで有名なマネースクウェア・ジャパンです。
トラップリピートイフダンとは、自動リピート機能により、ほったらかしで積極的に収益が狙える、マネースクウェア・ジャパンのオリジナル注文機能です。以前から1万通貨単位でこの機能は使えたのですが、1万通貨単位で損切りなしでこの機能を使うのはリスクが大きすぎる、損切りありなら相場観がいりますし、その手間は実は普通のトレードとそんなに変わらないではないかと思い、私はご紹介しませんでした。しかし今は1000通貨単位でトラップリピートイフダンが使えるということで、私も大変興味を持っています。トラップリピートイフダンは、一回設定しておけば、後は注文を出さなくても勝手に売買してくれ、ほったらかしでいいというのが何よりの魅力です!!
ちなみに私も、外貨預金代わりという位置での運用を考え、オージー円で88円~83円の間で50銭ごとにトラップリピートイフダンを仕掛けています。

そして、私が愛用しているGFTも、去年7月から1000通貨単位での取引を開始しました。GFTチャートは本当に秀逸で、私はGFTのチャートで分析をしているのですが、7月から1000通貨単位で取引が可能になったことで、GFTもぐっと口座開設しやすくなりましたね♪1000通貨単位でも手数料無料ですし、綺麗なチャートを見たい方はぜひGFTに口座開設してみてくださいね!
GFTはデモがありますので、まずはデモで練習、そして1000通貨単位の取引でご自分のトレードの形を掴んでから1万通貨単位の取引へ移行されると、けがが少なくてよいかと思います。


今日は、今週こそ82円台へ上昇できるかのドル円、再下落が懸念されるユーロドルの分析をさせていただきます。では、続きをご覧ください。
(気になる今週の相場/クロス円分析については、昨日の記事「来週も円安基調維持できるか?週末のクロス円分析」の方をご覧ください。)


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。クリックしてご覧ください。

先週16日は東京午前に81.06円まで上昇したものの81円の壁厚く、ほぼ80.70円から81円までの非常に狭いレンジで推移、17日は81.30円のレジスタンスを上抜け欧州時間には81.77円まで上昇、しかしNY時間には米指標の弱い結果やダウの下落を受け失速しました。
18日は欧州序盤に81円割れまで下落しましたが、そこからは反発しNYクローズには17日の高値81.77円付近まで上昇する、行って来いの動きに、19日は本邦GDPの弱い結果などから円売り基調となり、NY序盤には82.22円の高値を付けましたが、その後弱い米指標を受け反落しNY午後には81.50円を割り込む場面もありました。
週末20日は高値81.86円、安値81.48円という狭いレンジ内での推移となりました。

底堅く推移し下値は切り上がっているドル円、今週も上方向の動き続けば50日線81.88円を越え82円台へ、そして4月の高値から5月5日の安値の下落幅に対する半値戻し82.54円まで上昇できるか、まだ上方向だと4月の高値から5月5日の安値の下落幅に対する61.8%戻し83.24円~200日線83.52円を目指し上昇できるかを見たいです。
一方、今週軟調推移となると81.30~81円では止まれるか、まだ下落となると80円台中盤までの下落が考えられます。



【USD/JPY 月足】
usdjpy2
こちらはドル円月足です。

ドル円は2008年3月に102円の重要サポートを割り、リーマンショック後から100円割れが定着、上値もどんどん切り下げずるずると下落を続け、2009年11月には84.80円の安値を、そして今年も安値を更新し続け、3月17日早朝にはついに史上最安値を更新、一時76.25円をつけました。

今回のこの急激な下落がセリングクライマックスだったのかはまだ現時点では断定できませんが、今回の76.25円が結局最安値だったのだという可能性は低くはない、と考えています。ただ、最安値を付けて2ヶ月経ち、そろそろ今のレンジ上抜けが欲しいところです。
下の1995年の値動きと同様に、85円~86円をあっさり抜くのは難しく暫くはもみ合いが続いておかしくないですが、そろそろその揉み合いを上抜け長期的に上昇トレンドへと変わっていくのかどうか注視したいです。


usdjpy2
ちなみにこちらが約16年前・1995年のドル円日足チャートです。
年明けから100円をレジスタンスにし、2月に96円割れをしてからきつい下落となり4月には史上最安値79.70円(GFT)をつけます。その後87円付近まで上昇してからまた82円付近へと下落し、2ヶ月ほど85円をレジスタンスに揉み合いを続けた後本格的に上昇開始となりました。
今回はどのような形でこの円高が終了するかまだわかりませんが、参考までに載せてみました。



【EUR/USD 日足】
eurusd
ユーロドル日足です。クリックしてご覧ください。

先週16日は東京午前に1.4047ドルの安値をつけてからは反発、NY時間にはビーニ・スマギECB理事が「インフレ率は数カ月2%超で推移も」、「ECBはインフレ抑制のために必要な措置を取る」など利上げ示唆の発言をしたことなどから一時1.4244ドルの高値を付けましたが、1.42ドル台は維持出来ず引けには1.4150ドル付近までの下落へ、17日は.41ドル台前半~1.42ドル前半のレンジ内を神経質に動き、NY時間は午前は米指標の弱い結果等からリスク回避の動きとなり1.4120ドルまで下落したものの、午後にはリスク選好の流れとなり1.4240ドル付近まで上昇しました。
18日は ポンドにつられ対米ドルで小幅に弱まりNY序盤には1.42ドル付近へ下落しましたが、NY時間は商品価格の上昇やNYダウの上昇もあり持ち直し1.42ドル台半ばまで反発、19日はNY時間まで1.42ドル台前半~1.43ドルの間での推移でしたが、NY時間に弱い米指標が発表されてから徐々にドル売りの流れとなり1.43ドルを越え、1.4324ドルの高値をつけました。しかし週末20日にはフィッチによるギリシャ国債の格下げやノルウェーのギリシャ支援中止から一時1.4132ドルまで大幅に下落し、1.4159ドルで引けました。

週末に急落となったユーロドルですが、今週も弱い動きとなるとなると、まず先週の安値1.4132ドルで止まれるか、下抜けると1.41ドル~16日の安値1.4047ドル付近では止まれるか、そこを下抜け1.4ドル台を維持出来ない弱い動きとなると、今年1月の安値1.2873ドルから5月4日の高値1.4939ドルまでの上昇幅に対する半値押し1.3906ドルまでの下落が考えられます。
一方、今週反発の流れとなれば、まず1.4150ドル付近を維持しながら1.4240ドル付近まで戻せるか、そして50日線も走る1.4283ドルを越え先週の高値も位置する1.4350ドル付近までまた戻してこれるかを見たいです。
スポンサーサイト



コメント
FX大好きママへのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/05/22(日) 19:59 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1768-273b8e27
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替