転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高1、中2のやんちゃな息子達に振り回されております。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日は、主な米国経済指標の発表はありませんでした。
NYダウは、先週の利食いや欧州信用問題への懸念などから、前日比-37.24ドルの11406.84ドルで引けました。NY金は欧州信用不安再燃により1400ドルを越え、史上最高値1403.2ドルで引けています。

今日の主な経済指標等は、英・9月商品貿易収支、英・9月鉱工業生産などの発表が予定されています。
また、今週は今日9日に10年債240億ドル、10日に30年債160億ドルの総額720億ドルの米国債入札が予定されており、入札を受けての米長期金利の動向にも注意しておきたいです。

昨日は、アイルランド国債やポルトガル国債の独国債とのスプレッドが過去最大となるなど信用不安が再燃、ユンケル・ユーログループ議長の「ドルはユーロに対して過小評価」「G20、為替市場を討議する場となることを望む」など現在のユーロの水準に不満の発言をしたことなどから、ユーロドルは東京午前の高値1.4085ドルから大幅に下落しNY時間一時1.3887ドルの安値をつけました。
今日もユーロドルは一時1.3846ドルまで下落するなど軟調な流れ、ドル円も先ほど81円を割れ80.73円まで下落する下攻めの展開となり、クロス円も円高方向へと進んでいます。今日ここからもドルや円が強い流れとなるかどうか、慎重に見ていきたいです。では、今日も頑張りましょう!


今日は、再び80円台へと突入・上昇できないドル円、1.38ドル台まで下落のユーロドル、130円台を保てるかのポンド円を勝手に分析です。では、続きをご覧ください。


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。クリックしてご覧ください。

先週1日は、東京午前に80.23円と15年半ぶりの安値を更新した後は、徐々に下値を切り上げる動きとなり3日には81.58円まで上昇するも81円半ばをしっかり超えることはできませんでした。そして週末5日は強い米雇用統計後81円を越える上昇となりましたが、今週の高値81.58円を越えることはできず81.47円までの上昇に留まり、81.25円で引けました。

ビッグイベント満載の先週でさえ大きな動きとはならず、80円台半ば~81円台半ばでマイペースな動きをするドル円、昨日は欧州時間までじりじりと81円へと下落、しかし81円ではサポートされ、NY時間は81.10~81.20円付近での小動きとなりました。今日は先ほど81円を維持できず80.73円まで急落、現在80.80円台での動きとなっています。
80.80円付近でドル円が下げ止まり上昇流れとなれば、まず81円台へ上昇し81円をサポートとする動きとなることができるか、そして81.40円~3日の高値81.58円上昇していけるかを見たいです。上値が大変重いドル円、今週もまた80円台半ば~81円台半ば、越えても82円までの小幅な動きを続けることとなるでしょうか。
ドル円の下方向への動きはかなり落ちついてきた印象ですが、もしここからドル売りが加速するような状況となれば、80円台半ば~1日の安値80.23円は割らずに粘れるか、まだ下に突き抜けると80円を割れ史上最安値79.75円更新の可能性もまだまだなくなっておらず、下攻めにも油断せず引き続き注意しておきたい状況です。


【EUR/USD 日足】
eurusd
ユーロドル日足です。クリックしてご覧ください。

先週は2日のRBA政策金利発表後ドル売りの流れが顕著となり、ユーロドルは1.40ドル台の大台に乗せ、FOMCまでは1.4-1.4060ドルのレンジ内での推移となりました。FOMC後は高値1.4180ドル、安値1.3995ドルをつける荒れ相場となりましたが、結局ドル売りが優勢となりユーロドルは1.41ドル台へと上昇、4日は欧州時間に1.42ドル台へ上昇し政策金利発表後には一時1.4281ドルまで上値を伸ばしましたがその後1.42ドル付近へ落ちつきました。
週末5日は欧州時間から明確に1.42ドルを割れ1.41ドル付近まで下落、米雇用統計後は1.41ドルがレジスタンスの流れとなり1.40ドル台前半への下げとなりました。

週明けの昨日はオープン後は上昇し1.4085ドルまで上昇したのですが、そこから急落し1.4ドル割れ、アイルランド国債やポルトガル国債の独国債とのスプレッドが過去最大となるなど信用不安が再燃したことや、ユンケル・ユーログループ議長のユーロ高牽制の発言などもありNY時間には一時1.3887ドルまで下落するという激しい動きとなりました。今日も一時1.3846ドルまで下落するなど軟調に推移、現在は1.3880ドル付近での推移となっています。
1.39ドル台も保てず上値が重いユーロドル、そう大きな下落はなさそうですが今日も軟調推移となると、1.39ドル付近では上値を抑えられ1.38ドル付近まで、ユーロ売りが進めば10月20・21日の安値1.37ドル付近までの下落の可能性もあります。
一方、調整終了で反発、ドル売りの流れとなれば、まず1.39ドル台へしっかり戻し、1.40ドルまでの上昇となってくるでしょうか。1.40ドルではまた上値も重くなってきそうで、上抜けるかどうか様子を見たいです。


【GBP/JPY 日足】
gbpjpy
ポンド円日足です。

なかなかはっきりしない動きが続いていたポンド円ですが、先週はFOMC後のドル売り、強い英指標から上昇しました。3日は129円台前半のレジスタンスを越え130円台へ上昇、一時131.23円をつけ、4日は東京時間は下落も欧州時間からは反転しNY時間には131円台へ乗せ、一時131.72円の高値、そして週末5日は雇用統計後131.99円まで上昇し、131.46円で引けました。

先週はドル売りの流れとなりポンドドルは1.6ドルをサポートにし堅調に推移し、4日は急上昇し一時1.6298ドルまで上昇、週末5日は全体的にドル買いの流れとなり1.61ドル台後半まで下落しましたが大変堅調な週だったといえます。今週はやや軟調に推移しているもののユーロのようにドルに対しては売られてはおらず、1.61~1.60ドル台後半をサポートに堅調に推移できるか見ていきたいです。

今のとことポンド円は131円で上値の重い動きとなっていますが、今日ポンド円上昇となれば、130円台半ばを維持しながら131円台へ乗せ、131円付近をサポートにしていけるか、そして5日の高値131.99円まで戻していけるでしょうか。
一方、5日の132円を天井にポンド円下落となれば、130円ではなんとか止まることができるか、止まれなければ129円台前半までの下落となりそうです。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。最後に以下のバナーをクリックしていただけるとうれしいです!応援がとても励みになってます、どうぞよろしくお願いいたします!!
         ↓↓

誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ 人気ブログランキング誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママにほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・(スイング派)へ
スポンサーサイト



コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1576-c549e413
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替