FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日は米国市場はプレジデンツデーのため休場、市場参加者も少なく為替は全体的に小動きとなりました。

今日の主な経済指標等は、加・12月小売売上高、米・12月S&P/ケース・シラー住宅価格指数、米・2月消費者信頼感指数などの発表が予定されています。
また、今日22日は2年債350億ドル、23日に5年債350億ドル、24日に7年債290億ドルの総額990億ドルの米国債入札が予定されており、入札を受けての米長期金利の動向にも注意しておきたいです。

昨日は米国市場はプレジデンツデーのため休場で、注目材料もなく為替は全体的に小動きとなりましたが、リビア情勢悪化により原油・金価格が高騰しました。
今朝はNZの地震、リビア関連報道での一時的な円売り、日経平均200円超の下落、格付け会社ムーディーズが日本の政府債務格付けの見通しをネガティブに変更など、様々な材料で大変不安定な流れまとなっていますが、全般的にリスク回避のドル買い・円買いが優勢な流れとなっています。
今日これからも中東情勢関連の報道に注意、リスク回避の流れが続くのか慎重に様子を見たいです。

では、今日も頑張りましょう!

今日は、一時83円台割れのドル円、1.35ドル台後半へと下落のユーロドル、135円越えでは上値を抑えられるポンド円を勝手に分析です。では、続きをご覧ください。


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。クリックしてご覧ください。

先週は15日に一時83.91円、16日に83.97円の高値を付けるも84円を前に失速し、17日83.15円まで、週末18日は一時83.02円まで下落し83.17円で引けました。

G20明けの昨日は、83.08円と先週終値より10銭ほど下でオープンしその後は米国市場が休場なこともあり83.10円を中心に上下10銭ほどの狭い値動きとなりました。しかし今日は朝方リビア関連報道から一時的に83.53円まで上昇、その後はリスク回避の流れから82.83円まで下落、格付け会社ムーディーズが日本の政府債務格付けの見通しをネガティブに変更したことから83円台を回復し、その後83.40円まで上昇と落ち着かない動きとなっています。

今日一時的に83円台を割れてきたものの、50日線で支えられすぐ83円台へ戻しているドル円、なんとか83円を守りまだしばらく83-84円のレンジが続くこととなるでしょうか。今日ここからも反発続けば、まず83円台半ばを越えることができるか、そして16日の高値83.97円~84円まで上昇できるでしょうか。
一方、やはり軟調となり83円を下抜けると50日線82.82円~82.50円付近までには止まれるか、82円台半ばで止まれないと82円付近までの下落が考えられます。


【EUR/USD 日足】
eurusd
ユーロドル日足です。クリックしてご覧ください。

先週前半は軟調に推移し50日線を一時下抜けることがあったものの、14日~16日とも引値は50日線を上回り持ち直し、週後半17・18日は上値を切り上げ1.37ドル付近まで戻して引けました。

今週21日は1.3699ドルでオープンし1.3715ドルと先週の高値まで上昇するも、そこからは1.37ドルでは上値を抑えられる動きとなり、1.3660-1.37ドルのレンジ内での推移となりました。今日は中東情勢緊迫化によるリスク回避の動きが進んでおり、株式市場は200円以上の下げ、ユーロドルも1.36ドルを割り込み一時1.3563ドルまで下落しています。
ここから1.36ドル~1.36ドル台前半がレジスタンスとなる重い動きとなると、1.35ドル台半ば、まだ売られると50日線1.3501ドル付近までの下落が考えられます。
一方、ここからユーロドルが再び1.36ドル台へ乗せ堅調に推移すれば、昨日のレンジ下限1.3660ドル~1.37ドル台まで反発できるでしょうか。


【GBP/JPY 日足】
gbpjpy
ポンド円日足です。

先週14日は133.17~133.76円と約60銭のレンジで方向感掴みづらい流れに、15日はじりじり上昇し、欧州時間に上げ幅を拡大し135円台へ到達、NY時間には135.43円まで上昇し135円付近をサポートとする動きとなりました。
16日は欧州序盤まで135円台で底堅く推移していましたが、1月失業保険申請件数の予想外の増加やBOE四半期インフレレポートでの内容、キングBOE総裁の発言でポンドドルが急落、ポンド円も一時134.17円までの下落となりました。そこからはじりじりと持ち直す動きとなり、17日は134円台半ばを中心に狭いレンジで推移しました。
週末18日はポンドドルが1.6262ドルまで上昇したこともあり堅調な流れで、欧州時間から135円台へ乗せNY午後に多少失速するも135.16円と135円台乗せで引けました。

週明けの昨日は135.07円でオープンし、135円台前半~134円代後半付近での狭い値幅での推移となりましたが、今日は135.42円まで上昇後134.07円まで下落し再び134.76円まで上昇するなど荒れた値動きとなっています。
ポンド円は上値重く推移しており、ここから下落の流れとなると134円台前半~134円台を守れるか、守れず下抜けると200日線133.31円付近までの下落が考えられます。
一方、反発となれば134円台前半をサポートに、135円台をしっかり固めてくるのか見たいです。
スポンサーサイト






コメント
FX大好きママへのコメント
FXナビと申します。
いつも楽しくブログを拝見させてもらってます。
早速ですが下記サイトで、経済指標の情報とトレードに役立つ注目度の高い為替ニュースだけをリアルタイムで配信しておりますので、もし宜しければご利用ください。

サイト名    FX経済指標ナビ
サイトURL  http://fxcfdjapan.seesaa.net/ 
2011/02/22(火) 20:12 | URL | FXナビ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1681-7d0bcbe4
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替