転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高1、中2のやんちゃな息子達に振り回されております。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日のベージュブックは、「米国経済は緩やかに拡大が続く」「住宅市場は前年を下回り弱いまま」などの内容が公表されましたが、市場の反応は限定的でした。
NYダウは、ボーイング等の好決算や、メドレーが「FRBは11月のFOMCにおいて6カ月間で5000億ドルの国債買い入れを計画している」とのレポートを出したとの報道から大幅に上昇し、終値は前日比+129.35ドルの11107.97ドルで引けました。

今日は、キャタピラー、マクドナルドなどの米主要企業決算発表が予定されており、その結果からの株価の動きに注意しておきたいです。

今日の主な経済指標等は、英・9月小売売上高指数、米・新規失業保険申請件数、米・10月フィラデルフィア連銀景況指数などが予定されています。米・新規失業保険申請件数は市場予想45.5万件、米・10月フィラデルフィア連銀景況指数は市場予想+2.0(前回-0.7)となっています。

昨日は、中国の予想外の金融引き締めからのドル高も落ちつき、再びドル売りの流れとなりました。昨日はほぼ1日中ドル売りの流れとなり、NY時間にはドル円がまたも80.84円まで安値を更新、ユーロドルは1.3991ドル、オージードルは0.9889ドルまで上昇しました。ドル円は売られたものの、ストレートでドル売りとなったため、クロス円は堅調推移でした。
今日はウォールストリート・ジャーナル紙の「ガイトナー財務長官が『ドルは対円・対ユーロでこれ以上、安くなる必要はない』との見解を示した」との報道によりドルは急騰し、ドル円は81.82円まで上昇しましたが、それは事実ではないとのことで往って来いとなりました。ここから再びドル売りが続くこととなるのか、なかなか方向感定まらない中、今日も柔軟に対応したいです。では、今日も頑張りましょう!


今日は、昨日80.84円まで安値更新したドル円、1.39ドル台復活のユーロドル、128円をサポートにできるかのポンド円を勝手に分析します。では、続きをご覧ください。


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。クリックしてご覧ください。
今週18日は81.37円でオープンしてからじわじわと下向きに推移し、東京午後からは81.10-81.30円のレンジでの小動きなりました。19日は大きくドル買いの流れとなり、ドル円も底堅い推移となり、81.30円をサポートに一時81.92円まで上昇、しかし82円を前に失速し81円台半ばへと押し戻されました。昨日はまたドル売りとなり、ドル円もジワリと下落しNY時間には一時80.84円まで15年ぶりの安値を更新しました。
今日はガイトナー財務長官の発言報道をめぐって乱高下しましたが、結局ドル売り方向へ進んでいます。

介入後85.92円まで上昇するも、そこからはずるずると下落を続けるドル円、日銀は精いっぱいの追加緩和策をとったにもかかわらず、大きなドル安の波に押され下落が止まりません。ここから昨日つけた15年ぶりの安値80.84円を割れ、いよいよ史上最安値79.75円を目指し、そしてその安値を更新してくるのかが注目されます。

しかし、ドル円は81円割れでは今のところしっかりと止まっています。今日も下げても昨日の安値80.84円付近では止まり、反発の流れとなればまず81円台半ばをしっかりと越え19日の高値81.92円を越え82円台へしっかりと戻してこれるか、そして82円台前半~82円台半ばまで戻せる力があるかを見たいです。



【EUR/USD 日足】
eurusd
ユーロドル日足です。クリックしてご覧ください。
今週18日は1.3990ドルでオープンしたものの欧州序盤には1.3830ドルの安値を付け、きつい下落となりました。NY時間は反発し1.3997ドルまで上昇し往ってこいの展開となりましたが、1.4ドル付近ではガイトナー米財務長官の発言もあり1.39ドル台前半まで押し戻されました。
19日は一時1.4ドルをつけるも1.4ドル台を維持できず1.39ドル台前半へ下落、中国の予想外の金融引き締めの報道が流れてからは1.39ドルを大きく割り込み急落、NY午後には1.3712ドルの安値をつけ、20日朝には1.3698ドルまで安値を更新しました。その後はドル売りの流れへ反転、ユーロドルは上昇しNY時間には1.3991ドルの高値を付けました。

今日はガイトナー報道で1.3870ドルまで下落後1.39ドル台前半での推移となっていますが、ここからドル売りの流れとなれば、再び1.4ドルを目指す流れとなるでしょうか。しかしなかなか1.4ドルが越えられないユーロドル、1.4ドルでまた跳ね返され下落となるかを見たいです。
一方、1.39ドルを割りこみ下落となれば1.3830ドル付近で止まれるか、無理となると1.37ドル台後半で下げ止まることができるかを見たいです。そこも大きく割れてくると、20日の安値1.3698ドルではしっかり止まれるか見たいです。


【GBP/JPY 日足】
gbpjpy
ポンド円日足です。
ポンド円は今週130円から続落しており、昨日はNY時間にしっかりと128円台へ戻し128.76円まで上昇し128円台を保ち引けました。

8月上旬に1.6ドル越えにトライして失敗しているポンドドルは、先週は1.59ドル台半ばから1.57ドル台後半まで下落の軟調な推移となっていましたが、14日は大きく上昇し1.6066ドルの高値を付け、15日も一時1.6109ドルまで上昇しました。しかしそこから大幅に下落し1.6ドル割れ、1.5989ドルで引けました。
先週結局1.6ドル割れで引け、今週も軟調に推移し昨日は1.5653ドルまで下落しましたが、その後は切り返し1.58ドル台へ上昇しました。しかし、勢いがないことは明らかで今後もやはり1.6ドルが壁となり軟調な動きとるのか、注意深く見ていきたいです。

ポンド円は今週はポンドドルが下落したこともあり軟調な動きとなり、昨日は議事録公表後127.32円まで安値を更新しました。しかしNY時間には上昇し128円台半ばで推移、今日はガイトナー報道もあり一時129.21円まで上昇しました。
現在は128.30円付近の動きとなっていますが、今日堅調推移となるとまず128.70円付近、そして今日の高値129.21円を越えることができるかを見たいです。今日も軟調な流れとなれば、128円を割れ昨日の安値127.32円、127.32円大きく下抜けると、127円付近~5月20日の年初来安値126.71円を目指す下落となりそうです。
スポンサーサイト



コメント
FX大好きママへのコメント
ガイトナー発言、インパクトが違いますね。日本の財務大臣の発言もこのくらいインパクトあれば(^^;)
2010/10/22(金) 09:43 | URL | junichi #-[ 編集]
いや~、どうしてこんなにも違うんでしょうね。
うちの財務大臣や総理の言うことなんて、寝言ぐらいにしか思われてないですよね?
2010/10/22(金) 10:58 | URL | FX大好きママ(しましま) 誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐF #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1557-e73318ab
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替