FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

先週1.3620ドルで高値引けしたユーロドルは、今週は1.3640ドルと上窓を開けオープン、しかし上昇続かず1.36ドル付近へ下落し、現在は1.36ドルを挟んでの小動きとなっています。東京午前を終えたところまででは、全体的に小動きで明確な動きは出ていません。

今週の概要は外為オンラインの「兵ブロガーの週間相場予想」の方にも書かせていただきましたが、今週はまずFOMC政策金利発表に注目です。FOMCでは、政策金利等に変更はないと思われますが、今回から投票権を持つメンバーの変更で、今まで現状の金利に反対票を投じていたカンザスシティー地区連銀のホーニグ総裁が外れるため、今回は全会一致で決定する可能性があります。そのため米長期金利の低下からドル売りに傾くのではという思惑も出ています。また、昨年11月3日に2011年6月末まで総額6000億ドルの米国債購入が決定されましたが、声明文でその措置について何か言及があるかにも一応注意しておきたいです。
また、今週もマイクロソフトや190億ドル相当の航空機の受注を中国から受けたボーイングなど米主要企業の決算発表が予定されており、発表を受けての市場の動向には十分注意しておきたいです。

今週の政策金利関連は、FOMC政策金利発表の他には25日に日銀政策金利発表、27日にRBNZ政策金利発表が予定されており、政策金利等に変更はないと見られます。また、26日にはBOE議事録の公表が予定されています。

今週の主な経済指標等は、25日に豪・第4四半期消費者物価指数、英・第4四半期GDP・速報値、加・12月消費者物価指数、米・11月S&P/ケース・シラー住宅価格指数、米・1月消費者信頼感指数 、26日に米・12月新築住宅販売件数、27日に米・12月耐久財受注、米・新規失業保険申請件数、米・12月中古住宅販売保留、独・1月消費者物価指数・速報値、28日に米・第4四半期GDP・速報値、米・第4四半期個人消費・速報値、米・1月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値などの指標発表が予定されています。
また、今週は25日に2年債350億ドル、26日に5年債350億ドル、27日に7年債290億ドルの総額990億ドルの米国債入札が予定されており、入札を受けての米長期金利の動向にも注意しておきたいです。

今週は、FOMC政策金利発表や米・第4四半期GDP・速報値、RBNZ政策金利発表、BOE議事録、豪・第4四半期消費者物価指数や英・第4四半期GDP・速報値など注目材料が多いです。ドル円ははっきりしない動きが続きますが、FOMC政策金利発表や米第4四半期GDPで流れが出てくるか、また、ユーロは今週も堅調推移となるか、強いユーロの動きに今週も注目したいです。
では、今週も頑張っていきましょう!


今日は、83円台へ戻してこれるかのドル円、1.36ドル付近を維持できるかのユーロドル、今週も底堅く推移できるかのポンド円を勝手に分析です。では、続きをご覧ください。


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。クリックしてご覧ください。

先週17日は、83円台へ戻すことはできず欧州時間には一時82.35円まで下落するなど軟調な流れとなり、NY時間には82.81円まで反発するも82円台後半では上値が重い流れ、18日はやや荒っぽい動きながらもほぼ82.40円-82.80円のレンジで推移しましたが、下値は82.32円と安値を更新し上も82円台後半で抑えられる上値の重い流れとなりました。
19日はドル売り継続でNY午後には82円を割れ一時81.84円まで下落、20日もNY時間までは82円台前半で軟調な流れが続いていましたが、NY時間にはモルガン・スタンレーの好決算、新規失業保険申請件数の減少、米・12月中古住宅販売件数の増加などから米長期金利が上昇し、ドル円も82円台前半から82円台後半へ、そして82円台後半を上抜け83円台へ到達し一時83.12円の高値をつけました。
週末21日は東京時間は82.90-83.10円のレンジで推移も徐々に下向きの流れとなり、サポートだった82.90円がレジスタンスに変化し、NY時間には一時82.52円まで下落し82.56円で引けました。

