FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・9月S&P/ケース・シラー住宅価格指数は予想より弱い結果、一方米・11月シカゴ購買部協会景気指数は市場予想60.0に対し結果62.5と予想より強い結果、米・11月消費者信頼感指数も市場予想52.6に対し結果54.1と予想より強い結果となりました。
NYダウは、欧州財務問題への懸念の高まりから続落、前日比-46.47ドルの11006.02ドルで引けました。

今日の主な経済指標等は、米・11月ADP全国雇用者数、米・11月ISM製造業景況指数、ベージュブックなどの発表が予定されています。米・11月ADP全国雇用者数は+7.0万人、米・11月ISM製造業景況指数は56.5の市場予想となっています。

昨日は、欧州財務問題の根強い懸念の中、スペインやイタリアなどの国債と独債のスプレッドが拡大、独雇用統計の弱い結果やフランス・ベルギー格下げ、独もウオッチリスト入りなどの噂等ユーロ売りの材料が重なり、ユーロドルは欧州時間に1.3ドル割れ、NY時間に一時1.2968ドルの安値をつけました。株価・原油も軟調でリスク回避の動きから円・ドルが強い流れとなり、ドル円は83.42円まで下落し、ポンドドルは1.5484ドル、オージードルは0.9544ドルまで下落、結果クロス円は大幅に下落しました。
今日は豪・第3四半期GDPの弱い結果からオージーが下落、昨日からの円とドルが強い流れも続いています。今日これからも引き続き円・ドルが強い流れとなるか、ユーロは今日もまだ下値を更新していくのかなどを見ていきたいです。では、今年最後の月も頑張っていきましょう!


今日は、83円台半ばまで下落のドル円、ついに1.30ドルの大台も割れてしまったユーロドル、なんとか130円台を保てるかのポンド円を勝手に分析します。では、続きをご覧ください。


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。クリックしてご覧ください。

先週22日は83.51円でオープンしおおむね83円-83.70円付近での値動きを続け、24日は欧州時間に一時的に83円を切る場面がありましたが83円では底堅く、NY時間は長期金利の上昇により一時83.65円まで上昇し、25日も83.40円をサポートに底堅い動きとなりましたが、83.70円では抑えられ小動きとなりました。
週末26日はリスク回避の動きからドル買いの流れとなり、25日まで抑えられていた83.70円を上抜け、ついに84円を越え84.18円まで上昇し84.09円と84円台に乗せたままで引けました。

今週29日は84.04円でオープンし83円台後半をサポートとする動きをし、NY時間には先週末の高値84.18円を越えて84.39円の高値を付けましたが昨日は84円を割れ下落、一時83.42円の安値を付けました。
今日は83.60円付近での小動きで推移していますが、ここからこの83.60円付近の水準をなんとか維持できるかが注目されます。今日も弱い流れとなってくると、83.70~83.60円のサポートを完全に割り込み昨日の安値83.42円も下抜け50日線の走る83円付近を目指す動きとなりそうです。
一方、今日は反発となれば84円台へと戻してこれるか、そして29日の高値84.39円を越えてくる動きとなるかを見たいです。


【EUR/USD 日足】
eurusd
ユーロドル日足です。クリックしてご覧ください。

先週22日はアイルランドがEU・IMFに金融支援を要請したとの報道からユーロドルは上窓を開け1.3717ドルでオープンし、一時1.3785ドルまで上昇、しかしその後は一転してユーロが売られる流れとなりました。23日はNY時間までは1.35ドル台後半での動きが中心でしたが、NY時間にはメルケル独首相が「ユーロ圏は異例に深刻な状況下にある」など発言、欧州財務問題に加えダウや原油価格の下落などリスク回避の動きも加速しユーロドルは1.34ドルを割れ1.3361ドルまで大幅下落となり、24日も欧州の信用不安はおさまらずユーロドルは上昇しても1.34ドルをしっかり超えられず、一時9月22日ぶりの安値1.3284ドルを付けるなど軟調さが目立つ流れとなりました。
25日も軟調推移で一時1.3286ドルと1.33ドルを割れる場面もありましたが、軟調ながらも1.33ドル付近では底堅い展開で、NY時間には1.3386ドルまで上昇、しかし週末26日はS&Pがアングロ・アイリッシュ銀行のカウンターパーティー格付けを6段階引き下げジャンク債にすると発表したことから欧州債務問題への懸念が高まり大幅下落、ユーロドルは一時1.32ドルの安値を付け、1.3240ドルで引けました。

週明けの29日は1.3280ドルと上窓を開けてのオープンとなりましたが、根強い欧州債務問題への懸念から下落に転じ欧州時間に1.32ドルを大きく割り込み、NY時間には一時1.3063ドルまで下落、そこからは1.31ドル付近へ戻しましたが、昨日も様々な悪材料からユーロは売られ1.31ドル台は維持出来ず1.3ドル台へ、そして1.3ドルも維持できず一時1.2968ドルまで下落しました。
6月7日安値1.1876ドルから11月4日高値1.4281ドルまでの上昇幅の半値押し1.3070ドルを今週29日に達成したユーロドル、今日もユーロ売りの動きとなれば、昨日の安値1.2968ドルを下抜け1.29ドルへ、そして6月7日安値1.1876ドルから11月4日高値1.4281ドルまでの上昇幅の61.8%押し1.2795ドル付近を目指す流れとなりそうです。
一方、今日は反発の流れとなればまず1.3ドルではしっかりサポートされ、1.31ドル台へとしっかり戻していくことができるかを見たいです。


【GBP/JPY 日足】
gbpjpy
ポンド円日足です。

ポンド円は先週22日に134.17円まで上昇するも134円の壁は厚く132円台後半まで押し戻され、23日はNY時間にユーロドルの下落につられる形でポンドドルが1.5758ドルまで下落し、ポンド円も130.84円まで大幅下落となりました。24日は131円をサポートにし132円まで反発も132円は越えることができず、25日も徐々に下値を切り上げながらも、しっかりと132円を越えることができませんでした。
週末26日はポンドドルがユーロに連れ安し1.57ドルを割れ1.5590ドルと安値で引けたことによりポンド円も上値を切り下げ軟調に推移、しかしなんとか131円では踏みとどまり131.08円で引けました。

週明けの29日は130.80-131.35円でのレンジ相場となり方向感出ない流れでしたが、昨日はリスク回避の流れとなりレンジを下抜けNY時間には一時129.34円まで下落、その後はすぐ130円台へ戻し130円台前半での流れとなりました。
今日は今のところ130円-130.40円付近での推移となり方向感のない動きですが、上値下値とも切り下がり形が良くないポンド円が、130円を明確に割れてくるかに注目したいです。130円のサポートを守れず下落となると昨日の安値129.34円~129円付近までの下落を考えておきたいです。
一方、130円なんとかを守り反発してくれば、130円台半ばを越え131円へと上昇していくことができるかを見たいです。
スポンサーサイト






コメント
FX大好きママへのコメント
為替も動いてますね♪
しましまさんも寝不足にならないようにしてくださいね(≧▽≦)
2010/12/01(水) 23:26 | URL | junichi #-[ 編集]
は~い、お肌にも悪いですし、なるべく多く
睡眠とるようにします♪
(といいつつもなかなかできないんですよね・・・)
2010/12/02(木) 10:51 | URL | FX大好きママ(しましま) 誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐF #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1598-c173ef60
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替