転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高1、中2のやんちゃな息子達に振り回されております。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日は、米経済指標の発表はありませんでした。
また、米国株式市場はクリスマスの振替え休日のため休場でした。

さて、来週は27日・28日の2日間ロンドン市場、ウェリントン、シドニー、トロント市場は休場となり、週を通じ注目材料もあまりないため、引き続き相場から明確な方向は見出しづらそうな週です。来週も市場参加者は少ないことが予想され、市場が薄い中の思わぬ乱高下を警戒したいです。

来週の主な経済指標等は、28日に米・10月S&P/ケース・シラー住宅価格指数、米・12月消費者信頼感指数、29日に独・12月消費者物価指数・速報値、30日に米・新規失業保険申請件数、米・12月シカゴ購買部協会景気指数、米・11月中古住宅販売保留などの指標発表が予定されています。
また、来週は27日に2年債350億ドル、28日に5年債350億ドル、29日に7年債290億ドルで総額990億ドルの米国債入札が予定されており、入札を受けての米長期金利の動向にも注意しておきたいです。

昨日はクリスマスイブ、米国金融市場は休場ということもあり、全体的に方向感なく値幅も限られたものとなりました。
来週は、信用不安消えないユーロの軟調さ・弱いポンドの流れは続くか、またドル円がじりじりと下落していますが、83円~82円台後半はなんとか維持できるかなど見ていきたいです。来週も市場参加者は少ないでしょうし、その上年末の慌ただしさもありますし(私は主人の実家に帰省します・・・)、無理して取引せず様子見中心でよいのではないでしょうか。
では、今年最後の週も頑張っていきましょう!


今日は、週末のクロス円分析ということでユーロ円、ポンド円、オージー円を分析します。では、続きをご覧ください。


【EUR/JPY 日足】
eurjpy
ユーロ円日足です。クリックしてご覧ください。

ユーロ円は、ムーディーズやフィッチの欧州諸国への格下げや格下げ検討を受けるなどで週を通じて軟調な流れとなり、20日の110円台後半から23日には108.44円まで下落し、週末24日も108円台後半で軟調に推移し108.66円で引けました。

来週は、現在1.30ドル台後半で踏みとどまっているユーロドルが、なんとかこの水準を維持できるかが焦点です。もし来週ユーロドルが1.30ドル台後半を下抜け、11月30日の安値1.2968ドルまでの下落となってくると、ユーロ円も先月30日の安値108.34円を下抜け、9月上旬~8月の安値106円付近を目指す下落も考えておきたいです。
一方、来週ユーロ円が反発する動きとなれば、まずしっかり109円台へ乗せることができるか、そして110円~110円台半ばまで反発できるかを見たいです。ユーロドルがしっかり反発すれば、簡単に110円台へ戻れるのでしょうが、今のユーロドルの動きをみると、ユーロ円も上昇が期待できない状況ではあります。


【GBP/JPY 日足】
gbpjpy
ポンド円日足です。

今週は、英11月財政収支において財政赤字が過去最大となったことや、欧州信用不安の影響から週を通じて下落し、20日の高値130.47円から23日には安値127.44円まで下落し、週末23日も127円台後半から128円台前半の狭い値幅で軟調に推移し127.92円で引けました。

今週はポンドドルが1.5355ドルまで下落する弱い流れで、ドル円も84.40円を越えての上昇ができず82円台後半まで下落し、ポンド円は127円台半ばまでの大幅下落となりました。
上昇が難しい流れの中、来週ポンド円は128円でなんとかサポートされるか、下抜けると23日の安値127.44円が意識され、23日の安値も割れると10月25日の安値126.43円付近まで下落の可能性も考えられます。
一方、来週128円付近をサポートに反発となればまず129円台前半へ、そして130円の大台へしっかり乗せる上昇となっていけるでしょうか。


【AUD/JPY  日足】
audjpy
オージー円日足です。

オージー円は今週もオージードルが底堅く推移し、週後半にはパリティ越えと堅調な流れとなったことを受け、週後半のドル円の下落もさほど影響なく83円~83.60円の狭いレンジを行き来する小動きとなりました。ユーロやポンドと違い、対米ドルでオージーが強い動きをしているので、オージー円も比較的強い流れとなっています。

今週はオージードルが週を通じて上昇し、週後半にはパリティを越え、1.0065ドルまでの上昇となりました。来週もオージードルが1.0000ドルをサポートとする強い流れとなれば、オージー円の大幅下落はなさそうです。
来週は注目材料がない中、オージー円も今のレンジ83円~83.60円を継続するはっきりしない動きとなるでしょうか。今の動きではやはり84円台へしっかり乗せてくることは厳しそうで、ドル円かオージードルが一段上のレンジに行かないとオージー円のレンジ抜けはなさそうです。
来週オージー円が天井をつけた形となり、来週20日の安値82.72円を割れると、まず82円~50日線の走る81.79円で止まることができるか、下抜けても81.40円~81.30円付近のサポートでは止まることができるでしょうか。これらすべてを割りこんでくると、200日線の走る80.127円付近を目指す下落となりそうです。
今のオージーの堅調な経済情勢や主要国で突出した高金利、それに追随できる国のないことを考えると、強い基調は継続しそうですが、一応大きな調整の動きも警戒しておきたいです。
スポンサーサイト



コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1622-ba09d132
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替