週明けの今日は、82.54円でオープン、その後はじわじわ上昇し、現在82.75円付近での推移となっています。
今日これからも上昇継続すると、まず50日線82.90円から83円へ上昇できるか、そして83円台へしっかり乗せ83円台半ば~1月7日の高値83.68円まで上昇できるかを見たいです。
一方、82円台半ばを割れる下落となると、82円~19日の安値81.84円までの下落が考えられます。


【EUR/USD 日足】
eurusd
ユーロドル日足です。クリックしてご覧ください。

先々週は5日連続陽線引けだったユーロドルですが、先週17日は東京時間にじわじわと1.33ドル付近まで下落、欧州時間にはショイブレ独財務相の「EU救済基金の規模拡大は現在は必要ない」との発言などから1.3243ドルの安値を付け、NY序盤には1.3342ドルまで戻すも再び1.32ドル台後半まで下落するなど軟調な展開に、18日は東京午前は1.33ドルを割り込み軟調に推移していましたが、東京午後から1.33ドルをサポートに上昇し、欧州時間には1.34ドル付近での推移、NY時間には一時1.3466ドルの高値をつけましたが、そこからは急落し1.33ドル台へと下落し1.34ドルでは上値を抑えられる落ちつかない流れとなりました。
19日は東京時間から堅調に推移し欧州時間には一時1.35ドル台に乗せ、NY時間には一時1.3538ドルの高値をつけましたが、そこからは反落し1.3450ドルをサポートとしつつも上値を切り下げる流れ、20日は1.34-1.35ドルの間で方向感ない動きとなりました。
週末21日は底堅い動きで欧州時間には1.3565ドルまで上昇、そしてNY時間には1.36ドルも越える力強い上昇で一時1.3624ドルの高値を付け1.3620ドルで引けました。

週明けの今日は1.3640ドルと上窓を開けオープン、しかし上昇続かず1.36ドル付近へ下落し、現在は1.36ドルを挟んでの小動きとなっています。
今日ここから反発の流れとなれば、1.36~1.35ドル台後半をサポートに 、今日の高値1.3641ドルを越え1.37ドルを目指し上昇となってくるでしょうか。
一方、1.36~1.35ドル台後半がサポートとならず割りこむと、1.35ドル付近までの下落を考えています。



【GBP/JPY 日足】
gbpjpy
ポンド円日足です。

先週17日はポンドドルが堅調に推移したため、ポンド円もほぼ131.20-131.60円のレンジ内で底堅く推移、18日は英・12月消費者物価指数の予想より強い結果にポンドが大きく買われ、ポンド円も132.49円まで上昇、その後は131.60円~132.40円のレンジでやや荒っぽく推移しました。
19日は終日軟調な流れとなりNY時間には一時131円割れとなり130.82円まで下落、しかし20日は欧州時間から反発しNY時間には131.40~132円台前半で推移しました。
週末21日は131円台半ば~132円台前半での推移で、132.08円で引けました。

今日は132.10円でオープンし132.29円まで上昇もそれ以上の上昇とはならず、現在は132円をサポートに小動きとなっています。
今日このまま132円付近をサポートに上昇すると、今日の高値を抜き18日の高値132.49円まで上昇できるか、そして昨年12月13日の高値133.04円を目指し上昇できるか見たいです。
一方、132円を大幅に割り込み軟調な流れとなると、131円割れまでの下落が考えられます。
スポンサーサイト






コメント
FX大好きママへのコメント
フランス大統領、通貨制度改革について吠えてますね(^^;)11月のIMF改革でなんらかしらの動きがでそうですね。多国間型通貨制度みたいな統一通貨構想になるとしたら、金の現物保有が有利?なんでしょうかね?気になってます。
2011/01/25(火) 01:18 | URL | junichi #-[ 編集]
今朝NHKのニュースで見ましたが、やる気満々な感じでしたね。
商品市場の規制についてはよいと思いますが、金融取引税はねえ・・。
通貨制度改革はこれからの動きを見ていきたいですね。
2011/01/25(火) 16:13 | URL | FX大好きママ(しましま) 誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐF #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1652-288dc9bd
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替