転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高1、中2のやんちゃな息子達に振り回されております。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・4月住宅着工件数は市場予想56.9万件に対し結果52.3万件と予想より弱い結果、4月建設許可件数も市場予想59.0万件に対し結果55.1万件と予想より弱い結果となりました。米・4月鉱工業生産も市場予想前月比+0.4%に対し結果前月比±0.0%と弱い結果でした。
NYダウは、米指標の弱い結果や商品市場の続落、ウォルマートやHPの決算から景気減速が懸念され続落、前日比-68.79ドルの12479.58ドルで引けました。

今日の主な経済指標は、英・4月失業率/4月失業保険申請件数、明日朝8:50に日・第1四半期GDP・一次速報の発表が予定されています。
また、今日はFOMC議事録,BOE議事録の公表が予定されています。BOE議事録は利上げ賛成の委員数に増減はあるか等注目したいです。

昨日はドル円が81.30円のレジスタンスを上抜け欧州時間には81.77円まで上昇、しかしNY時間には米指標の弱い結果やダウの下落を受け失速しました。ユーロドルは1.41ドル台前半~1.42ドル前半のレンジ内を神経質に動き、NY時間は午前は米指標の弱い結果等からリスク回避の動きとなり1.4120ドルまで下落したものの、午後にはリスク選好の流れとなり1.4240ドル付近まで上昇しました。

今日はドルストレートでドル売りの流れとなり、ユーロドルは1.4286ドルまで上昇、ドル円は81円付近まで下落、他通貨に対してもドルが弱い動きとなっていますが、ここからも全般的にドルが弱く、ユーロドルは50日線1.4288ドルを上抜けてくるのか等を見ていきたいです。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、81円付近を維持できるかのドル円、50日線を越え堅調な流れとなるかどうかのユーロドル、BOE議事録公表を前にしたポンド円を分析します。では、続きをご覧ください。


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。クリックしてご覧ください。

先週は80円台前半~81円台前半での比較的小幅な値動きで、週末13日は81円を越えることができず、リスク回避のクロス円の下落もあり一時80.34円まで下落し、80.77円で引けました。
今週16日は東京午前に81.06円まで上昇したものの81円の壁厚く、ほぼ80.70円から81円までの非常に狭いレンジで推移、昨日は81.30円のレジスタンスを上抜け欧州時間には81.77円まで上昇、しかしNY時間には米指標の弱い結果やダウの下落を受け失速しました。。

今日は軟調に推移し一時81円割れし現在は81.10円付近で推移しています。
下値は少しづつ切り上がっているドル円、ここからも上方向の動き続けばまた81.30円を越えてこれるか、そして昨日の高値81.77円~50日81.87円を越え82円台を目指し上昇できるかを見たいです。
一方、81円を割り軟調推移となると80.70円~80円台半ばでは止まれるでしょうか。



【EUR/USD 日足】
eurusd
ユーロドル日足です。クリックしてご覧ください。

先週は1.44ドル台前半で抑えられ50日線を下抜ける軟調な流れとなり、週末13日は欧州債務懸念や株価の下落などからリスク回避の動きが優勢となり1.4066ドルまで下値を切り下げ、1.4117ドルで引けました。
今週16日は東京午前に1.4047ドルの安値をつけてからは反発、NY時間にはビーニ・スマギECB理事が「インフレ率は数カ月2%超で推移も」、「ECBはインフレ抑制のために必要な措置を取る」など利上げ示唆の発言をしたことなどから一時1.4244ドルの高値を付けましたが、1.42ドル台は維持出来ず引けには1.4150ドル付近までの下落へ、昨日は.41ドル台前半~1.42ドル前半のレンジ内を神経質に動き、NY時間は午前は米指標の弱い結果等からリスク回避の動きとなり1.4120ドルまで下落したものの、午後にはリスク選好の流れとなり1.4240ドル付近まで上昇しました。

今日は昨日の高値1.4238ドルを越え一時1.4286ドルまで上昇し、現在も1.4270ドル付近で推移しています。今日ここからも上昇続くと50日線が走る1.4288ドル~1.43ドルまでの上昇、そして1.44ドルを目指す流れとなるか見たいです。
一方、50日線で抑えられ1.4240ドルを割れると1.42ドル付近では止まれるか、そこを下抜けると1.4150ドル~昨日の安値1.4120ドル付近までの下落が考えられます。


【GBP/JPY 日足】
gbpjpy
ポンド円日足です。

今週16日はNY時間に一時131.50円まで上昇する場面もありましたが、ほぼ130円台半ばから131円台前半でのレンジ内の動きとなり、昨日は東京時間から堅調に推移し、欧州時間には英消費者物価指数から利上げ期待の高まりで一時133.17円まで上昇、しかしNY時間にはリスク回避の動きで132円を割りこみ131.67円まで下落、その後また132円台へと持ち直す流れとなりました。

今日は今のところ132円付近で推移していますが、なんとか132円付近を守り底堅く推移すれば、132円半ばを越え133円台を、そして50日線、200日線が重なる133.45円付近を目指す動きとなるか見たいです。
一方、反落の流れとなると、まず132円~131円台後半を維持できるか、下抜ければ131円付近までの下落が考えられます。
スポンサーサイト



コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1764-efc10b6e
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替