転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高1、中2のやんちゃな息子達に振り回されております。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・新規失業保険申請件数は、市場予想42.5万件に対し、結果42.0万件と予想より強い結果に、米・12月フィラデルフィア連銀景況指数も市場予想+15.0に対し、結果+24.3と予想外の強い結果となりました。また、米11月住宅着工件数は予想より強い結果、11月建設許可件数は弱い結果となりました。
NYダウは、米・12月フィラデルフィア連銀景況指数が2005年4月以来の高水準となるなどの強い指標結果を好感し、前日比+41.78ドルの11499.25ドルで引けました。

今日の主な経済指標等は、独・12月IFO景況指数、米・11月景気先行指数などが予定されています。市場予想は、独・12月IFO景況指数が109.0、米・11月景気先行指数が前月比+1.1%となっています。

昨日は、経済指標の結果などで動きはするものの、ドル円は84円~84.40円、ユーロドルは1.32ドル~1.3250ドルの間にほぼおさまる方向感掴みづらい流れとなりました。
今日はドル円が83円台後半、ユーロドルが1.3250ドルを越え1.3278ドルまで上昇するなどややドル売り方向へ動いています。今日も方向は出にくくレンジ内取引となりそうな相場ですが、昨日に続きドル円は15日の高値84.51円を上抜け上昇していくのか、ユーロドルが1.32ドルを大きく下抜けてくるのかなどを中心に見ていきたいです。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、上値を抑えられ83円台後半へ下落のドル円、また1.32ドル台へ下落のユーロドルを勝手に分析、あとFXの税制変更について少し。では、続きをご覧ください。


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。クリックしてご覧ください。

週明けの13日は83.98円でオープンし、株価上昇などでリスク選好が高まり84.34円まで上昇しましたが、米債利回りの低下や、米格付け会社ムーディーズが、ブッシュ減税延長によりこの2年内に米国の格付け見通しをネガティブに引き下げる確率が高まったと指摘したこと、対ポンドでのユーロ買いが進み対米ドルでもユーロが強い流れとなったことなどからドルが売られ、NY時間には一時83.10円の安値を付けました。
14日は欧州時間にドル売りが進み、ドル円は83円を割り込み82.83円の安値を付けましたが、NY時間には米・11月小売売上高や米・11月生産者物価指数の好結果などから米債利回りが上昇しドル買いの流れとなり、FOMC直後は乱高下するもののその後はまたドル買いとなり、ドル円は83.77円まで上昇、15日はNY時間までは83円台後半~84円での動きでしたが、NY時間に上院でブッシュ減税延長法案が可決されたことで米債利回りが上昇しドル買いへ、ドル円は11月29日の高値84.39円を上抜け一時84.51円まで上昇しました。
昨日はおおむね84-84.4円のレンジ内におさまる動きで、NY時間に一時84.44円まで上昇するも84.40~15日の高値84.51円は抜けず上値を抑えられ84円付近へ下落しました。

今日はややドル売りに傾いており、今のところ83円台後半付近での推移となっています。
今日NY午後からの流れを引き継ぎ軟調な動きとなると、まず84円付近~83円台後半で止まれるか、83円台後半を下抜けると83.50円~50日線も走っている83.29円ではサポートされるかに注目です。
一歩布、またドルが強い動きとなれば、今までのレジスタンス84.40円~15日の高値84.51円をしっかりと越えて、85円へと上昇できるかが注目されます。ここを上抜けるか、84.40~84.50円で抑えられ結局レンジ内におさまるのか、結局越えることができない可能性が高そうですが、引き続き慎重に見ていきたいです。


