転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。中2、小6のやんちゃな息子達に振り回されております。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・8月耐久財受注は、市場予想前月比-1.0%に対し結果前月比-1.3%と予想より弱い結果、しかし輸送用機器を除くベースでは市場予想前月比+1.0%に対し、結果前月比+2.0%と予想より強い結果となりました。米・8月新築住宅販売件数は市場予想29.5万件に対し、結果28.8万件と予想より弱い結果となりました。
NYダウは、経済指標はまちまちだったものの、特にハイテク株などが堅調でダウを構成する30銘柄はすべて上昇し、前日比+197.84ドルの10860.26ドルで引けました。

さて、来週の相場ですが、引き続き政府・日銀の介入が続くのかに注目です。当局はまだ続ける姿勢を保っていますが、昨日の84円台前半での介入観測は高官からはノーコメントあるいは否定されています。来週もどこで介入が入るのか引き続き介入ラインを探りながらの取引となりそうです。
また、FOMC後顕著となったドル売りが来週も続くのか、経済指標では29日の日銀短観、10月1日の米・9月ISM製造業景況指数に特に注目したいです。

来週の主な経済指標等は、28日に英・第2四半期GDP・確報値、米・7月S&P/ケース・シラー住宅価格指数、米・9月消費者信頼感指数、独・9月消費者物価指数・速報値、29日にNZ・8月貿易収支、日銀短観 、30日にNZ・8月住宅建設許可、豪・8月住宅建設許可件数、独・9月失業率/9月失業者数、欧州・ 9月消費者物価指数・速報値、加・7月GDP、米・第2四半期GDP・確報値、米・新規失業保険申請件数、米・9月シカゴ購買部協会景気指数、1日に日・9月全国消費者物価指数、米・8月個人所得/8月個人消費支出、米・9月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値、米・9月ISM製造業景況指数などの発表が予定されています。

昨日のドル円は、東京午前は80.50円台で膠着していましたが、午後に入り急騰、市場は日銀介入と受け止め一時85.38円の高値をつけました。また同時に日銀総裁辞任の噂も流れたようで、円相場は乱高下となりました。今回のこの動きには政府高官はノーコメント、しかも菅首相はご丁寧にも「再度の介入があったとは聞いていない」とおっしゃってますので、今回のは介入ではないのでしょう。
NY市場では、米8月耐久財受注の輸送機器を除く受注の結果が前月比+2.0%となり、今年3月以来の大幅な伸びとなり、このことを好感しNYダウは200ドル近い上昇となり、リスク選好のドル売りが進みました。ユーロドルは1.3494ドル、ポンドドルは1.5843ドル、そしてオージードルはついに0.96ドルを越え0.9614ドルまで年初来高値を更新し、ドル売りが顕著となりました。

来週もドル売りが続くのか、またドル円の介入ラインはどこなのかを探りつつ、ドル売りスタンスでの取引を考えています。来週で9月も終わりですね、9月を良い形で終われるよう、来週も頑張っていきましょう!


今日は、週末のクロス円分析ということでユーロ円、ポンド円、オージー円を分析します。では、続きをご覧ください。


【EUR/JPY 日足】
eurjpy
ユーロ円日足です。クリックしてご覧ください。

ユーロ円は、今週は21日に安値111.50円をつけてからは下値を切り上げる流れで、週末24日には高値113.76円をつけ、113.60円で引けました。

先週15日の介入以来、ユーロドルの上昇もあり底堅い動きを続けるユーロ円、来週もドル円が上にも下にも行きにくいと思われる中、ユーロドルが下落しても1.33ドル付近を守りながら1.35ドル越えを目指す流れとなれば、かなり底堅い動きができそうです。
来週は下落しても112円付近ではしっかりと止まり、112円-114円での動き中心となるかを見たいです。もし来週ドル円が上昇するなどで114円を越える展開となれば、7月28日の高値114.74円まで上昇していけるでしょうか。



【GBP/JPY 日足】
gbpjpy
ポンド円日足です。

ポンド円は日銀の介入により好転、介入後は133円~135円のレンジで推移していましたが、今週に入り軟調な流れとなり21日に133円を割れる流れに、22日にはBOE議事録で「複数の委員が景気の下振れリスクが増加」「複数の委員が追加緩和策が必要となる可能性」など追加緩和の可能性が示されたため、ポンド円は一時131.71円まで下落、23日は一時131.81円まで下落したものの、一昨日同様それ以上の下落とはならず、132円~132.6円のレンジ内にほぼ収まる小幅な値動きが中心となりました。
昨日はNY時間にポンドドルが1.58ドル台へと急上昇したことで、ポンド円も堅調な流れとなり133円台を維持し、133.20円で引けました。

今週はポンド円は軟調な展開が続きましたが、週末に反発し133円台へ戻して引けました。
来週は、50日線132.52円、下げても今週のように132円割れをサポートにし、133円~17日の高値135円付近のレンジとなってくるかを見たいです。



【AUD/JPY  日足】
audjpy
オージー円日足です。

今週は前半81円越えとなる堅調な流れに、週半ばから上昇が止まり調整となりましたが、80円台は維持し底堅さを見せ80.76円で引けました。

来週も80円をサポート、下げても200日線の走る79円は強固なサポートとなり、今週の高値81.41円を越え82-83円を目指す堅調な動きとなってくるか、AUD/USDの高更新具合を見ながらのポジションどりとなりそうです。

audusd
こちらは、AUD/USD週足です。  
このところオージーは対米ドルで大変堅調な動き見せており連日年初来高値を更新しており、昨日も年初来高値更新し0.9614ドルまで上昇しています。ドル円が軟調な動きとなっていますが、AUD/USDが力強い上昇を続けているため、対円でもオージーは大変堅調な動きとなっています。
AUD/USDは昨日一時0.9614ドルの高値を付け、0.9588ドルで引けました。来週も下げても今までのレジスタンスだった0.94ドルでは支えられ、0.96ドル台から2008年7月の史上最高値0.9850ドルを目指す流れとなってこれれば、オージー円もかなり底堅い堅調な展開が期待できます。



最後まで読んでいただき、ありがとうございました。最後に以下のバナーをクリックしていただけるとうれしいです!応援がとても励みになってます、どうぞよろしくお願いいたします!!
         ↓↓

誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ 人気ブログランキング誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママにほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・(スイング派)へ
スポンサーサイト



コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1531-65ce5173
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替