転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。中2、小6のやんちゃな息子達に振り回されております。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。

こんにちは。FX大好きママしましまです。

このところ1000通貨単位の取扱いを開始される業者が増えています。1000通貨単位で取引したいという、個人投資家の要望が多いことが窺えます。初心者の方や自信のない方は1000通貨単位で練習を重ねて、自信がついてから1万通貨単位でトレードされるとよいですね。
私がFXを始めたころ(2005年)は、1000通貨単位の会社はほどんどありませんでしたし、スプレッドも広く手数料もとられていましたが、今は手数料無料の会社も増えて、スプも狭く、1万通貨単位の取引とほぼ変わらない環境で有利に1000通貨単位の取引が可能となっています。

今日は、7月から1000通貨単位の取扱いをスタートさせた業者さんを2社ご紹介します。

1社目がトラップリピートイフダンで有名なマネースクウェア・ジャパンです。
トラップリピートイフダンとは、自動リピート機能により、ほったらかしで積極的に収益が狙える、マネースクウェア・ジャパンのオリジナル注文機能です。以前から1万通貨単位でこの機能は使えたのですが、1万通貨単位で損切りなしでこの機能を使うのはリスクが大きすぎる、損切りありなら相場観がいりますし、その手間は実は普通のトレードとそんなに変わらないではないかと思い、私はご紹介しませんでした。しかし今は1000通貨単位でトラップリピートイフダンが使えるということで、私も大変興味を持っています。
今月から、ジャスダック上場3周年を記念して「トラップリピートイフダンが詳しくわかる書籍『果報を寝て待つFX』とQUOカード1000円分」 をプレゼントしてくれるキャンペーンも始まり、口座開設のチャンスとなってます♪
ちなみに現在私も、オージー円でトラップリピートイフダンを仕掛けています。(ちなみに今週もヒットせずでした・・・仕掛けるレンジを変えようかと考え中です)トラップリピートイフダンは、ほったらかしでいいというのが何よりの魅力です!!

そして、私が愛用しているGFTも、7月16日から1000通貨単位での取引を開始しました。GFTチャートは本当に秀逸で、私はGFTのチャートで分析をしているのですが、今回1000通貨単位で取引が可能になったことで、GFTもぐっと口座開設しやすくなりましたね♪1000通貨単位でも手数料無料ですし、綺麗なチャートを見たい方はぜひGFTに口座開設してみてくださいね!
GFTはデモがありますので、まずはデモで練習、そして1000通貨単位の取引でご自分のトレードの形を掴んでから1万通貨単位の取引へ移行されると、けがが少なくてよいかと思います。


今日は日曜日ということで、FXの基礎知識を更新させていただきます。今回はダウ理論についてです。では、続きをご覧ください。
(気になる今週の相場については、昨日の記事「来週は米雇用統計・日銀政策金利発表など注目材料多数、乱高下の週となるか」の方をご覧ください。)


ダウ理論は、アメリカのジャーナリスト、チャールズ・ヘンリー・ダウの述べた「株価は全ての事象を織り込む」という論説が基となっており、ダウやその後継者達によって発展した理論です。私たちも欠かさず見ているNYダウ平均(NYダウ工業株30種)も、チャールズ・ヘンリー・ダウがエドワード・ジョーンズと設立したダウ・ジョーンズ社が開発したものです。
ダウ理論は、エリオット波動論やその他数々のテクニカル分析に、なんらかの形で影響を与えています。




ダウ理論は、6つの基本法則から成り立っています。今からその6つを挙げていきます。


①平均はすべての事象を織り込む
需要と供給に影響を与える全ての要因は、直ちに市場に反映されます。



②トレンドには3種類ある
ダウ理論では「トレンド」を重視します。ダウ理論でのトレンドの定義ですが、次のように定義されています。
アップ・トレンド・・・上昇する山と谷のパターンを連続して形成
ダウン・トレンド・・・下降する山と谷のパターンを連続して形成

D
いつもの相場の変動を思い出していただけたらと思いますが、図に表すとこのような感じです。相場は小さな上下変動を繰り返しながらも、大きなトレンドの方向へ導かれていきますよね。


さて、そのトレンドですが、次の3つの種類があると定義されています。

主要トレンド・・・1年以上~数年のサイクル
二次トレンド・・・3週間~3ヶ月のサイクル
小トレンド・・・3週間未満のサイクル

これら3つのトレンドはそれぞれ独立の動きをしているのではなく、二次トレンドは主要トレンドの調整局面と考えられています。二次トレンドは約3週間~3ヶ月続き 、調整局面では3分の1~3分の2の間でその値を戻してきます。また、小トレンドは二次トレンドの調整局面とみなされています。
文字通り長い時間をかけて作られた「主要トレンド」が最も重要視されます。FXで1年~数年とか言われても、ちょっと長すぎるかな、と感じますが・・・。


③主要トレンドは3段階からなる

ダウ理論では「主要トレンドは通常3段階からなっている」と考えられています。
上昇トレンドでいうと、

○第1段階  悪材料は織り込んだとして、先行型の投資家が買い集める段階
        一般投資家はこわがって買わない

○第2段階  価格は急上昇、トレンドフォローのトレーダー達が参加し始める段階

○第3段階  トレンドの最終段階 相場に過熱感、買えば誰でも儲かると考える様な
         個人投資家が参入、第1段階で買っていた投資家は利益確定をし始める段階

状況が鮮明にイメージできる理論となっています。昔も今も、相場の成り立ちは不変なのかと考えさせられます。




④平均は相互に確認されなければならない

ダウは、ダウ工業平均とダウ鉄道平均について、この2つが同じシグナルを出さないかぎり、上昇相場や下降相場は始まらない(トレンド発生ではない)、としています。
シグナルの発生は同時である必要はないが、接近していればしているほどよいとされています。


⑤トレンドは出来高でも確認されなければならない

ダウは、出来高がトレンド発生の確認のためのシグナルとして2番目に重要な要素だとしています。

・主要トレンドが上昇トレンド・・・価格上昇とともに出来高も増加・価格下落時は出来高も減少
・主要トレンドが下降トレンド・・・価格下落とともに出来高も増加・価格下落時は出来高も減少

ダウ理論はもともと株に関してのものですので、出来高が重要な要素なのは納得のいくところです。


⑥トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する

ダウ理論では、トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続するものと考えられています。

その明確な転換シグナルが発生するまではトレンドフォローに徹すればよい、ということになりますが・・・、この基本法則通りトレンドが続く限り持ち続けたい気持ちもあるのですが、これってなかなか難しいのですよね・・・。
この法則は現在使われているトレンドフォロー手法の基礎となっています。


以上ダウ理論について、簡単にですがお話させていただきました。
ダウ理論は1世紀も前のものなのに、現在でも「とても大切な理論だから必ず勉強しておきなさい」、と言われるほど重要とされています。(私も初心者の頃友人に読みなさい!と言われました。)昨日FXを始めたばかりの方と話す機会がありましたので、前にも書いたことですが今日また記事にさせてもらいました。
トレンドという概念を重要視し、トレンドは明確な転換が発生しない限り継続するのだ、というシンプルといえばシンプルな理論ですが、相場の根底を見ることができる理論だ、と個人的に思っています。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。最後に以下のバナーをクリックしていただけるとうれしいです!応援がとても励みになってます、どうぞよろしくお願いいたします!!
         ↓↓

誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ 人気ブログランキング誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママにほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・(スイング派)へ
スポンサーサイト



コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1539-8d875274
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替