【EUR/USD 日足】
eurusd
ユーロドル日足です。クリックしてご覧ください。

週明け13日は1.3196ドルと下窓を開けてのオープンとなり、東京時間は1.3180-1.32ドルのレンジで軟調に推移していましたが、欧数時間からNY時間にかけては米債利回りの低下や対ポンドでのユーロ買いなどから大幅上昇し、NY時間には一時1.3433ドルまで上昇しました。
14日は欧州時間にドル売りが進みユーロドルは1.3497ドルまで大幅に上昇しましたが、NY時間にはドル買いとなり一時1.3362ドルまで下落、FOMC後も結局流れはドル買いでユーロドルは軟調に推移、そして15日もブッシュ減税延長法案が可決されたことからのドル買い、ムーディーズによるスペイン格付け引き下げの可能性などからNY時間午後に1.33ドルを割れ1.3208ドルまで大幅下落しました。
昨日は、米指標の好結果から一時1.3180ドルまで下落する場面もありましたが、ほぼ1.32ドル~1.3250ドルの間におさまる方向感掴みづらい流れとなりました。

14日に1.35ドル手前まで上昇したものの1.34ドル台を維持出来ず1.32ドルまで下落してしまい、その後上値の重いユーロドル、今日も下げても昨日までのように現在のレンジ下限の1.32ドル~1.31ドル台後半でなんとかサポートされるかが注目されます。
今日はじりじりと上昇し、現在1.3290ドル付近まで反発していますが、ここから1.33ドル台へ乗せ、レンジ上限1.34ドル付近を目指しての上昇となってくるでしょうか。
1.32ドル~1.31ドル台後半では底堅いユーロドルですが、引き続き下方ブレイクも懸念され、1.32ドル~9日の安値1.3163ドルまでに止まれず下抜けると1.31ドル付近、大幅下落となれば11月30日の安値1.2968ドルまでの下落を考えておきたいです。


今日はちょっとこれから外出するので、ポンド円分析お休みさせていただきます。
今日は私達夫婦の1○回目の入籍記念日で、(結婚記念日は4月です)いつもGパン、ノーメイクの私も、今日はこれから美容院に行って少しはましな服装をします。(笑)夕飯何にするかまだ決めてないのでちょっと焦ってます。


あと、昨日閣議決定された2011年度税制改正大綱ですが・・・
なんとFXの税制がプラス方向に大きく変わりますね!!
(まあ、他の面では高所得者層に対しかなり厳しい増税となっていますが・・・どうなんですかね??)

以下、産経新聞からです。

≪証券優遇税制≫

◆課税を軽減、延長3度目

平成23年末で期限切れとなる証券優遇税制は、景気低迷に配慮し25年末まで2年延長する。
株式の譲渡益や配当への課税を20%から10%に軽減する措置で、15年に5年間の期限付きで導入され、3度目の延長だ。

証券税制関係では、24年1月に予定していた少額投資非課税制度「日本版ISA」の導入は26年1月に延期することにした。取引所と店頭で課税方式が異なる外国為替証拠金取引などデリバティブ(金融派生商品)取引については、店頭の総合課税(15~50%)を取引所と同じ申告分離課税(20%)に統一。両者の損益を通算可能にし、損失を3年間繰り越して控除できるようにした。


なんと、くりっく365と店頭との税制が同じ、店頭でも3年間の繰越損失ができることになります。これは店頭業者さんは大喜びでしょう!私達にも朗報ですね♪ただ、一部負担増の方もいるかも・・。
株も含め、このことについては書きたいこと山盛りですが、今日はもう時間がないのでまた次の機会に・・・とりあえずお知らせでした。
スポンサーサイト



コメント
FX大好きママへのコメント
10周年おめでとうございます!
スィート10ダイヤモンドなどプレゼントもらったりとか♪♪(^^)
P.S 今日は出来高が少ないのでトレードはお休みです☆
2010/12/18(土) 01:23 | URL | junichi #-[ 編集]
書き方が良くなかったですね。年齢がばれるのを恐れ伏字にしてるんです(笑)
10年はもうとっくに過ぎてるんですよ~。
主人とつき合い始めてからだと、20年のほうが近いんです・・・年をとりました。
2010/12/18(土) 01:36 | URL | FX大好きママ(しましま) 誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐF #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1614-266bd865
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替