転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高1、中2のやんちゃな息子達に振り回されております。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

今週はドル円が選手の流れを引き継ぎ軟調に推移、またドルストレートでドル買いとなりユーロドルは一時1.3711ドル、オージードルが1.0120ドルまで下落したことからクロス円も下落しましたが、現在はドル買いが止まったことで持ち直しており、総じて方向感つかめない流れとなっています。

今週の概要は外為オンラインの「兵ブロガーの週間相場予想」の方にも書かせていただきましたが、今週は4日の米国雇用統計をはじめ、RBA政策金利発表、ECB政策金利発表、1・2日のバーナンキ米FRB議長議会証言など注目材料が大変多い週となっています。
4日の米国雇用統計は、2月非農業部門雇用者数が+17.5万人、2月民間部門雇用者数が+17.5万人、2月失業率が9.1%の市場予想ですが、米雇用統計を筆頭に米国経済指標が好結果となり今週かなり売りこまれたドルが反発してくるのかが注目されます。

今週の政策金利関連は、1日にRBA政策金利発表、BOC政策金利発表、3日にECB政策金利発表が予定されています。
1日のRBA政策金利発表は、金利は据え置きが確実視されていますが、声明が早期追加利上げを思わせる強い内容となるかに注目です。また、3日のECB政策金利発表も政策金利は据え置きが確実視されていますが、その後のトリシェECB総裁の記者会見で早期利上げ期待の高まる内容となるかどうか、先週はメルシュ・ルクセンブルク中銀総裁やウェーバー独連銀総裁がタカ派の発言をしたことからユーロは大幅に上昇しており、トリシェECB総裁の会見内容には大いに注目したいです。

米雇用統計の他今週の主な経済指標等は、28日にNZ・1月貿易収支、加・12月GDP、加・第4四半期GDP、米・1月個人所得/個人支出、米・2月シカゴ購買部協会景気指数、米・1月中古住宅販売保留、1日に豪・1月小売売上高、豪・第4四半期経常収支、欧州・2月消費者物価指数・速報値、米・2月ISM製造業景況指数、2日に豪・第4四半期GDP、米・2月ADP全国雇用者数、ベージュブック公表、3日に豪・1月貿易収支、米・新規失業保険申請件数、米・2月ISM非製造業景況指数などの発表が予定されています。
また、1・2日にはバーナンキ米FRB議長の半期に一度の議会証言が予定されています。

今週は注目材料が大変多い週となっていますが、地政学的リスクからの動きも警戒しながら主にドル売りの流れが継続するか見ていきたいです。ビッグイベントが多い分乱高下に注意し、油断せず資金管理には十分気を配りたいです。
では、今週も頑張りましょう!


今日は、82円台へと反発できるかのドル円、1.37ドル台を維持できるかのユーロドル、軟調推移のポンド円を勝手に分析です。では、続きをご覧ください。


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。クリックしてご覧ください。

先週21日は、83.08円と先週終値より10銭ほど下でオープンしその後は米国市場が休場なこともあり83.10円を中心に上下10銭ほどの狭い値動きとなりました。しかし22日は朝方リビア関連報道から一時的に83.53円まで上昇、その後はリスク回避の流れから82.83円まで下落、格付け会社ムーディーズが日本の政府債務格付けの見通しをネガティブに変更したことから83円台を回復など83円を挟んで落ち着かない動きとなりましたが、NY時間には82円台後半を下抜け82.57円まで下落、23日はNY時間までは82.50-82.90円のレンジの中での推移、NY時間にはドル売りが進み82.50円を割り込み82.31円まで下落、24日も軟調な流れは続き東京午後~欧州序盤に82円を割り込みNY時間には81.62円円の安値をつけました。
週末25日は東京時間から欧州時間までは82円台では上値を抑えられる流れで81.80-82円の小動き、NY時間にはじり下げで81.65-81.80円と一段下のレンジでの小動きとなりました。

ドル円は結局84円台をつけることなく16日の83.97円の高値から下落を続けており、今週もドル売りの流れが続き81円を割れてくるのか、レンジ下限81円付近では再び反発か、今週の動きが注目されます。
今日は先週の安値水準の81.60円台で粘っていますが、ここから軟調推移となると81.30円~4日の安値81.10円付近では止まることができるか、止まれなければ81円~1月3日の安値80.92円までの下落が考えられます。
一方、81.60円付近を守り反発となれば、まず先週25日に抑えられた82円を越えることができるか、82円台へ乗せれば82.50円付近~50日線82.67円まで反発していけるかを見たいです。



【EUR/USD 日足】
eurusd
ユーロドル日足です。クリックしてご覧ください。

今週21日は1.3699ドルでオープンし1.3715ドルと先週の高値まで上昇するも、そこからは1.37ドルでは上値を抑えられる動きとなり、1.3660-1.37ドルのレンジ内での推移となりました。22日は中東情勢緊迫化によるリスク回避の動きが進んでおり、株式市場は200円以上の下げ、ユーロドルも1.36ドルを割り込み欧州序盤には一時1.3525ドルまで下落、しかしメルシュ・ルクセンブルク中銀総裁が「ECBは3月3日に上向きインフレリスク警戒公算」「ECBはおそらく次回会合で出口戦略について表明へ」「危機対応措置整備ならECBは利上げも可能」など発言を受け早期利上げ期待からユーロドルは急上昇しNY時間には1.3703ドルの高値をつけました。
23日も利上げ期待からの買いから堅調な流れとなり、一時1.3786ドルまで上昇、24日は東京午後から欧州序盤に1.3704ドルまで急落するも、そこを除いては右肩上がりの堅調な流れで、NY時間は一時1.3819ドルまで上昇しました。
週末25日は東京時間序盤には1.3837ドルまで上昇しその後も1.3820ドルを中心に底堅い流れとなっていましたが、欧州~NY時間にかけて1.37ドル台前半まで下落し1.3752ドルで引けました。

今日は1.3757ドルでオープンも1.3711ドルまで下落、それから反発し現在始値まで戻し往ってこいの動きとなっています。今日これからも上昇となれば、1.3740ドル付近をサポートに1.38ドル台へ、そして先週の高値1.3837ドル~2日の高値1.3861ドルを目指す動きとなるかを見ていきたいです。
一方、反落し今日の安値1.3710ドル~1.37ドルを下抜けすると、1.36ドル台半ば、下げても1.36ドル付近では止まることができるでしょうか。


【GBP/JPY 日足】
gbpjpy
ポンド円日足です。

先週は週初21日に135.42円まで上昇するも、そこからは軟調な流れとなり24日には200日線133.30円付近を割り込み一時131.55円まで急落、週末25日も軟調な流れとなり50日線の走る132円も割り込み131.12円の安値を付け131.62円で引けました。

今日は131.57円でオープンするも131.27円まで下落、現在は131.45円付近で小動きとなっています。
ここからは、下落しても先週末の安値131.12円~131円では支えられるか、下抜けてしまうと130円~1月26日の安値129.51円が見えてきます。
一方、反発の流れとなれば、50日線も位置する132円まで上昇できるか、そして132円をサポートに133円~200日線133.26円付近を目指す流れとなるかを見たいです。
スポンサーサイト



コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1687-8e545833
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替