FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・新規失業保険申請件数は市場予想39.5万件に対し結果36.8万件と予想より強い結果、米・2月ISM非製造業景況指数も市場予想59.3に対し結果59.7と予想より結果となりました。
NYダウは、経済指標の好結果から雇用統計への期待の高まりや、リビア政府が和平案を検討との報道などから大幅続伸し、前日比+191.40ドルの12258.20ドルで引けました。

今日は今週1番の注目材料・米国雇用統計の発表があります。
2月非農業部門雇用者数が+19.6万人、2月民間部門雇用者数が+20.0万人、2月失業率が9.1%の市場予想ですが、米雇用統計が好結果となり、今週も売られたドルが反発してくるのかが注目されます。

昨日は、ECB政策金利発表後の記者会見でトリシェECB総裁がインフレに対する警戒を強め、これまで声明で使われてきた「金利は適正」の文言を除外、そして「警戒とは来月金利が上昇する可能性を意味する」と4月の理事会で利上げの可能性があると発言したためユーロは急伸しました。
トリシェECB総裁の超強気な発言からユーロドルは昨日の高値1.3861ドルを上抜き1.3975ドルまで急伸し1.38ドル台半ばの壁を完全に越え、ユーロ円も115.16円まで上昇し昨年11月4日以来の高値を付けています。また、ポンドやスイスフランに対してもユーロは買われたため、対米ドルでもポンド、スイスフランは反落しました。

今日の米雇用統計は2月ADP全国雇用者数・新規失業保険申請件数の好結果もあり強い結果が予想されていますが、ユーロが買われドルが売られやすい環境の中、予想を上回る結果となればドルがどこまで反発できるか、また、弱い結果となった時、特に欧州通貨に対して大幅に売られる可能性を考えながら発表後の動きを見ていきたいです。
今日もビッグイベントが予定されていますし、油断せず資金管理には十分気を配りましょう。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、82円台回復のドル円、1.4ドル台乗せが見えてきたユーロドル、134円台乗せのポンド円を勝手に分析です。では、続きをご覧ください。


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。クリックしてご覧ください。

今週28日は81.67円でオープンし東京時間は81.62円の安値を何度か付け先週の安値81.61円を割れそうな雰囲気でしたが、なんとか81.60円を守り抜きNY時間には81.98円まで上昇、1日は東京時間に82円台へ乗せ一時82.23円まで上昇しNY時間まで82円台を維持しましたが、NY時間はダウの下落などから弱い流れとなり再び82円を割れ81.78円まで下落し81円台後半での小動きとなりました。
2日は欧州時間までは81円台後半~82円付近で小動きでしたが、NY時間にドル売りが進み一時81.57円まで下落、しかしそれ以上の下落とはならず81.60円のサポートは維持され、昨日は欧州時間まで81円台後半で小動きでしたが、NY時間は新規失業保険申請件数の好結果やトリシェECB総裁会見後の円売りの流れからドル円は82円台を回復し一時82.51円まで上昇しました。

今日は米雇用統計を控え82円30~40銭台での小動きとなっています。
今日は米雇用統計の発表まではそう大きな動きはないでしょうが、雇用統計発表後ドル円上昇となればまず50日線82.60円をしっかり越え83円台まで上昇できるか、まだ強い動きとなると83.50円付近まで反発していけるかを見たいです。
一方、ドル売りとなり82円を割れる流れとなると引き続き81.60円を守れるかに注目、下抜けても81.30円~2月4日の安値81.10円付近では止まることができるか、大幅に下落すると81円~1月3日の安値80.92円までの下落が考えられます。


【EUR/USD 日足】
eurusd
ユーロドル日足です。クリックしてご覧ください。

今週28日は1.3757ドルでオープンも東京午前に1.3711ドルまで下落、それからは反発し始値まで戻し、欧州時間は大幅に上昇し1.38ドル乗せ、NY序盤には一時1.3855ドルの高値をつけました。1日も1.38ドルをサポートに底堅く推移していましたが1.3850ドル付近では上値重く、NY午後にはリスク回避の動きが進み1.38ドル割れをし1.3762ドルまで下落、その後も1.37ドル台後半での動きとなりました。
2日は東京時間に1.3743ドルまで下落するも、欧州時間からNY時間にかけては堅調な流れとなり1.38ドル台を回復、NY時間には2月2日の高値1.3861ドルを上抜き1.3889ドルまで上昇、そして昨日トリシェECB総裁が4月の理事会での利上げの可能性に言及したため1.39ドル台へと急伸、1.3975ドルの高値を付けました。

今日はビッグイベントを控え、1.3960ドル付近で膠着しています。
今日は米雇用統計発表後、ユーロドルが1.4ドル台へ乗せ更に買われていくか注視したいです。
昨年11月4日の高値1.4281ドルから1月10日の安値1.2873ドルの下落幅の78.6%戻し1.3980ドルは未達成ながらほぼその水準まで上昇してきたユーロドル、今日も続伸となれば1.3980ドルを越え1.4ドルの大台に乗せ、全戻し1.4281ドルを前にまず1.41ドル台乗せを目指す動きとなるかを見ていきたいです。
一方、軟調な流れとなっても1.39ドルを下抜けると1.3860ドル付近では止まれるか、大幅な下落の流れとなると1.3740ドル付近までの下落も考えられます。



【GBP/JPY 日足】
gbpjpy
ポンド円日足です。

今週28日は131.57円でオープンするも東京午前に131.27円まで下落、その後も131.30-131.60円付近で小動きとなりましたが、欧州時間に132円を越え急伸し133円台まで到達、NY時間には一時133.31円の高値をつけました。1日は欧州時間、そしてNY時間にポンドドルが1.63ドルを越え一時1.6329ドルの高値をつけたためポンド円も強い流れとなり欧州時間には一時134.12円まで上昇しましたが、NY午後にはリスク回避の動きとなったためポンド円も133円台前半まで下落しました。
2日は東京時間は132円台後半~133円台前半での推移でしたが、欧州・NY時間には133円割れはなく133円台前半~133.76円の範囲内での動きとなり,
昨日は東京時間は133.50円を中心にほとんど動きませんでしたが欧州時間指標結果が弱かったことなどから133円付近へと下落、NY時間はドル円の回復などで134円台に乗せ134.18円まで上昇しました。

今日は134円付近で小動きとなっていますが、今日も底堅く推移すれば、134円~133円台後半をサポートに135円~2月18日の高値135.50円を目指す流れとなるでしょうか。
一方、軟調な流れとなるとまず200日線133.29円付近を守れるか、133円を明確に割れると132円台半ば~50日線132.30円付近では止まれるでしょうか。
スポンサーサイト






コメント
FX大好きママへのコメント
ドル円、ユロ円激しい動きですね!
寝たり、起きてまた相場を見たり、相場に翻弄されております(^^;)
2011/03/05(土) 02:52 | URL | junichi #-[ 編集]
寝たり、起きてまた相場を見たり・・・とは完全に相場漬けですね!(笑)
週末はゆっくり体を休めて下さいね。私も週末はのんびりしたいですがなかなかできません・・・。
2011/03/05(土) 14:44 | URL | FX大好きママ(しましま) 誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐF #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1691-b0f64f04
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替