FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

このところ1000通貨単位の取扱いを開始される業者が増えています。1000通貨単位で取引したいという、個人投資家の要望が多いことが窺えます。初心者の方や自信のない方は1000通貨単位で練習を重ねて、自信がついてから1万通貨単位でトレードされるとよいですね。
私がFXを始めたころ(2005年)は、1000通貨単位の会社はほどんどありませんでしたし、スプレッドも広く手数料もとられていましたが、今は手数料無料の会社も増えて、スプも狭く、1万通貨単位の取引とほぼ変わらない環境で有利に1000通貨単位の取引が可能となっています。

今日は、今年7月から1000通貨単位の取扱いをスタートさせた業者さんを2社ご紹介します。

1社目がトラップリピートイフダンで有名なマネースクウェア・ジャパンです。
トラップリピートイフダンとは、自動リピート機能により、ほったらかしで積極的に収益が狙える、マネースクウェア・ジャパンのオリジナル注文機能です。以前から1万通貨単位でこの機能は使えたのですが、1万通貨単位で損切りなしでこの機能を使うのはリスクが大きすぎる、損切りありなら相場観がいりますし、その手間は実は普通のトレードとそんなに変わらないではないかと思い、私はご紹介しませんでした。しかし今は1000通貨単位でトラップリピートイフダンが使えるということで、私も大変興味を持っています。
今月から、ジャスダック上場3周年を記念して「トラップリピートイフダンが詳しくわかる書籍『果報を寝て待つFX』とQUOカード1000円分」 をプレゼントしてくれるキャンペーンも始まり、口座開設のチャンスとなってます♪
ちなみに私も、外貨預金代わりという位置での運用を考え、オージー円でトラップリピートイフダンを仕掛けています。(ちなみに今週は仕掛けるレンジを変え、現在80.80円と80.50円を保有中です)トラップリピートイフダンは、注文を出さなくても勝手に売買してくれ、ほったらかしでいいというのが何よりの魅力です!!

そして、私が愛用しているGFTも、7月16日から1000通貨単位での取引を開始しました。GFTチャートは本当に秀逸で、私はGFTのチャートで分析をしているのですが、7月から1000通貨単位で取引が可能になったことで、GFTもぐっと口座開設しやすくなりましたね♪1000通貨単位でも手数料無料ですし、綺麗なチャートを見たい方はぜひGFTに口座開設してみてくださいね!
GFTはデモがありますので、まずはデモで練習、そして1000通貨単位の取引でご自分のトレードの形を掴んでから1万通貨単位の取引へ移行されると、けがが少なくてよいかと思います。


今日は日曜日ですが、今週もFXの基礎知識はお休みさせていただいて、いよいよ今週史上最安値79.75円達成するのか注目のドル円の分析と、流れが変わるのかが大変気になるユーロドルの分析をします。では、続きをご覧ください。
(気になる今週の相場/クロス円分析については、昨日の記事「来週も米主要企業決算・G20等注目材料多し、ドル円来週史上最安値更新となるか?」の方をご覧ください。)


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。クリックしてご覧ください。

介入後85.92円まで上昇するも、そこからはずるずると下落を続けるドル円、日銀は精いっぱいの追加緩和策をとったにもかかわらず、大きなドル安の波に押され下落が止まりません。
先週11日は81.37円まで年初来安値を更新したドル円、14日はシンガポール通貨庁が為替レンジを拡大したことなどから強い下攻めの流れとなり、欧州時間には80.88円まで15年ぶりの安値更新、しかしNY時間には買い戻しの動きとなり、一時81.67円まで反発しました。
週末15日はバーナンキ米FRB議長が「デフレリスクはこれまでより高くなってきた」「FOMCは必要なら行動する」「低インフレ率はさらなる行動の論拠となる」など述べたことで、追加緩和観測高まりドル売りが進み、ドル円は80.87円と14日と同じ位置まで下落、しかしその後は米・9月小売売上高等の好結果などから、ドル買い戻しの動きが加速、ドル円は81.48円まで上昇し81.43円で引けました。

