転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高1、中2のやんちゃな息子達に振り回されております。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・12月新築住宅販売件数は、市場予想30.0万件に対し結果32.9万件と予想より強い結果となりました。
FOMC政策金利発表では、政策金利は据え置き、総額6000億ドルの国債購入額や資産買取の期限も変更ありませんでした。
NYダウは、米・12月新築住宅販売件数の好結果やオバマ米大統領による一般教書演説の内容が好感され底堅い動きとなり、前日比+8.25ドルの11985.44ドルで引けました。

今日の主な経済指標等は、米・12月耐久財受注、米・新規失業保険申請件数、米・12月中古住宅販売保留、独・1月消費者物価指数・速報値などの発表が予定されています。
また、今日は7年債290億の米国債入札が予定されており、入札を受けての米長期金利の動向にも注意しておきたいです。

昨日は、ユ―ロドルは1.36ドル台半ば~1.37ドル台前半での動きで明確な方向は出ず、ドル円もFOMC後一時82.60円まで上昇する場面もあったものの、82円台前半での動きが中心で上値が重い流れとなりました。
一昨日大きく売られたポンドは、昨日のBOE議事録でセンタンス委員に加えウィール委員も25bp利上げに投票したことが公表されたことから買われ、堅調推移となりました。
今日もドル円は82円割れをぎりぎりで耐えている状況、ユーロドルは1.37ドル付近で底堅く推移するなどドルが弱めの流れとなっています。今のところレンジ内の動き、方向感掴みづらい流れですが、ここからドル売り進みドル円は82円を明確に割ってくるか、ユーロドルは1.37ドル~1.36ドル台後半をサポートとする強い動きになるかどうか見ていきたいです。
では、今日も頑張っていきましょう!


今日は、82円台をなんとか維持できるかのドル円、1.37ドルをしっかり越えてこれるかのユーロドル、130円台復活のポンド円を勝手に分析です。では、続きをご覧ください。


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。クリックしてご覧ください。

今週24日は82.54円でオープンし、NY時間まで堅調に推移しましたが83円を前に上値を抑えられ、NY時間には対ユーロでドルが売られたことなどから一時82.30円の安値を付け、25日はNY序盤まで82.30-82.60円のレンジ内の推移でしたが、米債利回りの低下からNY午後に一時82円割れまで急落しました。
昨日26日はFOMC後一時82.60円まで上昇する場面もあったものの、82円台前半での動きが中心で上値が重い流れとなりました。

今日は今のところ82円台前半で方向感ない動きをしています。
今日も引き続き下落しても82円~19日の安値81.84円では支えられるかに注目、もし19日の安値81.84円を明確に割れてしまうと、81円台前半~今月3日の安値80.92円までの下落の可能性も出てきます。
上値は大変重いものの82円付近では長くサポートされているドル円、今日もし反発の流れとなれば、82円のサポートをしっかり固め82円台半ばまで戻していけるか、そして50日線の走る82.81円を目指し上昇していけるかを見たいです。


【EUR/USD 日足】
eurusd
ユーロドル日足です。クリックしてご覧ください。

今週24日はは1.3640ドルと上窓を開けオープン、しかし上昇続かず欧州時間には一時1.3540ドルまで下落しましたが、NY時間にはユーロ買いの流れとなり1.3685ドルまで上伸、25日は欧州時間ポンドの下げにつられ1.3572ドルまで下落するも、NY時間には持ち直し、NYクローズには1.3703ドルの高値をつけました。
昨日は、1.36ドル台半ば~1.37ドル台前半での動きで、底堅さを感じるも明確な方向は出ませんでした。

今日は今のところ1.37ドル付近を底堅く推移していますが、今日上値を切り上げる流れとなると昨日の高値1.3721ドルを上抜け、昨年11月4日の高値1.4281ドルから、1月10日の安値1.2873ドルの下落幅の61.8%戻し1.3743ドル付近まで上昇できるか、まだ勢いあれば1.38ドルを目指し上昇となるかを見たいです。
一方、昨日の安値1.3640ドルで止まれず軟調な流れとなると、1.36ドル~1.35ドル台後半までの下落を考えています。


【GBP/JPY 日足】
gbpjpy
ポンド円日足です。

今週24日は安値131.69円、高値132.33円と値幅は狭く、あまり動きがない日でしたが、25日は英・第4四半期GDP・速報値が予想外の弱い結果となったことでポンドが大きく売られ、ポンド円も発表直前131円台前半から129.80円まで急落し、NY時間には129.64円の安値をつけました。
昨日は、BOE議事録でセンタンス委員に加えウィール委員も25bp利上げに投票したことが公表されたことからポンドは買われポンドドルは1.58ドル台後半へと上昇、ポンド円も130円台を回復しNY午後には一時131.07円の高値をつけました。

今日はじりじりと上値を切り下げ、今のところ130.60円台での推移ですが、今日も反発の流れとなると、下げても130円台半ば~50日線130.35円をサポートに131円台へしっかり戻してこれるか、そして131円台半ばから132円を目指し上昇できるかを見たいです。
一方、130円台半ば~50日線130.35円を守れず軟調な流れとなると、130円割れ~昨日の安値129.51円付近までの下落を考えています。
スポンサーサイト



コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1655-76bdbc15
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替