転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高1、中2のやんちゃな息子達に振り回されております。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。

こんにちは。FX大好きママしましまです。

このところ1000通貨単位の取扱いを開始される業者が増えています。1000通貨単位で取引したいという、個人投資家の要望が多いことが窺えます。初心者の方や自信のない方は1000通貨単位で練習を重ねて、自信がついてから1万通貨単位でトレードされるとよいですね。
私がFXを始めたころ(2005年)は、1000通貨単位の会社はほどんどありませんでしたし、スプレッドも広く手数料もとられていましたが、今は手数料無料の会社も増えて、スプも狭く、1万通貨単位の取引とほぼ変わらない環境で有利に1000通貨単位の取引が可能となっています。

今日は、この7月から1000通貨単位の取扱いをスタートさせた業者さんを2社ご紹介します。

1社目がトラップリピートイフダンで有名なマネースクウェア・ジャパンです。
トラップリピートイフダンとは、自動リピート機能により、ほったらかしで積極的に収益が狙える、マネースクウェア・ジャパンのオリジナル注文機能です。今までも1万通貨単位でこの機能は使えたのですが、1万通貨単位で損切りなしでこの機能を使うのはリスクが大きすぎる、損切りありなら相場観がいりますし、その手間は実は普通のトレードとそんなに変わらないではないかと思い、私はご紹介しませんでした。
しかし今回1000通貨単位でトラップリピートイフダンが使えるということで、私も大変興味を持っています。現在M2Jポイントがもらえるキャンペーンも実施していますし、私も、やっと重い腰を上げオージー円でトラップリピートイフダンを仕掛けてみました!(ちなみに今週はヒットせずでした・・・)トラップリピートイフダンは、ほったらかしでいいというのが何よりの魅力です!!

そして、私が愛用しているGFTも、7月16日から1000通貨単位での取引を開始しました。GFTチャートは本当に秀逸で、私はGFTのチャートで分析をしているのですが、今回1000通貨単位で取引が可能になったことで、GFTもぐっと口座開設しやすくなりましたね♪1000通貨単位でも手数料無料ですし、綺麗なチャートを見たい方はぜひGFTに口座開設してみてくださいね!
GFTはデモがありますので、まずはデモで練習、そして1000通貨単位の取引でご自分のトレードの形を掴んでから1万通貨単位の取引へ移行されると、けがが少なくてよいかと思います。


今日は日曜日ということで、FXの基礎知識を更新させていただきます。今回はDMIについて、先々週の続きとなります。では、続きをご覧ください。
(気になる今週の相場については、昨日の記事「来週もドル売りは継続か・週末のクロス円分析」の方をご覧ください。)


DMI(方向性指数)は、米国のJ.W.ワイルダー氏によって考案された、相場のトレンドの状態(方向・強さ)を把握するための指標です。
J.W.ワイルダー氏はDMIの他にもRSIやパラボリックを開発しましたが、RSIなどオシレーター系指標はレンジの時は機能しますがトレンド相場になると張りついて役に立たず、そのこのに不満を持ったワイルダー氏がその欠点を補うため開発されたのが、このDMIだといわれています。

先々週の記事・・・DMIについて①

RSIについては、過去に記事にしていますので、以下の過去記事を参考にしていただけると幸いです。
RSIについて①
RSIについて②(RSIの使用法)
RSIについて③(ダイバージェンス・RSIの欠点)




先々週の記事DMIについて①で、+DIと-DIについてはお話ししました。
今日はADXについてと、DMIの見方についてお話させていただきます。

先々週に
+DIは 「上昇トレンドを示す指数」
-DIは 「下降トレンドを示す指数」
と定義づけられていると書きましたが、

ADXは 「トレンドの強さを示す指数」
と定義づけられています。

ADXには、相場の上昇や下降というような「方向」の概念はありません
上昇にしろ、下降にしろ、ADXが低水準(おおむね20を割れる水準)で推移しているときは「トレンドが出ていない(保合い)」、高水準で推移しているときは「強いトレンドが出ている」と見ることができます。
ADXが上昇しているときはトレンドが出てきているということであり、+DIが上昇していれば「上昇トレンド」、-DIが上昇していれば「下降トレンド」が続くことを意味しています。そして上昇が終わり反転し下落を始めると、それまでのトレンドは終わったと見ることができます。



dmi
こちらはDMIを表示したチャートです。クリックしてご覧ください。

先々週の記事に、+DIと-DIのクロスを売買シグナルとして使う方法として
・+DIが-DIを上抜く・・・買い
・+DIが-DIを下抜く・・・売り
と書きました。しかし、これではだましが多く、売買の指標として使うのは難しいです。

そこで
・+DIが-DIを上抜いた後、ADXが-DIを上抜いたら「買い」
・+DIが-DIを下抜いた後、ADXが+DIを上抜いたら「売り」
という形で3本の線を売買基準にすると、上記の+DIと-DIのクロスよりも精度が高い指標となります。
(3本が次々重なるのが早い方が、できれば同時ぐらいがいい形だと思います。)


ただ、DMIはDMIだけで売買するというよりは、ADXがトレンドレスなら「RSI」などオシレーター系指標を使う、トレンドが出ている相場なら「移動平均線」などトレンド系指標を使うと言う風に、他の売買基準が明確な指標の補助にDMI(ADX)を使うほうが仕掛けやすいと思われます。


今日は子供達の運動会なので、この記事は予約投稿です。今日は朝から抜けるような青空で気持ち良く、運動会日和となりました。今からもう少しお弁当の準備をして行ってきます♪


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。最後に以下のバナーをクリックしていただけるとうれしいです!応援がとても励みになってます、どうぞよろしくお願いいたします!!
         ↓↓

誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ 人気ブログランキング誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママにほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・(スイング派)へ
スポンサーサイト



コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1532-e8bcf925
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替