転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高1、中2のやんちゃな息子達に振り回されております。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・2月ISM製造業景況指数は市場予想61.0に対し結果61.4と予想より強い結果となりました。
NYダウは、中東・北アフリカ情勢の緊迫化や原油高への懸念から大幅反落し、前日比-168.32ドルの12058.02ドルで引けました。

今日の主な経済指標等は、米・2月ADP全国雇用者数などの発表が予定されています。また、日本時間3日4:00にベージュブック公表が予定されています。
また、今日もバーナンキ米FRB議長の半期に一度の議会証言が予定されており、その発言内容に注意しておきたいです。

昨日は原油高への懸念、中東・北アフリカ情勢の悪化への懸念からNYダウが終値で前日比-168.32ドルと大幅に下落しました。為替市場もリスク回避の円買い・ドル買いの動きとなり、NY時間にドル円は81.78円、ユーロドルが1.3762ドル、ポンドドルは堅調ながらも1.6250ドル、オージードルが1.0124ドルの安値を付けました。
今日は、またドル買いが進み、ユーロドルが1.3743ドル、ポンドドルが1.6222ドル、そしてオージードルは1.0089ドルまで売られています。また、ドル円もややドル買いで81.90円付近まで戻すもあまり動きはありません。
今日はこれからまだドル買い・円買いが続くのかに注目し、ドル円は81.60円を守り82円台へ戻していけるか、ユーロドルは1.3850ドル付近が天井の動きとなるのかどうかなど見ていきたいです。今週はビッグイベントが多いですし、今日も乱高下に注意し、油断せず資金管理には十分気を配りましょう。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、82円台へ乗せることができないドル円、1.37ドル台半ばまで下落のユーロドル、133円付近を維持できるかのポンド円を勝手に分析です。では、続きをご覧ください。


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。クリックしてご覧ください。

先週は週初から週末まですべて陰線引けとなり、83円台から一時81.61円まで下落し81.67円で引けました。
今週28日は81.67円でオープンし東京時間は81.62円の安値を何度か付け先週の安値81.61円を割れそうな雰囲気でしたが、なんとか81.60円を守り抜きNY時間には81.98円まで上昇、昨日は東京時間に82円台へ乗せ一時82.23円まで上昇しNY時間まで82円台を維持しましたが、NY時間はダウの下落などから弱い流れとなり再び82円を割れ81.78円まで下落し81円台後半での小動きとなりました。

今日も82円を前に足踏みし81円台後半での小動きが続いていますが、ここから徐々に下値を切り上げながら82円を越えることができるか、82円台へ乗せれば82.50円付近~50日線82.62円まで反発していけるかを見たいです。
一方、82円をしっかり越えることができず軟調推移となると、引き続き81.60円を守れるかに注目、下抜けても81.30円~2月4日の安値81.10円付近では止まることができるか、大幅に下落すると81円~1月3日の安値80.92円までの下落も考えられます。


【EUR/USD 日足】
eurusd
ユーロドル日足です。クリックしてご覧ください。

先週は不安定ながら週後半には2日の高値1.3861ドルに迫る1.3837ドルまで上昇したものの、それ以上の伸びとはならず1.3752ドルで引けました。
今週28日は1.3757ドルでオープンも東京午前に1.3711ドルまで下落、それからは反発し始値まで戻し、欧州時間は大幅に上昇し1.38ドル乗せ、NY序盤には一時1.3855ドルの高値をつけました。昨日も1.38ドルをサポートに底堅く推移していましたが1.3850ドル付近では上値重く、NY午後にはリスク回避の動きが進み1.38ドル割れをし1.3762ドルまで下落、その後も1.37ドル台後半での動きとなりました。

今日はまた一段ドル買いが進み今のところ1.3755ドル付近で推移しています。
今日ここからも軟調な流れとなり1.3750ドルを大きく割れてくると2月28日の安値1.3711ドル~1.37ドル付近ではなんとか止まることができるか注意したいです。
一方、1.3750~1.3740ドルで反発できれば、まず1.38ドル台へと戻せるか、そして昨日の高値1.3854ドル~2月2日の高値1.3861ドルまで上昇できるか見ていきたいです。


【GBP/JPY 日足】
gbpjpy
ポンド円日足です。

先週は週初21日に135.42円まで上昇するも、そこからは軟調な流れとなり24日には200日線133.30円付近を割り込み一時131.55円まで急落、週末25日も軟調な流れとなり50日線の走る132円も割り込み131.12円の安値を付け131.62円で引けました。
今週28日は131.57円でオープンするも東京午前に131.27円まで下落、その後も131.30-131.60円付近で小動きとなりましたが、欧州時間に132円を越え急伸し133円台まで到達、NY時間には一時133.31円の高値をつけました。昨日は欧州時間、そしてNY時間にポンドドルが1.63ドルを越え一時1.6329ドルの高値をつけたためポンド円も強い流れとなり欧州時間には一時134.12円まで上昇しましたが、NY午後にはリスク回避の動きとなったためポンド円も133円台前半まで下落しました。

今日もドル買いの流れとなり、ポンド円は133円を割れ132円台後半~133円台前半での推移となっています。
ここからも軟調な流れが続き133円を明確に割れると50日線132.13円付近で止まれるか、もし支えられず大幅下落となれば25日の安値131.12円付近までの下落も考えられます。
一方、133円付近では支えられ反発となれば、200日線133.27円まで戻し、そして200日線付近をサポートに134円台へと上昇できるかを見たいです。
スポンサーサイト



コメント
FX大好きママへのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/03/02(水) 15:52 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1689-81e374b7
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替