転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高1、中2のやんちゃな息子達に振り回されております。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

先週末はグッドフライデーのため、多くの市場が休場、米国市場も株式・債権・商品市場などは休場でした。今日もイースターマンデーにより、ウェリントン、シドニー、香港、フランクフルト、ロンドンなど多くの市場が休場です。

今週の概要は外為オンラインの「兵ブロガーの週間相場予想」の方にも書かせていただきましたが、今週は27日のFOMC政策金利発表、その後に初めて予定されているバーナンキ米FRB議長の会見が最大の注目点です。量的緩和第2弾は予定通り6月で終了すると見られていますが、その後の方向について言及がなされるかが注目されます。引き締め方向に移らず、ドル安はまだ継続となってくるでしょうか。

その他今週の政策金利関連は、28日にRBNZ政策金利発表、日銀政策金利発表が予定されています。政策金利どちらも据え置きが確実視されています。

今週の主な経済指標等は、25日に米・3月新築住宅販売件数、26日に米・2月S&P/ケース・シラー住宅価格指数、米・4月消費者信頼感指数、27日に豪・第1四半消費者物価、英・第1四半期GDP・確報値、米・3月耐久財受注、独・4月消費者物価指数・速報値、28日に米・第1四半期GDP・速報値、米・第1四半期個人消費・速報値、米・新規失業保険申請件数、米・3月中古住宅販売保留、29日にNZ・3月貿易収支、欧州・ 4月消費者物価指数・速報値、加・2月GDP、米・4月シカゴ購買部協会景気指数、米・4月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値などの発表が予定されています。
また、26日に2年債350億ドル、27日に5年債350億ドル、28日に7年債290億ドルの総額990億ドルの米国債入札が予定されており、入札を受けての米長期金利の動向にも注意しておきたいです。

今日はドル円が82円を越えてきており現在82.35円付近で推移、ドルストレートも朝方はドルが売られていたのですが現在はドルが強くなりユーロドルは1.4537ドル、ポンドドルが1.6495ドルで推移するなどやや軟調な流れ、全体的にドルが買い戻される流れとなっています。
今週はFOMC・バーナンキ米FRB議長会見まで大きな動きは出にくいでしょうし、FOMC後の動きに期待する考えでいます。では、今週も頑張りましょう!


今日は、82円台前半へ戻したドル円、1.45ドル台は維持できるかのユーロドル、136円台へ乗せることができるかのポンド円を分析します。では、続きをご覧ください。


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。クリックしてご覧ください。

先週18日も軟調な流れが続き82円台後半を推移しながら徐々に上値を切り下げる動きに、そしてNY時間には米国格付け見通し引き下げを受け一時82.18円まで下落、そこからは82円台半ばでの推移となり、19日も82.50円を挟んでの小動きとなりました。
20日は午前から動きが出て82.60円を越え一時83.09円まで上昇しましたが、そこからは再びずるずると下落し、82円台前半~半ばでの動きに、21日もドル売りの流れとなりNY時間には82円を明確に下抜け一時81.61円まで下落、その後も81.80円付近で上値の重い流れ、昨日は81円台後半中心の狭いレンジとなり81.86円で引けました。

週明けの今日は81.81円でオープン、その後上昇し82円を越え一時82.41円の高値をつけています。
ここから上昇続けば82円台を維持しながら82.50円~50日線82.73円を越えてこれるかを見たいです。
一方、再びドル売りとなり82円を割りこむと先週の安値81.61円では止まることができるか、81.61円をあっさり下抜けると81.30円から3月16日の安値から4月6日の高値までの上昇幅に対する半値押しも位置する81円割れまでの下落の可能性も考えられます。



【EUR/USD 週足】
eurusd
ユーロドル週足です。クリックしてご覧ください。

先週18日は、ギリシャの債務再編が早ければ夏ごろに実施される可能性があるとの報道や、S&Pによる米国格付け見通し引き下げなどからリスク回避の流れが急激に進み、ユーロドルは高値1.4419ドルから一時1.4156ドルまで大幅に売られました。19日も東京時間は1.42ドル台前半で小動きでしたが、ECBが国債を購入しているとの噂や株価上昇からのリスク選好の動きなどから、欧州時間に東京時間のレジスタンスだった1.4240ドルを越え、NY午後には1.4352ドルの高値をつけました。
20日は東京午前の1.43ドル台半ばから欧州時間の1.4547ドルまで大幅に上昇し、NY時間も1.45ドルをサポートに
強さを維持、21日も欧州時間に1.4648ドルまで高値を伸ばし堅調に推移していましたがNY時間にはトリシェECB総裁が「利上げが決まったわけではない」などと発言したことなどから下落し1.45ドル台半ばでの流れとなりました。
週末22日は1.45ドル台半ばでの小動きで1.4560ドルで引けました。

週明けの今日は1.4561ドルでオープンし、一時1.46ドル台へ乗せたのですが、そこからは軟調な動きとなり現在1.4450ドル台で推移しています。
今日も先週の流れを引き継ぎ堅調に推移すれば、1.45ドル付近を固めながら1.46ドルを越え、先週の高値1.4648ドルまで上昇していけるか見たいです。
一方、今日軟調に推移し1.45ドルを割り込む動きとなると、1.44ドル付近ででは止まれるか見ていきたいです。



【GBP/JPY 日足】
gbpjpy
ポンド円日足です。

先週18日はS&Pによる米国格付け見通し引き下げなどからリスク回避の流れが急激に進み、ポンド円は135円、134円も割り込み132.98円の安値をつける下落となりましたが、19日はリスク選好の流れとなり134円付近をサポートに下値を切り上げ134.80円まで上昇しました。
20日は一時135.80円の高値を付けるも再びじりじり上値を切り下げる流れに、21日は135円付近をサポートに135.94円まで上昇するもドル円の下落もあり上値を伸ばせず再び135円台前半での動きとなり、週末22日はグッドフライデーのため135円台中心で限定的な動きとなり135.14円で引けました。

対円では週後半動きが乏しかったポンドですが、対米ドルでは長く止められていた1.64ドルのレジスタンスを越え、1.6598ドルまで年初来高値を更新しました。今週以降も対米ドルでポンド買いが続くのか、ポンドドル相場も注意して見ていきたいです。
今日は135.23円でオープンし一時135.93円まで上昇していますが、ここから堅調な流れとなれば136円台へと上昇できるか、そして136円付近をサポートに137円を目指す流れとなるか見たいです。
一方、軟調な流れとなると現在のサポート135円~134円台後半を守れるか、下抜けると50日線134.10円までの下げも考えられます。
スポンサーサイト



コメント
FX大好きママへのコメント
FOMC時の相場の短期急変あれば、ものにしたいです(^^;) 4/27の次は6月でQ2終了後?付近ですもんね。そうなると、実質、今回の声明がQ2後を占う上で重要かなと。為替も、金相場もどんな動きをするか楽しみです☆☆いまからわくわくしますね!がんばって、相場に張り付きましょうね(笑)
2011/04/26(火) 00:07 | URL | junichi #-[ 編集]
うわ~、やっぱりjunichiさん起きてる気満々ですね!(笑)
私も昼寝でもして徹夜するかな・・・
でも明日は授業参観やその後は子供達と図書館に行くから昼寝はできないや・・(涙)
2011/04/26(火) 11:22 | URL | FX大好きママ(しましま) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1742-55180bcb
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替