今週は先週つけた15年ぶりの安値80.87円を割れ、いよいよ史上最安値79.75円を目指し、そしてその安値を更新してくるのかが注目されます。
追加緩和観測からのドル売りは根強いですが、今週に、少し陰りが見えてきたように思うユーロドル等他通貨に対してのドル売りが止まるかどうかにも、ドル円が最安値更新かどうかの行方がかかっています。他通貨に対しドル買いとなれば、ドル円の最安値更新は回避されるでしょうか。(円買い・ドル買いとなればまたドル円の行方も微妙ですが・・・)
反発の流れとなればまず81.70円付近へしっかりと戻してこれるか、そして82円台前半~82円台半ばまで戻せる力があるかを見たいです。
今週も一応円売り介入には警戒で、ドル円売りに関しては試し売り程度にしておきたいです。



【USD/JPY 月足】
usdjpy2
こちらはドル円月足です。
ドル円はリーマンショック後から100円割れが定着、上値もどんどん切り下げずるずると下落が続いており、2009年11月には84.80円の安値を、そして今年も安値を更新し一時81.72円をつけ、いまだに下げ止まりの見えない状況が続いています。
まず102円、そして1995年も96円を割れたことから下落が加速しましたが、その96円のサポートを守れなかったのはドル円にとって下落を加速させる要因となり、今回の15年ぶりの超円高でも86円~85円、そして83円を守れなかったのが次の下落へつながりました。

現在15年ぶりの安値圏と言うことで、15年前の値動きが意識されますが、15年前はかなり急激に史上最安値79.70円までつっこんでおり、96円を完全に下まわっていたのは1995年3~8月の間だけですので、今回の円高とは感じが違います。じりじりと下げる分今回の円高はずるずると長続きし、まだ下がありそうな感じもしますね。セリングクライマックスはまだ先なのでしょうか。

usdjpy2
ちなみにこちらが15年前・1995年のドル円日足チャートです。
年明けから100円をレジスタンスにし、2月に96円割れをしてからきつい下落となり4月には史上最安値79.70円をつけます。その後87円付近まで上昇してからまた82円付近へと下落し、2ヶ月ほど85円をレジスタンスに揉み合いを続けた後本格的に上昇開始となりました。
今回はどのような形でこの円高が終了するかまだわかりませんが、参考までに載せてみました。



【EUR/USD 日足】
eurusd
ユーロドル日足です。クリックしてご覧ください。

先週11日はオープンしてすぐ1.4012ドルまで上昇したものの、そこから上昇できずじりじり下落しNY時間には1.39ドルを割れ一時1.3866ドルまで下落、そして12日も一時1.3775ドルまで下落しました。しかし1.38ドル付近はやはり堅く、ウェーバー独連銀総裁の発言やFOMC議事録の内容が後押しし、ユーロドルは再び1.39ドル台後半まで上昇してきました。13日は1.3910-1.40ドルの間での値動きとなり、明確な方向は出ませんでした。
14日はシンガポール通貨庁の為替レンジ拡大からドル売りが進み、欧州時間にユーロドルは1.41ドルを越え1.4121ドルまで上昇しましたが、その後は売りに押され1.40ドル台中盤までの下落となりました。先週末15日はバーナンキ米FRB議長の発言からドル売りとなりユーロドルは1.4159ドルまで上昇、しかしその後は米・9月小売売上高等の好結果などから、ドル買い戻しの動きが加速しユーロドルは一時1.3936ドルまで下落し1.3975ドルと1.4ドル割れで引けました。

長い上髭をつけ1.4ドル割れで引けたユーロドル、移動平均線やMACD,Sストキャスとも雲行きが怪しくなってきており、今週ドル買い戻し・調整の動きとなるか懸念されます。今週ユーロドル下落となると、1.38ドル付近ではしっかり止まることができるかを見たいです。大きく割れてくると、1.36ドル台前半あたりを目指す可能性も出てきます。
一方、今週もユーロドルは不死鳥(笑)と思わせるドル売りとなれば、1.4ドル台を固め、再び1.41ドル台にしっかりと乗せ、1.42ドル台乗せを目指す動きとなるかを見たいです。
今週は19日に独・10月ZEW景況感調査、22日に独・10月IFO景況指数と重要指標発表が予定されており、指標発表に関しては米より欧州の方が重要な週です。今週は米指標のほか先ほどの2つの指標、そして21日の英・9月小売売上高指数にも注意しておきたいです。
スポンサーサイト






コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1553-b6f7305f
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替