転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高1、中2のやんちゃな息子達に振り回されております。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・1月ISM製造業景況指数は、市場予想58.0に対し結果60.8と予想より強い結果となりました。
NYダウは、米・1月ISM製造業景況指数の好結果やファイザー・UPSなどの好決算を受け大幅続伸し、前日比+148.23ドルの12040.16ドルで引け、2008年6月以来の終値12000ドル台となりました。

今日の主な経済指標等は、英・1月建設業PMI、米・1月ADP全国雇用者数などの指標発表が予定されています。米・1月ADP全国雇用者数は+14.0万人の市場予想となっています。

昨日はNYダウが2008年6月以来の終値12000ドル台を回復するなどリスク選好の流れとなり、昨日に続きドル売りが進みました。ドル円は82円のサポートを割り込み81.30円まで下落、ユーロドルはNY午後に1.38ドルを越え1.3842ドルまで上昇、ポンドドルは1.6163ドル、オージードルは1.0147ドルまで上昇し、クロス円もドル円は下落するもストレートのドル売りから堅調な流れとなりました。
今日もドル売りの相場は継続しておりドル円は81.50円を割りこむ流れに、ユーロドルは一時1.3851ドルまで、ポンドドルも1.6150ドル付近まで上昇していますが、今日これからもドル売りの流れが続き、ドル円は81円付近を目指していくのか、ユーロドルは1.39ドルを目指す動きとなるのかを、主にドル売り目線で見ていきたいです。
では、今日も頑張っていきましょう!


今日は、ついに82円台を守れず下抜けのドル円、1.38ドル台へ上昇のユーロドル、131円台半ばで推移のポンド円を勝手に分析です。では、続きをご覧ください。


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。クリックしてご覧ください。

今週31日は他の通貨ペアが動く中ドル円は高値82.25円、安値81.90円と小動きとなりましたが、昨日はドル円でもドル売り優勢の流れとなり、欧州時間には今までのサポート82円付近を大幅に割り込み81.50円台まで下落、NY時間もドル売りの流れは止まらず81.30円の安値をつけました。

今日は今のところ81.50円付近を推移していますが、今日も続落となり昨日の安値81.30円を割りこむと1月3日の安値80.92円までに止まれるか、さらに下落すると昨年11月1日の安値80.23円付近までの下落の可能性も出てきます。
一方、反発の流れとなるとまず82円台へと上昇できるか、そして82.50円~50日線の走る82.68円付近まで上昇していけるかを見たいです。



【EUR/USD 日足】
eurusd
ユーロドル日足です。クリックしてご覧ください。

今週31日は下窓を開け1.3587ドルでオープン、一時1.3569ドルまで下落するも、エジプトの治安が徐々に改善していると見られることや株価の上昇、欧州1月消費者物価指数が予想を上回ったことでユーロの利上げ期待が高まったことなどからユーロ買い・ドル売りの相場展開となりNY時間には一時1.3739ドルの高値をつけました。昨日は下落しても1.37ドルではしっかりサポートされ堅調な動きで、NY午後には1.38ドルを超え1.3842ドルまで上昇しました。

今日も強い流れで下値を切り上げ、先ほど1.3861ドルまで高値を更新し、現在は1.3750ドル台での推移となっています。今日これからも上値を切り上げる流れとなると、1.39ドル台へと上昇できるか、そして1月10日の安値1.2873ドルの下落幅の78.6%戻し1.3980ドル~1.4ドルを目指し上昇となるかを見たいです。
一方、軟調な流れとなり1.38ドルを割れると1.37ドル台半ば、まだ下げても昨日の安値1.3700ドル付近ではなんとか止まれるでしょうか。


【GBP/JPY 日足】
gbpjpy
ポンド円日足です。

今週31日は軟調に推移し一時130円割れし129.82円まで下落しましたが、その後はリスク回避の巻き戻し的な動きなどから堅調な流れとなり、ウィールMPC金融政策委員の利上げ発言が見直されるなどでポンドドルが1.6ドル台へと上昇、ポンド円も一時131.58円まで大幅反発しました。昨日は英国立経済社会研究所による「BOEの年内3回の利上げ実施予想」報道からポンド円は一時131.97円まで上昇、しかし132円では上値を抑えられ、その後は131円台前半~131円台後半でのレンジとなりました。

今日も今のとこと131.50円~131.30円付近がサポートとなる動きですが、ここから上昇続けばまず132円台へ上昇できるか、そして27日の高値132.66円~133円台を目指す流れとなってくるかを見たいです。
一方、131.50円~131.30円付近を守れず軟調な流れとなるとまず131円で止まれるか、まだ下へ行くと50日線も位置する130円台半ばまでの下落を考えています。
スポンサーサイト



コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1661-6a6c4a2e
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替