FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日は主な米経済指標の発表はありませんでした。
NYダウは、欧州財政問題への懸念が再燃し下落も企業決算への期待などから下げ幅を縮小し、前日比-37.31ドルの11637.45ドルで引けました。

今日の経済指標等は、加・12月住宅着工件数などの発表が予定されています。
また、今週は今日11日に3年債320億ドル、12日に10年債210億ドル、13日に30年債130億ドルで総額660億ドルの米国債入札が予定されており、入札を受けての米長期金利の動向にも注意しておきたいです。
外為オンラインの「兵ブロガーの週間相場予想」は、今日は私が当番となっております。またお時間ございましたらご覧下さい。

続落が懸念されるユーロですが、昨日はECBがポルトガル、アイルランド、ギリシャの国債を購入との報道やユーロスイスの大幅な上昇などから持ち直し、対米ドルでは1.2963ドルまで反発しました。全体的にはNYダウの下落から円が強い流れとなりました。
今日は先ほど野田財務相の「ユーロ圏共同起債、日本政府購入は2割超程度」「アイルランド支援へ国債購入検討」「外貨準備で対応する」等の発言によりユーロドルは1.2990ドルまで急伸するも現在は1.2950ドル付近まで反落、また、オージードルが昨日の安値0.9882ドルを割り込み0.9857ドルまで下落しオージー円も81.75円まで下落するなどオージーの下落が目立っています。
主な材料のない今日の注目はやはりユーロの動きで、明日12日にポルトガル、13日にイタリア、スペインの国債入札を控えユーロの更なる下落があるのか、要人発言等に気をつけながら引き続きユーロの動きを見ていきたいです。
では、今日も頑張っていきましょう!

今日は、83円付近で足踏みのドル円、1.3ドルへと反発できるかのユーロドル、129円台前半で上値を抑えられているポンド円を勝手に分析です。では、続きをご覧ください。


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。クリックしてご覧ください。

先週のドル円は週を通じ堅調に推移し、週後半は50日線も走る83円付近をサポートに底堅く、週末7日は雇用統計後一時82.85円まで下落するも持ち直し83.14円で引けました。

今週10日は83.21円でオープンし、83円台前半の狭いレンジを推移していましたが、NY時間には対ユーロでドルが売られたことやダウの下落などから83円を割れ一時82.66円の安値を付けました。
今日は昨日の安値から反発し83円台へ乗せ、現在83.10円付近を推移しています。
ここからは引き続き、50日線も走る83円~82円台後半を維持できるかを見ていきたいです。これからもドル買いの動き継続となれば、まず83円をしっかり維持しながら83円台半ばへ乗せてこれるか、上値は重そうですがもし堅調な流れとなれば84円を目指せるかを見たいです。
一方、83円を維持出来ず軟調な流れとなると、まず昨日の安値82.66円~82円台半ばでは止まれるか、止まれなければ82円台前半~82円付近までの下落が考えられます。



【EUR/USD 日足】
eurusd
ユーロドル日足です。クリックしてご覧ください。

先週のユーロドルは、前半は堅調ながらも1.34ドル台では上値を抑えられ、週後半は大幅に下落し週末7日には昨年11月下旬から続いている1.3-1.34ドルのレンジを下抜け1.2904ドルの安値をつけました。

今週10日はオープン後1.2873ドルの安値をつけその後も軟調な流れでしたが、NY時間にはユーロスイスの大幅反発やECBがポルトガルなどの国債を購入との報道などから1.2963ドルまで反発、今日は1.29ドル台前半に反落していましたが、野田財務相の「ユーロ圏共同起債、日本政府購入は2割超程度」「アイルランド支援へ国債購入検討」「外貨準備で対応する」等の発言により1.2990ドルまで急伸、しかし上昇は長続きせず現在は1.2950ドル付近まで反落しています。

ユーロドルは週末に昨年11月下旬から続いている1.3-1.34ドルのレンジを明確に下抜け1.2904ドルまで下落し安値圏で引け、今週も続落が懸念される形となっています。
今日は下落しても昨日の 1.2880-1.2930ドルのレンジ内におさまるかに注目です。昨日の安値1.2873ドルを割れてくると、昨年6月の安値1.1876ドルから11月の高値1.4281ドルの上昇幅の61.8%押しの1.2795ドルまでの下落が考えられます。そこでもサポートできず下抜けしてしまうと、昨年8月24日の安値1.2587ドルを意識した相場となる可能性もありますので、ユーロドルの下方向への動きには注意しておきたいです。
一方、現在の1.29ドル台半ばを保ち反発継続となると、まず今日の高値1.2990ドルを越え1.3ドル台へ戻ることができるかに注目、強い流れとなれば1.3080ドル付近まで上昇できるかを見たいです。



【GBP/JPY 日足】
gbpjpy
ポンド円日足です。

ポンド円はなかなか127円台へ戻れず上値の重い動きとなっていましたが、先週4日は強い英製造業PMIの結果などからポンドが大きく買われポンド円は128.58円まで上昇、しかし128円台は長続きせず再び127円台へ下落しました。
5日は12月ADP全国雇用者数の発表後ドル円が約1円も上昇したことによりポンド円も129円まで上昇、NYクローズに向け堅調に推移し一時129.22円の高値をつけました。6日は129円台を維持出来ず128.42円まで下落、その後は128円台後半でのレンジに、週末7日は128円台半ばでは底堅く推移するも、129円台半ばは越えることができず129.23円で引けました。

昨日10日はほぼ128.75-129.35円のレンジ内の推移となったものの、NY時間にリスク回避の円高の流れとなりポンド円も一時128.30円まで下落、しかしNYダウが下げ幅を縮小させたことやユーロドルの反発等でポンド円も再び128.75-129.35円のレンジ内に戻りました。
今日は今のところ129円台前半で推移していますが、まず129円をしっかりとしたサポートに7日の高値129.42円を越えることができるか、そして50日線129.80円~130円付近までの上昇となってこれるかを見たいです。
一方、先週後半のサポートである128円台半ばを割り込み下落すると128円付近では止まれるか、大幅な下げとなると127円台半ばまでの下落も考えておきたいです。
スポンサーサイト






コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1639-db26f7ba
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替