転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高1、中2のやんちゃな息子達に振り回されております。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された独・10月IFO景況指数は、市場予想106.5に対し、結果107.6と予想より強い結果となりました。
NYダウは、G20開催中ということもあり様子見の相場で、前日比-14.01ドルの11132.56ドルで引けました。

さて、来週はまずG20後の流れを見ていきたいです。そして来週も米追加緩和観測から全体的にドルが弱い流れが続くのか、今のところ81円割れでは支えられているドル円が、来週下抜け史上最安値更新なるのかどうか、またそうなる前に円売り介入が入るのかに注目です。

政策金利関連では、28日にRBNZ政策金利発表、日銀政策金利発表が予定されています。RBNZ政策金利発表は、政策金利は3.00%で据え置きの予想となっています。

来週の主な経済指標等は、25日に米・9月中古住宅販売件数、26日に英・第3四半期GDP・速報値、米・8月S&P/ケース・シラー住宅価格指数、米・10月消費者信頼感指数、27日に豪・第3四半期消費者物価、米・9月耐久財受注、米・9月新築住宅販売件数、独・10月消費者物価指数・速報値、28日に独・10月失業率/10月失業者数、米・新規失業保険申請件数、29日にNZ・9月貿易収支、日・9月全国消費者物価指数、欧州・10月消費者物価指数・速報、加・8月GDP、米・第3四半期GDP・速報値、米・第3四半期個人消費・速報値、米・10月シカゴ購買部協会景気指数、米・10月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値などの発表が予定されています。
また、来週は25日に4年6カ月インフレ指数連動債100億ドル、26日に2年債350億ドル、27日に5年債350億ドル、28日に7年債290億ドルで総額1090億ドルの米国債入札が予定されており、入札を受けての米長期金利の動向にも注意しておきたいです。

昨日はG20開催中ということもあり、全体的に明確な方向はつかめない相場となりました。その中でユーロが対ポンドやスイスフランに対し強い流れとなり、ユーロポンドは0.8860ポンド、ユーロスイスは安値1.3457CHFから1.3651CHFまでの大幅上昇となりました。ユーロは対米ドルでは1.39ドル台中心の方向感ない展開となったため、ポンド、スイスフランは対米ドルでも下落しています。

来週はまずG20後の流れを見ていきたいのと、11月2・3日のFOMCで追加緩和策実施がほぼ確実とされている中、来週も全体的にドルが弱い流れが続くのかを見ていきたいです。ドル円は引き続き史上最安値を窺う展開に注意、80円台では介入も十分考えられ、安全策をとるなら様子見でよいと思います。では、来週も頑張りましょう!


今日は、週末のクロス円分析ということでユーロ円、ポンド円、オージー円を分析します。では、続きをご覧ください。


【EUR/JPY 日足】
eurjpy
ユーロ円日足です。クリックしてご覧ください。
ユーロ円は、今週はユーロドルが乱高下となり、20・21日に一時1.37ドル割れまで深押ししたため、ユーロ円も一時111.50円台まで下落する場面もありましたが、その後はユーロドルも持ち直し112円台半ば~114円のレンジでの推移となりました。

来週もドル円は下向きの流れ~横ばいと思われる中、ユーロドルの動きに注意したいです。1.4ドルが非常に重い流れで上抜けは難しそうですが、来週もし1.4ドル付近をサポートし1.4-1.42ドルのレンジで推移する動きとなれば、ユーロ円も多少ドル円が下落しても底堅い動きができそうです。
来週はまず113円、下落しても112円台半ばではしっかりと止まり、今週後半の112円台半ば-114円でのレンジ継続となるかを見たいです。レンジを切り上げる動きとなれば、114円を越え、先週のレンジ上限114円台後半まで上昇していけるでしょうか。
一方、112円台後半ば~50日線の走る112.35円付近を割りこむ軟調な流れとなれば、先週の安値111.54円付近ではなんとか止まることができるでしょうか。


【GBP/JPY 日足】
gbpjpy
ポンド円日足です。
ポンド円は今週130円から続落しており、20日はNY時間にしっかりと128円台へ戻し128.76円まで上昇し128円台を保ち引けましたが、21日は東京午後から下落し始め欧州時間には完全に128円割れ、NY時間も128円台へ戻れず127円台半ば~後半で推移、昨日は対ユーロでポンドが弱い流れとなりポンド円も一時127.07円まで下落し127.58円で引けました。

ポンド円は今週はポンドドルが1.6ドルから1.5680ドルまで下落したこともあり軟調な動きとなり、20日は議事録公表後127.32円まで安値を更新、そして昨日も127.02円まで安値を更新し5月20日の年初来安値126.71円にせまりつつあります。
127.58円台で今週は引けましたが、来週ポンドドルが1.5675ドルにある50日線を下抜け下落すると、ポンド円も軟調な流れとなりそうで、今週安値127.07円を下抜け、5月20日の年初来安値126.71円を目指す下落となりそうです。
一方、来週反発の流れとなると127.50円をサポートにまず128円台へ上昇できるか、そして現在のレンジ上限の129円台前半まで上昇することができるかを見たいです。


【AUD/JPY  日足】
audjpy
オージー円日足です。
先月15日に介入があってから、80円-81.40円のレンジを続けていたオージー円、今週は19日にそのレンジを明確に下抜けてしまい78.68円まで下落、翌日20日には80.16円まで戻すものの80円台に乗せることはできず、以後80円~80円台前半がレジスタンスに変わる流れとなりました。

このところオージーは対米ドルで大変堅調な動き見せており、先週15日はついに1.0000のパリティまで上昇しました。しかし今週はドル買い戻しの流れ優勢で、オージードルは19日に0.9661ドルまで大きな調整をし、オージー円も80円を大きく下抜け78.68円までの下落となってしまいました。オージードルは20日には再び0.99ドル手前まで上昇し、0.9825ドルで今週引けていますが、来週0.9750ドル付近をサポートに底堅い動きができるかが注目されます。

オージー円は来週50日線と200日線が重なる79.40円~79.30円を割りこまず底堅い動きができるかに注目、堅調に推移できれば80円をサポートとする先週まで約1ヶ月続いたレンジに戻してこれるかを見たいです。
一方来週も軟調な動きとなり下値を探る流れとなれば、まず先週の安値78.68円付近で止まれるか、78.50円も割れると78円までの下落を考えておきたいです。


明日は、重要局面のドル円の分析、G20のまとめなどをしたいと思います。
スポンサーサイト



コメント
FX大好きママへのコメント
こんばんは!(^^)ドル円君、ガイトナー発言が潮目となり、底打ちしつつ、円安波動(6か月~1年前後)に移行していくのか注目しています♪
一気に10円とかびょーンと動かれると、逃したぁーとなるんでしょうね(≧▽≦)
2010/10/23(土) 23:14 | URL | junichi #-[ 編集]
G20も閉幕しましたし、今週どう動くかどきどきします。
ドル円、なかなか下げ止まりが見えませんが、そろそろ・・・とは思いますよね。
90円台とか久々に見たいですよね~!
2010/10/24(日) 11:25 | URL | FX大好きママ(しましま) 誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐF #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1559-787b6f3e
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替