FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。

こんにちは。FX大好きママしましまです。

ここ数年で1000通貨単位の取扱いを開始される業者がかなり増えました。1000通貨単位で取引したいという、個人投資家の要望が多いことが窺えます。初心者の方や自信のない方は1000通貨単位で練習を重ねて、自信がついてから1万通貨単位でトレードされるとよいですね。
私がFXを始めたころ(2005年)は、1000通貨単位の会社はほどんどありませんでしたし、スプレッドも広く手数料もとられていましたが、今は手数料無料の会社も増えて、スプも狭く、1万通貨単位の取引とほぼ変わらない環境で有利に1000通貨単位の取引が可能となっています。

今日は、1000通貨単位の取引をするのにおすすめの業者さんを2社ご紹介します。

1社目がトラップリピートイフダンで有名なマネースクウェア・ジャパンです。
トラップリピートイフダンとは、自動リピート機能により、ほったらかしで積極的に収益が狙える、マネースクウェア・ジャパンのオリジナル注文機能です。以前から1万通貨単位でこの機能は使えたのですが、1万通貨単位で損切りなしでこの機能を使うのはリスクが大きすぎる、損切りありなら相場観がいりますし、その手間は実は普通のトレードとそんなに変わらないではないかと思い、私はご紹介しませんでした。しかし今は1000通貨単位でトラップリピートイフダンが使えるということで、私も大変興味を持っています。トラップリピートイフダンは、一回設定しておけば、後は注文を出さなくても勝手に売買してくれ、ほったらかしでいいというのが何よりの魅力です!!
10月から、ジャスダック上場3周年を記念して「トラップリピートイフダンが詳しくわかる書籍『果報を寝て待つFX』とQUOカード1000円分」 、そして、トラリピの新規成立10万通貨以上してエントリーで季節感ある旬のグルメ賞品をプレゼントしてくれるキャンペーンも始まり、口座開設のチャンスとなってます♪
ちなみに私も、外貨預金代わりという位置での運用を考え、オージー円でトラップリピートイフダンを仕掛けています。先週は78~82.3円の範囲に30銭幅で仕掛けており、4回利確できました。9月半ばから取引をはじめ約3ヶ月、入金額が少ないこともありますが、もう10%近くの利益が出ています♪

そして、私が愛用しているGFTも、7月16日から1000通貨単位での取引を開始しました。GFTチャートは本当に秀逸で、私はGFTのチャートで分析をしているのですが、7月から1000通貨単位で取引が可能になったことで、GFTもぐっと口座開設しやすくなりましたね♪1000通貨単位でも手数料無料ですし、綺麗なチャートを見たい方はぜひGFTに口座開設してみてくださいね!
GFTはデモがありますので、まずはデモで練習、そして1000通貨単位の取引でご自分のトレードの形を掴んでから1万通貨単位の取引へ移行されると、けがが少なくてよいかと思います。


今日は、FOMCを控え84.40円を越え85円を目指し上昇できるかが注目されるドル円と、欧州債務問題への懸念は根強く、今週も下落の流れ続くかのユーロドルの分析をさせていただきます。では、続きをご覧ください。
(気になる今週の相場/クロス円分析については、昨日の記事「来週はFOMC政策金利発表・米小売売上高等の経済指標に注目/週末のクロス円分析」の方をご覧ください。)


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。クリックしてご覧ください。

先週6日はアイルランドがユーロを離脱する可能性などの報道によりユーロが売られ、ドルが堅調に推移しドル円も82.99円まで上昇しましたが83円台へ乗せることはできず、バーナンキFRB議長の景気に関する弱気な見方や長期金利の下落などから82.57円まで値を下げました。7日は株価の下落からドル円は82.50円を割り込み82.33円の安値を付けましたが、11月1日から11月29日の高値84.39円までの上昇の半値戻し82.31円を前に下げ止まり、ブッシュ減税延長や2年債の入札が不調に終わったことにより米債利回りが上昇、ドル円はNY終盤に83.63円の高値をつけ、8日も日経平均の上昇や北朝鮮砲撃の報道などもありドル買いは継続、NY時間には一時84.30円の高値をつけました。
9日はユーロ売りドル買いの流れとなりドル円も欧州時間~NY序盤にかけ84.08円まで上昇しましたが、その後は入札が好調だったため米債利回りが低下しドル売りとなり、NY午後には一時83.50円まで下落、週末10日は83.50円では支えられるも84円では上値を抑えられ、狭いレンジ内を推移し83.94円で引けました。

