転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高1、中2のやんちゃな息子達に振り回されております。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。

こんにちは。FX大好きママしましまです。

このところ1000通貨単位の取扱いを開始される業者が増えています。1000通貨単位で取引したいという、個人投資家の要望が多いことが窺えます。初心者の方や自信のない方は1000通貨単位で練習を重ねて、自信がついてから1万通貨単位でトレードされるとよいですね。
私がFXを始めたころ(2005年)は、1000通貨単位の会社はほどんどありませんでしたし、スプレッドも広く手数料もとられていましたが、今は手数料無料の会社も増えて、スプも狭く、1万通貨単位の取引とほぼ変わらない環境で有利に1000通貨単位の取引が可能となっています。

今日は、7月から1000通貨単位の取扱いをスタートさせた業者さんを2社ご紹介します。

1社目がトラップリピートイフダンで有名なマネースクウェア・ジャパンです。
トラップリピートイフダンとは、自動リピート機能により、ほったらかしで積極的に収益が狙える、マネースクウェア・ジャパンのオリジナル注文機能です。以前から1万通貨単位でこの機能は使えたのですが、1万通貨単位で損切りなしでこの機能を使うのはリスクが大きすぎる、損切りありなら相場観がいりますし、その手間は実は普通のトレードとそんなに変わらないではないかと思い、私はご紹介しませんでした。しかし今は1000通貨単位でトラップリピートイフダンが使えるということで、私も大変興味を持っています。
今月から、ジャスダック上場3周年を記念して「トラップリピートイフダンが詳しくわかる書籍『果報を寝て待つFX』とQUOカード1000円分」 をプレゼントしてくれるキャンペーンも始まり、口座開設のチャンスとなってます♪
ちなみに現在私も、オージー円でトラップリピートイフダンを仕掛けています。(ちなみに今週もまたヒットせずでした・・・200日線下で待ってるので・・汗)トラップリピートイフダンは、ほったらかしでいいというのが何よりの魅力です!!

そして、私が愛用しているGFTも、7月16日から1000通貨単位での取引を開始しました。GFTチャートは本当に秀逸で、私はGFTのチャートで分析をしているのですが、今回1000通貨単位で取引が可能になったことで、GFTもぐっと口座開設しやすくなりましたね♪1000通貨単位でも手数料無料ですし、綺麗なチャートを見たい方はぜひGFTに口座開設してみてくださいね!
GFTはデモがありますので、まずはデモで練習、そして1000通貨単位の取引でご自分のトレードの形を掴んでから1万通貨単位の取引へ移行されると、けがが少なくてよいかと思います。


今日は日曜日ですが、FXの基礎知識はお休みさせていただいて、いよいよ81円台に突入し今週の動きが大変気になるドル円の分析と、G7のことについて少し書かせていただきます。では、続きをご覧ください。
(気になる今週の相場については、昨日の記事「来週はまず米雇用統計・G7明けの動きに注目、ドル円史上最高値目指す流れとなるか」の方をご覧ください。)


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。クリックしてご覧ください。

先週4日は83.24円でオープンし83円台前半を推移していましたが、午前10時台に83円台後半へ急伸し一時83.87円の高値を付けました。高値をつけたあとは軟調推移となり、欧州時間からは83.20-83.40円のレンジでの推移、5日は、日銀政策金利発表後83.98円まで上昇するもその動きは続かず、欧州時間からは下落しNY時間には一時83円台を割り込み82.95円の安値を付け、その後は83円台前半で推移、6日もドル売りの流れが続きドル円は軟調に推移し、NY序盤には介入前の安値82.87円を下抜き一時82.73円まで下落、年初来安値を更新しました。
7日もドル売りの気配は収まらず欧州時間にドル円は82円台前半へと急落、NY時間序盤には安値82.11円を付け82.50円を越えられない軟調な動きとなり、週末8日には弱い結果となった米雇用統計発表後、それまで動きの鈍かったドル円は82円を割れ81.72円まで下落、NYダウが堅調だったため82円台へ戻す場面もありましたが結局81.89円と82円割れで引けました。

介入後85.92円まで上昇するも、そこからはずるずると下落を続けるドル円、日銀は精いっぱいの追加緩和策をとったにもかかわらず、大きなドル安の波に押され下落が止まりません。
1995年5月の安値81.90円を下抜け81.72円まで下落したドル円、82円には戻せず引けておりかなり弱い流れとなっています。今週8日につけた安値を割れてくると、81円台前半から81円で一旦止まるか、しかしそこも下抜けるといよいよ史上最安値79.70円へトライとなってきます。今のところじわじわと下落しており、急激に円高が進むということもなさそうですが、そのじわじわが却ってこわい流れとなっています。
一方、今週反発の流れとなればまず82円台へしっかりと戻してこれるか、そして8日のレジスタンス82.5円を越え、なんとか83円台へ戻せるかを見たいです。



【USD/JPY 月足】
usdjpy3
こちらはドル円月足です。
ドル円はリーマンショック後から100円割れが定着、上値もどんどん切り下げずるずると下落が続いており、2009年11月には84.80円の安値を、そして今年も安値を更新し一時81.72円をつけ、いまだに下げ止まりの見えない状況が続いています。

現在15年ぶりの安値圏と言うことで、15年前の値動きが意識されますが、15年前はかなり急激に史上最安値79.70円までつっこんでおり、96円を完全に下まわっていたのは1995年3~8月の間だけですので、今回の円高とは感じが違います。じりじりと下げる分今回の円高はずるずると長続きし、まだ下がありそうな感じもしますね。セリングクライマックスはまだ先なのでしょうか。

usdjpy2
ちなみにこちらが15年前・1995年のドル円日足チャートです。
年明けから100円をレジスタンスにし、2月に96円割れをしてからきつい下落となり4月には史上最安値79.70円をつけます。その後87円付近まで上昇してからまた82円付近へと下落し、2ヶ月ほど85円をレジスタンスに揉み合いを続けた後本格的に上昇開始となりました。
今回はどのような形でこの円高が終了するかまだわかりませんが、参考までに載せてみました。




ワシントンで8日夜に閉幕したG7では、

○為替レートの過度な変動や無秩序な動きは経済および金融の安定に悪影響を与え望ましくない
○為替はファンダメンタルズを反映すべき
○為替市場をよく注視し、適切に協力する

ことをあらためて確認、また、

○中国に人民元の切り上げを促すこと
○「通貨安競争」を回避するため協調すること

で一致し、閉幕しました。

野田財務相は先月15日の円売り介入について、長期間にわたって、大規模に一定の水準を目指したような介入ではなく、為替の過度な変動を抑制するために実施したことなどを各国に説明しました。参加各国からは議論は出ず、基本姿勢については理解を得られたのではないかということです。
しかし、今後の介入への理解が得られたかについてはノーコメントで、依然介入に対し厳しい視線が向けられていることは間違いなさそうです。

介入しづらく、このドル安に対し打つ手ももう残り少ないと思われる中、明日からもドル円は史上最安値を目指し下落を続けるのか、今週も目の離せない展開が続きそうです。



最後まで読んでいただき、ありがとうございました。最後に以下のバナーをクリックしていただけるとうれしいです!応援がとても励みになってます、どうぞよろしくお願いいたします!!
         ↓↓

誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ 人気ブログランキング誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママにほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・(スイング派)へ
スポンサーサイト



コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1546-4c8a0e36
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替