転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高1、中2のやんちゃな息子達に振り回されております。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・7月S&P/ケース・シラー住宅価格指数は市場予想前年比+3.10%に対し、結果前年比+3.18%と予想より強い結果に、米・9月消費者信頼感指数は市場予想52.1に対し、結果48.5と予想より弱い結果となりました。
NYダウは追加緩和への期待から反発し、終値は前日比+46.10ドルの10858.14ドルで引けました。

今日8:50に発表された日銀短観は、大企業製造業業況判断が予想7に対し結果8と強い結果に、しかし大企業製造業先行きが予想+3に対し、結果-1と予想より弱い結果となりました。発表後、ドル円、クロス円とも目立った動きとはなりませんでした。

今日これからの主な経済指標等は特に予定されていません。
今日は7年債290億ドルの米国債入札が予定されており、入札を受けての米長期金利の動向に注意しておきたいです。

昨日は米・9月消費者信頼感指数の弱い結果などからドル売りが進み、ドル円は84円を割れ一時83.68円まで下落、ユーロドルは1.3594ドルまで、オージードルは0.9685ドルまで上昇、他通貨に対しても広くドルは売られました。
ポンドはポーゼン英MPC委員の「一段の金融緩和を実施すべき」「追加緩和実施なら手始めに英国債購入を」などの発言により売られ、ポンドドルは一時1.5718ドルまで売られましたが、そこからは1.58ドル付近へと反発しました。
今日も基本的にはドル売りの流れは継続との見方で取引を考えています。ドル円に関しては、引き続き日銀の介入は83円台もありうりと警戒はしておきたいです。では、今日も頑張っていきましょう!


今日は、84円台へ反発できるかのドル円、1.36ドル台へ乗せていくのかのユーロドル、133円を割れたポンド円を勝手に分析です。では、続きをご覧ください。


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。クリックしてご覧ください。

先週20日は85.50円~85.80円の狭いレンジ内での推移となりましたが、21日は85円台前半まで下落、そしてFOMC政策金利発表後はドル売りが進み、ドル円は84円20銭台までの下落となりました。週末24日には日銀の円売り介入観測により一時85.38円台まで回復するも、NY時間には84.11円まで週の安値を更新し、84.19円で引けました。

今週27日は84.23円でオープンし、高値84.38円、安値84.11円とその差が30銭もない非常に狭い値動きとなりました。昨日は欧州時間に先週金曜日、そして27日の安値84.11円を下抜け、NY時間には84円を割れ一時83.68円まで下落しました。
今日もドル円は非常に上値が重く、84円台へ戻れない流れとなっています。

今週も結局ずるずると下落し続けるドル円ですが、ここからは昨日の安値83.68円~83.50円付近では止まれるか、止まれなければ再び83円割れを目指す流れとなるでしょうか。今の水準で何も動きがないとなると、前回同様83円割れまで日銀も動かないのかもしれませんが、引き続き介入に対しては警戒しておきたいです。
反発の流れになればまず84円台へ、そして24日・27日の安値84.11円を越えて上昇できるかを見たいです。



【EUR/USD 日足】
eurusd
ユーロドル日足です。クリックしてご覧ください。

ユーロドルは先週は1.3060ドルでオープンし1.31ドル台へと上昇、そして21日のFOMC政策金利発表後1.32ドル台後半へと急伸、その後も堅調に推移し週末24日には一時1.3494ドルまで上昇し、1.3489ドルで引けました。

今週27日はムーディーズがアングロ・アイリッシュ銀行の債権格付けを引き下げたことで一時1.3425ドルまで下落、その後はまたドル売りとなりNY時間序盤に1.35ドルを越え1.3506ドルまで上昇、しかし昨年11月から今年6月までの下落の半値戻しの1.3510ドルまでは到達せず1.34ドル台前半まで反落しました。
昨日もスペイン格下げの噂などで一時1.3380ドルまで下落したものの、安値をつけてからは急反発しNY時間にはドル売りの流れにより一時1.3594ドルまで上昇しました。

昨年11月から今年6月までの下落の半値戻し・1.3510ドルを上抜けて上昇のユーロドル、先週のドル売りの流れが今後も継続となれば、今日は下は1.35ドル台を維持しながら、1.36ドル台へ乗せることができるか、そして4月12日の高値1.3691ドル付近へ上昇する流れとなるでしょうか。
一方、軟調に推移し1.35ドルを割り込む流れとなれば、まず1.34ドルで止まれるか、もし大きく調整すると1.33~1.3285ドルまでの下落も考えられます。



【GBP/JPY 日足】
gbpjpy
ポンド円日足です。

ポンド円は、先週軟調な流れとなり21日に133円を割れ、22日にはBOE議事録で「複数の委員が景気の下振れリスクが増加」「複数の委員が追加緩和策が必要となる可能性」など追加緩和の可能性が示されたため、ポンド円は一時131.71円まで下落、23日は一時131.81円まで下落したものの、22日同様それ以上の下落とはならず、132円~132.6円のレンジ内にほぼ収まる小幅な値動きが中心となりました。
24日はNY時間にポンドドルが1.58ドル台へと急上昇したことで、ポンド円も堅調な流れとなり133円台を維持し、133.20円で引けました。

今週27日は133.24円でオープンし、一時133円を割る場面がありましたが133円のサポートに支えられ、ほぼ133円~133.60円でのレンジとなりました。昨日はポーゼン英MPC委員の「一段の金融緩和を実施すべき」「追加緩和実施なら手始めに英国債購入を」などの発言によりポンドは売られ、ポンド円は一時132円を割れ131.93円まで売られましたがその後はドル売りの流れに乗り反発し132円台半ばへ戻しました。

今日は、50日線132.55円付近をサポートとし、まず133円台へ戻せるか、そして今週止められている133.60円付近を抜け134円台へ上昇できるかを見たいです。
一方、今日軟調な流れとなると、132円~昨日の安値131.93円、下げても先週22日の安値131.71円付近では支えられるでしょうか。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。最後に以下のバナーをクリックしていただけるとうれしいです!応援がとても励みになってます、どうぞよろしくお願いいたします!!
         ↓↓

誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ 人気ブログランキング誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママにほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・(スイング派)へ
スポンサーサイト



コメント
FX大好きママへのコメント
ドル円の日足の陽線さんを最近見かけないのですが引退したのでしょうか?(・ω・`)


わざわざ介入した意味がわからなくなってきましたが、民主党のやることなんで仕方ないですね(・ω・`)

任天堂さんが暴落してますが買っても平気かなぁ?

2010/09/30(木) 11:10 | URL | 小遣い?万円パパ #-[ 編集]
ほんと、最近めっきり陽線さん見かけませんね。首になったのかしら・・・?
今度はどこで介入するんでしょうね~・・・前回は正直ナイスタイミングだったと思うけど
もう介入しても効果薄そうだし・・・

今日は任天堂きつかったですね~、朝の株式ニュースでも一番の話題でしたよ。
パパさん今日買ったんですか?
しかし、朝方はプラスだった持ち株達が、午後には次々とマイ転・・・(涙)
ほんと日本株弱すぎ・・・しかし、日経平均とは関係ない動きをするベネッセは今日は
元気が良かったので一旦売りました。今度下げたらまた買おう~。

2010/09/30(木) 18:50 | URL | FX大好きママ(しましま) 誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐF #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1535-5fa56161
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替