今週は、まず84円台へしっかり乗せながら、11月29日の高値84.39円を上抜けることができるかが注目されます。今週は14日のFOMC政策金利発表や11月小売売上高など数多く発表される米国経済指標など動く材料は多いですが、その材料で84.40円の堅い壁を抜けることができるか、抜けても84円台後半~85円はかなり重たそうで、今週もドル円はそう劇的には動いてこないのではと考えています。
一方、現在のサポート83.50円を割れると、50日線も走る83.16円-11月1日から11月29日の高値84.39円までの上昇の38.2%戻しの82.80円ではサポートされるかに注目、またあっさり下抜けると、今月7日のように11月1日から11月29日の高値84.39円までの上昇の半値戻し82.31円付近では止まることができるかを見ていきたいです。



【USD/JPY 月足】
usdjpy2
こちらはドル円月足です。
ドル円はリーマンショック後から100円割れが定着、上値もどんどん切り下げずるずると下落が続いており、2009年11月には84.80円の安値を、そして今年も安値を更新し一時81.72円をつけ、いまだに下げ止まりの見えない状況が続いています。
まず102円、そして1995年も96円を割れたことから下落が加速しましたが、その96円のサポートを守れなかったのはドル円にとって下落を加速させる要因となり、今回の15年ぶりの超円高でも86円~85円、そして83円を守れなかったのが次の下落へつながりました。
先々週の終値は82.53円ま下落、先週は83.94円まで回復とはっきりしない流れとなっていますが、いつ大きくブレイクしていくのか今後も慎重に見ていきたいところです。

現在15年半ぶりの安値圏と言うことで、15年前の値動きが意識されますが、15年前はかなり急激に史上最安値79.75円までつっこんでおり、96円を完全に下回っていたのは1995年3~8月の間だけですので、今回の円高とは感じが違います。少し戻してはまたじりじりと下げる分今回の円高はずるずると長続きし、まだ下がありそうな流れで、ここからまだ下を目指していきそうだと見るのが自然かと思われます。

usdjpy2
ちなみにこちらが15年前・1995年のドル円日足チャートです。
年明けから100円をレジスタンスにし、2月に96円割れをしてからきつい下落となり4月には史上最安値79.70円(GFT)をつけます。その後87円付近まで上昇してからまた82円付近へと下落し、2ヶ月ほど85円をレジスタンスに揉み合いを続けた後本格的に上昇開始となりました。
今回はどのような形でこの円高が終了するかまだわかりませんが、参考までに載せてみました。



【EUR/USD 日足】
eurusd
ユーロドル日足です。クリックしてご覧ください。

先週6日は、アイルランドがユーロを離脱する可能性や、スペインやポルトガルがEUによる救済措置実施の可能性が高いなどの報道や、ノワイエ仏中銀総裁の「実効相場でのユーロ水準が高め」、独報道官の「EU救済基金を拡大する理由はまったくない」「ユーロ圏共同債券発行を改めて否定」などの発言から、ユーロの下落が目立つ展開となり、欧州~NY時間にユーロドルは1.3246ドルまで下落、しかしNY午後には全体的に方向感見えにくい中、1.33ドルをサポートにする底堅い動きとなりました。7日は、欧州株の上昇や商品相場の上昇などによりNY時間まで堅調に推移し1.34ドルを付けましたが、そこからは米金利の上昇からのドル買い優勢となりNY終盤にかけて1.3257ドルまで下落、8日もドル買いに押され欧州時間には一時1.3180ドルまで下落しましたが、1.32ドルのサポートに支えられる形で持ち直し、その後は1.32ドル台でのもみ合いとなりました。
8日は格付け会社フィッチがアイルランドを「BBB+」に格下げしたことや、イタリアの格付けも引き下げ方向で検討を始めたとの噂などからユーロドルはNY時間に一時1.3163ドルまで下落する軟調な流れとなるも、その後は入札が好調だったため米債利回りが低下しドル売りとなり1.32ドル台前半~半ばまで反発、週末10日はNY時間に一時1.3178ドルまで下落するなど軟調さが続き1.3226ドルで引けました。

このところ上値がどんどん切り下がり弱い流れとなっているユーロドルですが、今週もなんとか1.32ドル~1.31ドル台後半では支えられるかが焦点となります。上値が切り下がり下方ブレイクも懸念され、1.32ドル~9日の安値1.3163ドルまでに止まれず下抜けると1.31ドル付近、大幅下落となれば11月30日の安値1.2968ドルまでの下落を考えておきたいです。
今週1.32ドル~1.31ドル台後半をサポートとし反発の流れとなると、1.32ドル台後半を越え1.33ドル台に乗せ、12月3日の高値1.3438ドルを目指す動きとなるかを見たいです。
スポンサーサイト






コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1609-28fc6422
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替