転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高1、中2のやんちゃな息子達に振り回されております。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日は米経済指標の発表はありませんでした。
NYダウは小反発、前営業日比+1.06ドルの12381.11ドルで引けました。

今日の政策金利関連は、BOC政策金利発表が予定されています。
政策金利は1.00%で据え置かれると予想されています。

今日の主な経済指標等は、英・2月商品貿易収支、英・3月消費者物価指数、独・4月ZEW景況感調査、米・2月貿易収支などの発表が予定されています。
また、今日12日に3年債320億ドル、13日に10年債210億ドル、14日に30年債130億ドルの総額660億ドルの米国債入札が予定されており、入札を受けての米長期金利の動向にも注意しておきたいです。

昨日は福島県が震源の余震やイエレン米FRB副議長の「FEDが金融引き締めをするほど米経済は十分に強くない」などの発言、IMFが2011年の米国・英国・日本の経済成長率見通しを下方修正したことなどからリスク許容度が低下、これまでの調整の動きもあり円とドルが強い流れ、クロス円は下落しました。
そして今日も日経平均が-155円と大幅下落で前場引けしたことや、経済産業省原子力安全・保安院が福島原発事故の国際評価を最悪の「レベル7」に引き上げると発表したことなどからドル円、クロス円は大幅に下落、ドル円は84円割れて83円台半ばまで下落、ユーロ円も120.20円、ポンド円136円、オージー円は87円割れまで大幅に円買いが進んでいます。
今日はこの円買い・ドル買いの流れが東京時間で収まるのか、欧州以降も続く流れなのか、サポートが次々破られていることもあり慎重に様子を見たいところですが、反発の動きとなればオージー円など狙いたいと考えています。
余震、原発の行方等気が滅入る報道ばかりですね、特に原発、これ以上被害が広がらないよう祈るばかりです。


今日は、83円台半ばまで急落のドル円、1.43ドル台後半へ下落のユーロドル、136円割れまで下落のポンド円を分析します。では、続きをご覧ください。


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。クリックしてご覧ください。

先週は堅調に推移し6日には85.52円まで上昇、しかし85円台半ばでは抑えられ、週末8日には予算案不合意からの米政府機関の一時閉鎖懸念のドル売りが進み一時84.67円まで下落、84.75円で引けました。
今週11日は84.85円でオープンし一時85.15円まで上昇しましたが再び85円を割れ、84.80円~84.50円付近で推移しました。

今日は福島原発事故の国際評価が最悪の「レベル7」に引き上げられたことなどから円買いが進みドル円は84円台半ばや200日線84.15円をあっさりと下抜け84円割れ、83.46円の安値をつけました。
現在は83.80円付近で推移していますが、ここからは今日の安値83.46円付近を守ることができるかに注目、反発続けばまず84円台へ乗せ200日線84.15円、そして84円台半ばまで戻していけるかを見たいです。
一方、83円台半ばを割り込み下落となると、83円~50日線82.78円までの下落が意識されます。


【EUR/USD 日足】
eurusd
ユーロドル日足です。クリックしてご覧ください。

先週は堅調に推移し、週末8日はドル売りが進んだことから1.4487ドルまで急伸、1.4482ドルの高値で引けました。
週明け11日は1.4471ドルでオープンし、欧州時間までは1.44ドル台半ばでは底堅く推移していましたが、余震の報道などから1.44ドル台半ばを割りこむ動きに、NY時間も1.4420ドルまで下値を切り下げ軟調に推移しました。

今日は円買いの動きから1.44ドルを割り込み1.4377ドルまで下落しています。
現在は1.44ドルまで戻してきていますが、ここからこの下落が一時的ということで1.44ドル台半ばまで戻してくるか見ていきたいです。
一方、軟調な流れとなりまた1.44ドルを割り込むと1.42ドル台後半~1.42ドル台中盤までの下落が考えられます。



【GBP/JPY 日足】
gbpjpy
ポンド円日足です。

先週4日は135円台で比較的値幅は小さかったですが、5日には円安の流れから安値135.71円から138.89円まで大幅上昇、6日は英・2月鉱工業生産の弱い結果から一時138.11円まで下落したもののNY時間には再び139円台へ上昇し139円をサポートに139円台前半~中盤での推移となりました。
7日は軟調な動きとなり、地震後は一時138円割れもありましたが、概ね138円台半ばには支えられる底堅い動きとなり、週末8日はポンドドルの上昇から欧州時間に一時140円台に乗せるも、ドル円の下落から軟調な流れとなりNY時間には138.45円の安値を付け138.84円で引けました。

週明けの昨日は午前に一時139.55円まで上昇しましたが、その後下落し138円台半ばのサポートを下抜け欧州序盤に138円まで下落、NY時間には139.23円まで上昇するもNY午後には138円台前半へと下落するなど落ち着かない動きとなりました。
今日は円買いが進み一時135.97円まで下落、現在は136.76円付近での推移となっています。
今日これから反発続けば、まず137円台へ戻し138円付近まで上昇できるか、そして昨日までサポートされていた138円台半ばまで戻せるか見たいです。
一方、今日の安値を下回り136円を大きく割れてくると135円まで、更に下落となると200日線と50日線の交わる133円台半ばへの下落の可能性も考えておきたいです。
スポンサーサイト



コメント
FX大好きママへのコメント
為替君、激しいですね!
ドル円76円→86円付近でひとまず10円幅動きましたから様子を見ます。次の動きは三角もちあい的な動きかな~と(^^;)
2011/04/12(火) 15:15 | URL | junichi #-[ 編集]
そうですよね、私も持ち合いになるんじゃないかと思います。
ドル円は動かないのがドル円らしく感じます(笑)
2011/04/13(水) 12:07 | URL | FX大好きママ(しましま) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1729-a51d23c6
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替