転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高1、中2のやんちゃな息子達に振り回されております。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・9月中古住宅販売件数は、市場予想430万件に対し、結果453万件と予想より強い結果となりました。
NYダウは、中古住宅販売件数の強い結果や、次回FOMCでの追加緩和策実施への期待から買われ、前日比+31.49ドルの11164.05ドルで引けました。

今日の主な経済指標等は、英・第3四半期GDP・速報値、米・8月S&P/ケース・シラー住宅価格指数、米・10月消費者信頼感指数などの発表、また、明日27日9:30に豪・第3四半期消費者物価の発表が予定されています。
米・10月消費者信頼感指数は、市場予想49.9となっています。
また、今週は今日26日に2年債350億ドル、27日に5年債350億ドル、28日に7年債290億ドルの米国債入札が予定されており、入札を受けての米長期金利の動向にも注意しておきたいです。

G20明けの昨日は、次回FOMCへと焦点が移りドル売りの流れとなり、ドル円80.40円、ユーロドルが1.4079ドル、ポンドドルが1.5772ドル、オージードルが0.9973ドルまでドル売りが進みました。しかしNY時間は、9月中古住宅販売件数の好結果からドル買い戻しの流れとなりました。
今日はまだ明確な流れが出ていない状況ですが、やはり11月2・3日のFOMCで追加緩和策実施がほぼ確実とされている中、基本的にドルが弱い流れが続くでしょうか。昨日80.40円まで15年ぶりの安値を更新したドル円は、引き続き史上最安値を窺う展開に注意したいです。野田財務相は今日も「必要なら断固たる措置とる日本単独の姿勢、変わらず」「為替相場の無秩序な動きは経済・金融に悪影響」等発言されていますが、実際介入には入りづらいと思われる状況にあり、結局は見ているだけの状況を続けるのでしょうか。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、81円台へ戻れないドル円、1.40ドル台は維持できないものの底堅いユーロドル、年初来安値更新の弱いポンド円を勝手に分析します。では、続きをご覧ください。


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。クリックしてご覧ください。

介入後85.92円まで上昇するも、そこからはずるずると下落を続けるドル円、日銀は精いっぱいの追加緩和策をとったにもかかわらず、大きなドル安の波に押され下落が止まりません。
先週は、82円台へが上昇できず、しかし81円割れでは底堅くといった狭いレンジ内を推移し、81.35円で引けました。

今週も、下げても81円割れでしっかり止まれば反転の機会もありそうだと考えていましたが、週明けの昨日はドル売りの流れから今月20日につけた15年ぶりの安値80.84円を割れ、80.40円まで安値を更新してしまい、引き続き底が見えない流れが続いています。
じりじりと下値を切り下げるドル円、今日もドル売りの流れが進みドル円が下落すれば、昨日つけた15年ぶりの安値80.40円を割れ、いよいよ史上最安値79.75円を目指し、そしてその史上最安値を更新してくるのかが注目されます。しかし史上最安値更新ような激しい動きになれば、介入(このレベルだと米国は黙認か)により大幅反発も考えられ、とりあえずこの現況を注意深く見守りたいです。
一方、今日はドル買いとなり反発の流れとなってくれば、まず81円台へしっかり戻せるか、そして81円台半ば~後半へしっかりと戻してこれるかを見たいです。


【EUR/USD 日足】
eurusd
ユーロドル日足です。クリックしてご覧ください。

先週前半は、ガイトナー米財務長官の発言や、中国の予想外の金融引き締めの報道などから下落し、1.3698ドルまで安値を更新しました。その後はドル売りの流れへ反転、ユーロドルは上昇しNY時間には1.3991ドルの高値を付けました。21・22日はおおむね1.38ドル台後半~1.4ドルのレンジとなり、1.3953ドルで引けました。

G20明けの昨日は1.3973ドルでオープンし、ドル売りの流れから1.4ドル台へ乗せ1.4075ドルの高値を付けました。しかしNY時間はドル買い戻しの流れ優勢で、1.4ドルを割り込み1.39ドル台での推移となりました。
今日は今のところ1.39ドル台半ばでの推移となっていますが、ここからドル売りとなれば、まず1.4ドル台にしっかり乗せてこれるかに注目です。なかなか1.4ドルを明確に越えてくることができないですが、ドル安加速の動きとなれば1.42ドルを目指す流れとなるでしょうか。
一方、今日は一時1.3907ドルまで下落していますが、1.39ドルを割りこみ下落となれば22日の安値1.3857ドル~1.3830ドル付近で止まれるかを見たいです。そこも割れてくると、1.38ドル割れのところではしっかり止まれるか見たいです。


【GBP/JPY 日足】
gbpjpy
ポンド円日足です。

ポンド円は先週130円から続落しており、20日はNY時間にしっかりと128円台へ戻し128.76円まで上昇し128円台を保ち引けましたが、21日は東京午後から下落し始め欧州時間には完全に128円割れ、NY時間も128円台へ戻れず127円台半ば~後半で推移、昨日は対ユーロでポンドが弱い流れとなりポンド円も一時127.07円まで下落し127.58円で引けました。

他通貨に比べ、ドルに対しポンドは弱めに推移しており、ポンド円もずるずると下落が止まらない状況となっています。
今週はドル売りの流れによりポンドドルが1.57ドル台へ上昇し、ポンド円も安値更新を回避し127.74円まで回復したのですが、ドル円の下落につられ欧州時間には5月20日の年初来安値126.71円を下抜け126.43円まで年初来安値を更新しました。その後は1時間足でダブルボトムの形を付けていますが、なかなか127円をしっかりサポートとできず、反発していけるか微妙な形となっています。
このまま127円をサポートに反発の流れとなると127.40円~127.80円のレンジまで上昇できるか、そして128円台へ上昇できるかを見たいです。
一方、またポンド円も軟調な流れとなった場合、126.80円付近で止まれるか、下抜けるとまた昨日つけた年初来安値126.43円を下抜けしていくのかに注目です。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。最後に以下のバナーをクリックしていただけるとうれしいです!応援がとても励みになってます、どうぞよろしくお願いいたします!!
         ↓↓

誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ 人気ブログランキング誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママにほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・(スイング派)へ
スポンサーサイト



コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1562-5fc327b5
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替