FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

今日はドル円は83.22円でオープンするもじわじわ下落し一時82.85円まで下落、ユーロドルも先週に引き続き軟調な動きで、1.4411ドルでオープンするも1.44ドル、先週の安値1.4365を割り込み一時1.4348ドルまで下落、この動きからクロス円も軟調に推移しておりユーロ円は一時119円を割れる下落となりました。

今週の概要は外為オンラインの「兵ブロガーの週間相場予想」の方にも書かせていただきましたが、今週は週末22日がグッドフライデーで主要市場はほぼすべて休場なため、実質21日までと考えておきたいです。
今週は米主要企業の決算発表が本格化、18日にシティ・グループ、19日にゴールドマン・サックス、バンク・オブ・NYメロン、ステート・ストリート、インテル、テキサス・インスツルメンツ、ヤフーなど、20日にウェルズ・ファーゴ、IBM、アップル、21日にモルガン・スタンレー、ゼネラル・エレクトリック、マクドナルドの決算発表が予定されており、決算発表を受けての株価の変動に注意しておきたいです。

今週の政策金利関連は、19日にRBA議事録、20日にBOE議事録の公表が予定されています。
今週の主な経済指標等は、19日に加・3月消費者物価指数、米・3月住宅着工件数/3月建設許可件数、20日に米・3月中古住宅販売件数、21日に豪・第1四半期生産者物価指数、独・4月IFO景況指数、英・3月小売売上高指数、加・2月小売売上高、米・新規失業保険申請件数、米・4月フィラデルフィア連銀景況指数などの発表が予定されています。
また、22日はグッドフライデーで、ウェリントン、シドニー、香港、フランクフルト、パリ、チューリッヒ、ロンドン、トロントなど多くの市場が休場、米国市場も株式市場が休場となってます。

今週は先週の流れを引き継ぎ更に円高が進むのか、まずドル円83円付近を守れるかどうかに注目しています。イースター休暇を控えてのポジション調整の動きや米主要企業決算を受けての株価の変動等にも注意したいです。
では、今週も頑張っていきましょう!


今日は、83円割れで推移しているドル円、1.4348ドルまで下落のユーロドル、135円を維持できるかのポンド円を分析します。では、続きをご覧ください。


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。クリックしてご覧ください。

先週11日は84.85円でオープンし一時85.15円まで上昇しましたが再び85円を割れ、84.80円~84.50円付近で推移、12日は福島原発事故の国際評価が最悪の「レベル7」に引き上げられたことなどから円買いが進みドル円は84円台半ばや200日線84.15円をあっさりと下抜け84円割れ、83.46円の安値をつけました。その後84.42円まで急伸するも再び83.50円付近まで下落し83円台後半~84円では上値を抑えられる動きとなりました。
13日は東京時間午後からNY時間序盤までは84円台前半で堅調な動きでしたが84.20円を越えることができず失速し84円割れ、14日は一時83円割れまで下落する軟調な動きに、週末15日も83.50円を下回り83円台前半~83円で軟調に推移し83.13円で引けました。

上値を切り下げる軟調な流れが続いているドル円ですが、今のところ下値はまだ83円~50日線82.86円ではサポートされている状態です。今日は一時82.85円の安値をつけましたがここからもこのサポートを守れるかに注目、下抜けてしまうと82.50円、3月16日の安値から4月6日の高値までの上昇幅に対する38.2%押しも位置する82円付近までの下落が意識されます。
一方、83円付近を守り反発の流れとなると、83円台半ば~後半まで上昇できるか、そして84円~200日線84.13円付近を目指す上昇となるかを見たいです。


【EUR/USD 日足】
eurusd
ユーロドル日足です。クリックしてご覧ください。

先週11日は1.4471ドルでオープンし、欧州時間までは1.44ドル台半ばでは底堅く推移していましたが、余震の報道などから1.44ドル台半ばを割りこむ動きに、NY時間も1.4420ドルまで下値を切り下げ軟調に推移しました。12日は円買いの動きから1.44ドルを割り込み1.4377ドルまで下落、しかし中国のスペイン債購入継続、対ポンドでのユーロ買いなどを支えに上昇の動きとなりNY時間には1.45ドルを上抜け一時1.4518ドルの高値を付けました。その後1.44ドル台半ばまで下落するもそこでは底堅く、1.44ドル台半ばから1.45ドルでの動きとなりました。
13日は欧州時間1.4520ドルまで上昇したもののNY時間は軟調な流れとなり一時1.4413ドルまで下落し1.44ドル台半ばでの推移となり、14日は1.4365ドルまで下落後1.4502ドルまで上昇と荒い値動きに、週末15日もソブリンリスクが意識され、弱めの推移となりNY時間には一時1.4390ドルまで下落し1.4428ドルで引けました。

先週はやや下へはみ出す場面もあったものの概ね144ドル付近~1.45ドル付近のレンジを継続しましたが、今週は1.44ドル、先週の安値1.4365を割り込み一時1.4348ドルまで下落しており、ここから下向きの動きが続くのかに注目したいです。
現在は1.4380ドル付近まで回復していますが、今日ここからまた1.4350ドルを明確に割り込むと1.42ドル台後半~1.42ドル台中盤までの下落が考えられます。
一方、ここから反発となれば、まず1.44ドル台へ戻せるか、そして1.45ドルを目指す堅調な流れとなるかを見たいです。


【GBP/JPY 日足】
gbpjpy
ポンド円日足です。

先週11日は午前に一時139.55円まで上昇しましたが、その後下落し138円台半ばのサポートを下抜け欧州序盤に138円まで下落、NY時間には139.23円まで上昇するもNY午後には138円台前半へと下落するなど落ち着かない動きとなりました。12日は138円付近から136円付近まで大幅下落、13日は137円台前半まで反発も136円付近まで押し戻される動き、14日は136円を挟んで上下50銭ほどのレンジとなりました。
週末15日は東京午前に137円をつけるもそこでは上値を抑えられ反落、NY時間にはドル円、ポンドドルともに軟調な流れとなったためポンド円は引けにかけ135.27円と14日安値135.28円をわずかに下抜く安値をつけ135.72円で引けました。

先週は136円も割り込み軟調な流れ、そして今日は135円も割り込134.93円まで下落と軟調な流れとなっています。
現在は135.20円付近での動きですが、ここから軟調な流れが続き135円を明確に下抜けると50日線133.88円~200日線133.47円付近まで下落する可能性があります。
一方、ここから反発するとまず136円台へと乗せることができるか、そして13日から上値を抑えられている137円~13日の高値137.20円を目指す流れとなってくるか見たいです。
スポンサーサイト






コメント
FX大好きママへのコメント
米国債の格付けが、いじられはじめましたね(^^;) 米国を破たんさせるつもりでしょうか??為替君も激しく動いてますね。ダウも急落。金も1496ドルまで上昇してますよ。
眠いけど見たい(笑)
2011/04/19(火) 02:43 | URL | junichi #-[ 編集]
私、昨日はあれからまだ寝ずに、結局3時ぐらいまで起きてました。
お肌に悪い生活です・・・(汗)
junichiさんも私と同じぐらい、または
もっと遅い時間まで起きておられたようですね(笑)
2011/04/19(火) 14:43 | URL | FX大好きママ(しましま) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1735-ab04da11
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替