FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

週明けの今日、ドル円は80.63円、ユーロドルは1.4363ドルと上窓を開けてのオープンとなりました。東京午前は全般的にドルストレートに先週末の下落からの買い戻しの動きが出てユーロドルは1.4406ドル、オージードルは1.0770ドルまで上昇し、クロス円も先週末NY時間の下落から回復の動きとなっています。

今週の概要は外為オンラインの「兵ブロガーの週間相場予想」の方にも書かせていただきましたが、今週はまず5日トリシェECB総裁の会見をきっかけに大きく下へ動きだしたユーロの行方に注目です。ユーロドルは今日1.44ドル付近まで反発していますが、このまま50日線1.43ドル付近で支えられた形で反発が続くのかどうか注視したいです。また、11日のBOE四半期インフレレポート、12日の豪雇用統計、米・3月小売売上高にも注目しています。

今週の主な経済指標等は、10日に豪・3月貿易収支、11日に英・3月商品貿易収支、BOE四半期インフレレポート、米・3月貿易収支、12日に豪・4月新規雇用者数/4月失業率、英・3月鉱工業生産、米・新規失業保険申請件数、米・4月生産者物価指数、米・4月小売売上高、13日に独・第1四半期GDP・速報値、米・4月消費者物価指数、米・5月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値などの発表が予定されています。
また、10日に3年債320億ドル、11日に10年債240億ドル、12日に30年債160億ドルの総額720億ドルの米国債入札が予定されており、入札を受けての米長期金利の動向にも注意しておきたいです。

今週はユーロドルが50日線も走る1.43ドル付近で支えられ反発となるのかどうか、ドル円の下攻めは終わり80円台を固めてくるのかを中心に見ていきたいです。
では、今週も頑張っていきましょう!


今日は、80円台半ばで小動きのドル円、1.44ドル台へしっかり乗せることができるかのユーロドル、132円台を固めることができるかのポンド円を分析します。では、続きをご覧ください。


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。クリックしてご覧ください。

先週2日は81.10円でオープンし81円台前半で小幅に推移していましたが、ビンラディン容疑者死亡の報道を受けてから急伸し81.68円まで上昇、しかし上昇はそこまでで81円台半ばを固めることができずNY時間には81円台前半での推移となりました。3日は81円付近で上値が重く一時80.69円まで下落と軟調な流れとなりました。
4日は一時81円を越える場面がありましたが長続きせず、NY時間は米・4月ADP全国雇用者数、米ISM非製造業景況指数が予想を下回ったことを受け一時80.42円まで下落、5日も商品市場や株式の下落、リスク回避の円買いの動きから一時80円を割れ3月以来の安値79.56円まで下落する軟調な流れとなりました。週末6日は米雇用統計の好結果を受け80円台前半から80.93円まで上昇、しかし81円には届かず反落し80.62円で引けました。

週明けの今日は80.63円でオープンし、80.83円まで上昇するもドルストレートでのドル売りもあり小反落し現在は80.50円台での推移となっています。
ここから80円台半ば~前半を維持し反発の流れとなると、まず6日に止められた81円を上抜けることができるか、そして81円を固め82円~50日線82.15円を目指す上昇となっていくかに注目です。
一方、軟調に推移し80円~3月17日の安値から4月6日の高値までの上昇幅に対する61.8%押し79.88円を割れると5日の安値79.56円付近では止まることができるかを見たいです。


【EUR/USD 日足】
eurusd
ユーロドル日足です。クリックしてご覧ください。

今週2日は1.4816ドルでオープンし、ビンラディン容疑者死亡の報道を受けてのドル買いにより1.4763ドルまで下落しましたが1.47ドル台後半のサポートに支えられ反発、NY時間にはユンケル・ユーログループ議長の「ユーロ高は大きな不安材料ではない」等の発言により一時1.4901ドルまで上昇しましたが1.49ドルでは抑えられ1.48ドル半ば4で押し戻され、3日は1.48ドル~1.47ドル代後半をサポートに1.48ドル台で推移しました。
4日は、米指標発表後1.4940ドルまで高値を更新したもののその後リスク回避の流れとなり1.4850ドル付近まで下落、5日はECB政策金利発表のトリシェECB総裁の会見で、トリシェ総裁が6月利上げを示唆する発言をしなかったため6月利上げはないものとしてユーロは売られ、ユーロドルは1.48ドル台から一時1.4509ドルまで暴落しました。
週末6日はNY時間にギリシャがユーロ圏を離脱し独自通貨の再導入を検討しているとの報道からユーロ安が進み、ユーロドルは1.45ドルを割り込み1.4310ドルまで下落し1.4315ドルの安値で引けました。

週明けの今日は1.4363ドルと上窓を開けてオープンし1.4406ドルまで上昇、現在も1.44ドル付近で推移しています。
今日は1.44ドルまで反発していますが、ここからも50日線も走る1.43ドル付近を下抜けることなく推移していけるか注視したいです。今日ここから1.44ドル付近を維持できれば、6日に割りこんでしまった1.45ドルまで上昇していけるか、そして1.45ドルをサポートとする動きに戻れるかを見たいです。
一方、1.43ドルを明確に割れ軟調な流れ継続となると1.42ドル台前半~今年1月の安値1.2873ドルから5月4日の高値1.4939ドルまでの上昇幅に対する38.2%押し1.4150ドル付近までの下落が考えられます。


【GBP/JPY 日足】
gbpjpy
ポンド円日足です。

先週は2日の高値136.11円から連日ずるずる下落、5日はドル円が80円を割れる軟調な流れでポンド円も131円を割れ130.90円までの下落となりました。週末6日はポンドドルは横ばい、ドル円がやや上昇したことからポンド円も下げ止まり131.94円で引けました。

週明けの今日は131.85円でオープンし、132円付近での小幅な動きが続いています。
ここから反発の流れとなると132円付近を固めながら133円付近へと上昇できるか、そして200日線133.59円、50日線134.06円を目指す動きとなるか見たいです。
一方、132円~131円台後半を大きく割れると、131円~先週の安値130.90円付近への下落が考えられます。
スポンサーサイト






コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1755-6d715993
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替