転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高1、中2のやんちゃな息子達に振り回されております。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。

こんにちは。FX大好きママしましまです。

今日はまず、東北地方太平洋沖地震で被災された方々のために、今私達ができそうなことを書きます。

まずは募金ですが、インターネットではヤフーなどが募金を募っています。
ヤフーはヤフーポイントでも募金ができます!

サイトURL:
http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/detail/1630001/index.html
ヤフーではもう159,189 人、211,318,000 円集まっています。
私も微力ながら協力させていただきました。

Tその他ニフティやグルーポン、goo、Tカードのサイトなどで募金できるということです。
募金情報まとめ http://htn.to/vcNKMi /

毎度のことですが、
詐欺サイトには十分に注意して、知らないサイトには近寄らないようにしましょう!
また、日本赤十字は現在募金は準備中とのことです。
〈義援金について〉
このたびの義援金につきましては、関係機関と調整中ですので、ご案内できる段階になりましたら、日本赤十字社のホームページ等でご案内させていただきます。
なお、原則として個人の方からの物品の寄贈は受け付けておりませんので、ご了承ください。


あと、元気な方は献血にも協力したいですね。
日本赤十字サイト:献血できる場所を地図から探す

安定して血液を供給できるように、事前に献血ルームの方に確認して、不足している日に足を運びたいですね。
私は午後から主人と献血ルームに行きます。休日でも午後遅い時間だと比較的空いているようです。(午前10時現在の話ですが・・)

もちろん節電にも心がけて、私達が今できることをこつこつとしていきましょう。
一人ひとりの力は小さくても、その力がたくさん集まれば大きなパワーになります!!



今日は、今週円高が進むのか気になるドル円の分析をさせていただきます。では、続きをご覧ください。
(気になる今週の相場/クロス円分析については、昨日の記事「来週はFOMC政策金利発表に注目、地震の影響・欧州信用不安の再燃等に注意/週末のクロス円分析」の方をご覧ください。)


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。クリックしてご覧ください。

先週7日は82.32円と先週の終値とほぼ変わらずでオープン、軟調な動きとなりながらもなんとか82円付近のサポートは守り82円台前半での小動き、8日は東京時間は82.20-82.30円付近とほとんど動きがない状態でしたが、欧州時間に82.50円、50日線を越えNY時間には82.85円まで上昇、その後も82円台後半での動きとなりました。
9日は82円台後半で推移し、上下30銭ほどの狭いレンジとなり、10日も値幅は狭いながらも上値を切り上げ83円台へ乗せ一時83.16円まで上昇しましたが、83円付近では重い動きでNY午後には83円で上値を抑えられる動きとなりました。
週末11日は東北地方太平洋沖地震の発生で乱高下の展開となり、地震発生後83.29円まで上昇するも、日経平均が1万円付近へ下落などリスク回避の動きが強まったことや日本の保険会社が海外資産を売却するのではとの思惑から下落し、NY時間には一時81.65円の安値を付け81.84円で引けました。

今週はまず地震の被害の甚大さを見ての相場の動き、そしてFOMC政策金利発表でどのような声明が出されるかに注目です。
週末11日に上昇トレンドが途切れてしまったドル円、今週は2月下旬からのサポート81.60円を守り抜くことができるかです。ここでしっかりサポートできれば、82円台へ乗せ50日線82.58円、そして83円~11日の高値83.29円に向かっての上昇となるでしょうか。
一方、81.60円を下抜ける弱い動きとなると、81.30円~4日の安値81.10円付近では止まることができるか、止まれなければ81円~1月3日の安値80.92円、昨年11月9日の安値80.53円、そして昨年11月1日の安値80.23円までの下落も考えておきたいです。



(こちらの月足はほぼ先週の内容と同じです)
【USD/JPY 月足】
usdjpy
こちらはドル円月足です。
ドル円はリーマンショック後から100円割れが定着、上値もどんどん切り下げずるずると下落が続いており、2009年11月には84.80円の安値を、そして今年も安値を更新し一時81.72円をつけ、いまだに下げ止まりの見えない状況が続いています。
まず102円、そして1995年も96円を割れたことから下落が加速しましたが、その96円のサポートを守れなかったのはドル円にとって下落を加速させる要因となり、今回の15年ぶりの超円高でも86円~85円、そして83円を守れなかったのが次の下落へつながりました。
先週は83円が重いもののじりじり下値を切り上げていたのですが、地震発生後大きく流れが変わり再び81.60円のサポートを試す弱い流れとなりました。

現在15年半~16年ぶりの安値圏と言うことで、約16年前1995年4月の値動きが意識されますが、約16年前はかなり急激に史上最安値79.75円までつっこんでおり、96円を完全に下回っていたのは1995年3~8月の間だけですので、今回の円高とは感じが違います。少し戻してはまたじりじりと下げる分今回の円高はずるずると長続きし、まだ下がありそうな流れで、ここから短期の反発はあっても長期ではまだ下を目指していきそうだと見るのが自然かと思われます。


usdjpy2
ちなみにこちらが約16年前・1995年のドル円日足チャートです。
年明けから100円をレジスタンスにし、2月に96円割れをしてからきつい下落となり4月には史上最安値79.70円(GFT)をつけます。その後87円付近まで上昇してからまた82円付近へと下落し、2ヶ月ほど85円をレジスタンスに揉み合いを続けた後本格的に上昇開始となりました。
今回はどのような形でこの円高が終了するかまだわかりませんが、参考までに載せてみました。



最後に、ロイターの記事で気になるものを見つけましたのでご紹介します。

「米著名投資家のデニス・ガートマン氏は11日、日本で起きた大規模な地震により円は数日から数週間以内に1ドル=75円へ上昇する可能性があるとの見方を示した。同氏はロイターに対し、今後数週間に海外から還流する円資金の額は「膨大」なものになると指摘した。」

たしかに、前例として1995年1月の阪神淡路大震災のあと円高が進行し、4月には史上最安値79.70円(GFT)を付けています。今回も絶対に同じようになるとは思ってはいないし、この記事も「ああ、そうなのか」と見る程度でよいとは思うものの、今のところは円高方向へ力がかかりやすくなったという認識で週明けの動きを見ていきたいです。


今日は時間が足りずユーロドル分析できませんでした。申し訳ありません・・・。
スポンサーサイト



コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1700-79a62b10
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替