転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高1、中2のやんちゃな息子達に振り回されております。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・3月新築住宅販売件数は、市場予想28.0万件に対し結果30.0万件と予想より強い結果となりました。
NYダウは薄商いの中小幅反落し、前日比-26.11ドルの12479.88ドルで引けました。

今日の主な経済指標等は、米・2月S&P/ケース・シラー住宅価格指数、米・4月消費者信頼感指数などの発表が予定されています。米・2月S&P/ケース・シラー住宅価格指数は前年比-3.30%、米・4月消費者信頼感指数は64.5の市場予想となっています。
また、今日26日に2年債350億ドル、27日に5年債350億ドル、28日に7年債290億ドルの総額990億ドルの米国債入札が予定されており、入札を受けての米長期金利の動向にも注意しておきたいです。

昨日もイースター休暇で薄商いの中、ドル円は一時82.41円まで上昇したもののそこからはじりじ下落しNY午後には81.66円まで下落する軟調な流れ、ドルストレートも上昇は限定的でNY時間は横ばいから軟調に推移したためクロス円は円高の流れとなりました。
今日もドル円は一時先週の安値81.61円を割り込み81.56円まで下落、ユーロ円はユーロドルが一時1.45ドルを割り込む場面もあり118.49円まで下落、ポンド円は134.37円、オージー円は87.29円まで下落し円高の流れとなっています。
明日にFOMC・バーナンキ米FRB議長会見を控えリスク回避的な流れとなっていますが、今日もう一段円高が進みドル円は81.60円を明確に割れてくるのか、ユーロドルは1.45ドル台を守れるかなど、リスク回避的な流れ続くかを慎重に見ていきたいです。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、81.56円まで下落したドル円、1.45ドル台を維持できるかのユーロドル、135円を割れてしまったポンド円を分析します。では、続きをご覧ください。


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。クリックしてご覧ください。

先週は先々週に引き続き軟調に推移し、83.22円と83円台でオープンしたものの、その83円がレジスタンスに変わり82.50円、82円も割り込む下落で、週末22日も82円付近では上値を抑えられる動きで81.86円で引けました。
週明け25日は81.81円でオープン、その後上昇し82円を越え一時82.41円の高値をつけましたが、そこからはじりじ下落しNY午後には81.66円まで下落する軟調な流れとなりました。

今日も軟調な流れで、一時先週の安値81.61円を割り込み81.56円まで下落していますが、ここからはなんとか81.60円ではサポートされる流れとなるかに注目、もしあっさり下抜けると、81.30円から3月16日の安値から4月6日の高値までの上昇幅に対する半値押しも位置する81円割れまでの下落の可能性も考えられます。
一方、81.60円付近では支えられ反発となればまず82円台へ乗せることができるか、そして82.50円~50日線82.67円まで上昇できるかを見たいです。



【EUR/USD 日足】
eurusd
ユーロドル日足です。クリックしてご覧ください。

先週は、週初にはリスク回避の動きから一時一時1.4156ドルまで大幅に売られましたが、そこからは急反発し21日には昨年1月13日の高値1.4579ドルを上抜け一時1.4648ドルまで高値を伸ばしました。
週明け25日は1.4561ドルでオープンし、1.45ドル台半ば~1.46ドル付近で推移、欧州時間には一時1.4627ドルまで上昇しましたが、NY時間には再び1.45ドル台半ば~1.45ドル大後半での推移となりました。

今日は軟調な流れとなり一時1.4493ドルまで下落しましたが、現在は1.4530ドル付近での推移となっています。
今日も1.45ドル台を維持できるかに注目、ユーロが強めに推移すれば1.45ドル付近を固めながら1.46ドルまで上昇できるか、そして先週の高値1.4648ドルまで上昇していけるか見たいです。
一方、1.45ドルを割り込み弱い動きとなると、1.44ドル付近ではなんとか止まれるか見ていきたいです。



【GBP/JPY 日足】
gbpjpy
ポンド円日足です。

先週18日はS&Pによる米国格付け見通し引き下げなどからリスク回避の流れが急激に進み、ポンド円は135円、134円も割り込み132.98円の安値をつける下落となりましたが、19日はリスク選好の流れとなり134円付近をサポートに下値を切り上げ134.80円まで上昇しました。
20日は一時135.80円の高値を付けるも再びじりじり上値を切り下げる流れに、21日は135円付近をサポートに135.94円まで上昇するもドル円の下落もあり上値を伸ばせず再び135円台前半での動きとなり、週末22日はグッドフライデーのため135円台中心で限定的な動きとなり135.14円で引けました。

週明け25日は135.23円でオープンし一時135.93円まで上昇するも136円では抑えられ反落、NY時間には135円下回り134円台後半での推移となりました。そして今日もポンド円は下落し現在134.40円付近での動きとなっています。
ここからも軟調に推移すれば、134円を割り込み50日線134.07円、200日線133.55円までの下落が意識されます。
一方、ここから反発し堅調な流れとなればまず135円台へと上昇できるか、そして135~136円付近をのレンジへ戻ることができるかを見たいです。
スポンサーサイト



コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1743-59b7f17a
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替