転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高1、中2のやんちゃな息子達に振り回されております。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日は米国経済指標の発表はありませんでした。
NYダウは米景気回復への期待から3日続伸し、前日比+73.11ドルの12391.25ドルと52週高値更新で引けました。

さて、来週はまず、G20財務相・中銀総裁会議後の週明けの動きを見ていきたいです。
今週は後半ドル売りが進みましたが、来週ドル円は83円を維持できるのかどうか、また、昨日一時1.37ドルを越えてきたユーロドルが来週は1.37ドル台半ばを越え2日の高値1.3861ドルを目指すのか、クロス円も堅調となり今週の高値を越えてくるのかなど注視したいです。

来週の政策金利関連は、23日にBOE議事録が予定されています。
来週の主な経済指標等は、21日に独・2月IFO景況指数、22日に加・12月小売売上高、米・12月S&P/ケース・シラー住宅価格指数、米・2月消費者信頼感指数、23日に米・1月中古住宅販売件数、24日に米・1月耐久財受注、米・新規失業保険申請件数、米・1月新築住宅販売件数、25日に日・1月全国消費者物価指数、英・第4四半期GDP・速報値、米・第4四半期GDP・改定値、米・第4四半期個人消費・改定値、米・2月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値、独・2月消費者物価指数・速報値などの発表が予定されています。
また、来週21日はプレジデンツデーにより米国市場は休場、あ22日に2年債350億ドル、23日に5年債350億ドル、24日に7年債290億ドルの総額990億ドルの米国債入札が予定されており、入札を受けての米長期金利の動向にも注意しておきたいです。

昨日は、NYダウは米景気回復への期待から3日続伸し2008年6月以来の高値を維持、為替はビ-ニ・スマギECB理事が「必要に応じて利上げを行う用意がある」など発言したためユーロが大幅上昇し、ユーロドルは一時1.3714ドルの高値をつけました。一方ドルは軟調で、対ポンドで1.6262ドル、対オージーで1.0157ドル、対スイスフランで0.9436ドルまで売られ、対円では小動きだったものの一時83.02円の安値をつけました。
来週はとりあえずG20後の流れに注目、今週後半のドル売りの流れが継続するのかどうかを見たいです。
では、来週も頑張っていきましょう!


今日は、週末のクロス円分析ということでユーロ円、ポンド円、オージー円を分析します。では、続きをご覧ください。


【EUR/JPY 日足】
eurjpy
ユーロ円日足です。クリックしてご覧ください。

今週は週初112.08円まで下落も、15日からは上昇し113円をサポートとする動きに、週末18日は200日線113.61円を上抜ける動きとなり113.89円で引けました。

今週はユーロドルの上昇から堅調な流れとなりましたが、来週もユーロドルが堅調に推移し1.37ドル台半ばを越え2日の高値1.3861ドルを目指す流れとなってくるか注目です。
来週もユーロドルが堅調に推移すればユーロ円も底堅く推移し、200日線113.61円~下げても113円をサポートに1月27日の114円を越え、昨年11月22日の高値114.94円~115円付近まで上昇できるでしょうか。
一方、113円を下抜ける弱い流れとなると今週の安値112.08円付近までの下落が考えられます。


【GBP/JPY 日足】
gbpjpy
ポンド円日足です。

今週14日は133.17~133.76円と約60銭のレンジで方向感掴みづらい流れに、15日はじりじり上昇し、欧州時間に上げ幅を拡大し135円台へ到達、NY時間には135.43円まで上昇し135円付近をサポートとする動きとなりました。
16日は欧州序盤まで135円台で底堅く推移していましたが、1月失業保険申請件数の予想外の増加やBOE四半期インフレレポートでの内容、キングBOE総裁の発言でポンドドルが急落、ポンド円も一時134.17円までの下落となりました。そこからはじりじりと持ち直す動きとなり、17日は134円台半ばを中心に狭いレンジで推移しました。
週末18日はポンドドルが1.6262ドルまで上昇したこともあり堅調な流れで、欧州時間から135円台へ乗せNY午後に多少失速するも135.16円と135円台乗せで引けました。

利上げ期待から15日に昨年9月17日の高値135.04円を越え135.43円、16日は135.44円まで上昇したポンド円ですが、BOE四半期インフレレポート公表後の下落で再び134円台へ、しかし134円台を割れることなく底堅い動きを続けています。
今週末は135円台へと戻して引けましたが、来週も堅調な流れとなれば下げても134円台半ば~前半では支えられ、136円台までの上昇となってくるでしょうか。
一方、134円台半ば~前半を下抜けるとまず134円台を守れるか、守れず下抜けると200日線133.28円付近までの下落が考えられます。


【AUD/JPY  日足・週足】
audjpyaudjpy2
オージー円日足・週足です。

オージー円は金など商品価格の下落や中国利上げへの警戒感、洪水被害の実体経済に対する影響への懸念などから軟調に推移していましたが、3日には82.50円のレジスタンスを越え、、先々週7日からは83.70円を上抜けトライの動きとなり16日には上抜け昨年5月13日以来の84円まで上昇、週末18日には84.47円の高値を付け84.38円で引けました。

今週のオージー円は、今まで抑えられていた83.70円をしっかり越え84円台へ乗せ84.38円で引け、新しいレンジへと動いてきました。
来週もオージードルが1.0100ドルをサポートとする堅調な流れとなれば、オージー円も84円台を維持し、昨年5月6日以来の85円台へと上昇できるかを見たいです。
一方、軟調に推移し84円を割れると、今までのレジスタンスだった83.70円付近ではしっかりとサポートされるかに注目です。

時折調整しながら堅調に上昇を続けるオージー円、これからも昨年4月30日の高値88.04円を目指す息の長い上昇となっていくでしょうか。今のところ押し目買いが決まる流れが続いています。


明日は来週の動きが気になるドル円とユーロドルの分析をさせていただきます。
スポンサーサイト



コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1678-62ead74d
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替