FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

今日は、11日に発表された中国の経済指標結果が予想を上回る好結果を受けオージーが対米ドルで0.93ドル台へ、対円でも78.51円まで買われ強い流れに、全体的に円売り・ドル売りのリスク選好の流れとなっています。

今週の概要は外為オンラインの「兵ブロガーの週間相場予想」の方にも書かせていただきましたが、今週はまず民主党代表選に注目です。民主党代表選は菅首相選出で円高株安、小沢氏選出で円安株高など言われておりますが、どちらが党首となるか、その後の値動きに注目です。また、8月小売売上高など重要な米経済指標の結果、欧州金融不安は後退するのか、株価の動向、ドル円が下げ止まりを見せる動きとなるかなどに注意を払いたいです。

今週の政策金利関連は、16日にRBNZ政策金利発表、SNB政策金利発表が予定されています。
どちらも市場予想は据え置きとなっていますが、その声明の内容が強いものとなるかに注目です。

また、今週の主な経済指標等は、14日にNZ・7月小売売上高指数、英・8月消費者物価指数、独・9月ZEW景況感調査、欧州・7月鉱工業生産・季調済、米・8月小売売上高、15日に英・8月失業率/8月失業保険申請件数、米・9月ニューヨーク連銀製造業景気指数、米・8月鉱工業生産、16日に英・8月小売売上高指数、米・8月生産者物価指数、米・新規失業保険申請件数、米・7月対米証券投資、米・9月フィラデルフィア連銀景況指数、17日米・8月消費者物価指数、米・9月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値などの発表が予定されています。
今週は14日に8月小売売上高、15日に9月ニューヨーク連銀製造業景気指数、8月鉱工業生産、16日に新規失業保険申請件数、7月対米証券投資、9月フィラデルフィア連銀景況指数、17日に8月消費者物価指数、9月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値と重要な米経済指標発表が相次ぐので、その結果に注目です。

今週も引き続きドル円の下方向への動き、年初来安値をまた更新する動きとなるのかを警戒しながら、底打ちを感じる流れとなるかを見ていきたいです。
円高への当局の対応、民主代表選、相次ぐ米経済指標の発表、欧州金融不安についてなど、今週は注目材料が多く指標の結果などに左右されそうですが、乱高下にあまり振り回されることなく今週も頑張りましょう!


今日は、84円台を維持できるかのドル円、50日線1.2780ドルをサポートとできるかのユーロドル、なかなか130円台へ乗せてこれないポンド円を勝手に分析します。では、続きをご覧ください。


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。クリックしてご覧ください。

先週ドル円は84.15円と先週末の終値84.32円より下でオープン、84.00-84.50円のレンジ内での値動きとなり、7日は東京時間まで84円台前半での狭いレンジが続いていましたが、欧州金融不安再燃のリスク回避の流れ、欧州株の下落、白川総裁の円高阻止への強い意志が感じられない会見内容から、市場は円買いが進みドル円は84円を割れ、その後84円台へ戻れないまま、8日には83.34円まで15年ぶりの安値を更新しました。
83.34円をつけてからは、更なる下値が警戒されたもののそれ以上の下げとはならず緩やかに反発し、週末週末10日には一時84.37円まで上昇し84.17円で引けました。

週明けの今日は、84.22円でオープンし、84円台前半を推移しています。
上値が非常に重く、なかなか下げ止まりを感じることができないドル円ですが、今週反発の流れとなればまず84円台をしっかり維持し、84.50円まで上昇できるかを見たいです。

一方、今週もしまた83.34円の年初来安値を更新し83円を割れる流れとなれば、1995年6月の安値82.64円、そして5月の安値81.90円近辺まで意識される流れとなってきます。とにかく下げ止まりが感じられないドル円、もし83円を割れてくる展開となれば、史上最安値79.70円に行きつく前にその82円台で反転できるかに注目です。



【EUR/USD 日足】
eurusd
ユーロドル日足です。クリックしてご覧ください。

先週は、「ユーロ圏ストレステストで、一部銀行はソブリン債の保有高を実態よりも少なく申告していた」などの米ウォールストリート・ジャーナル電子版の報道もあり、ユーロドルは週を通して軟調な展開となり、週初6日の1.29ドル付近から週末10日には一時1.2643ドルまで大幅に下落し、1.2675ドルで引けました。

週明けの今日は1.2714ドルと窓を開けスタートし、バーゼル銀行監督委員会の自己資本規制が想定内にとどまったことなどから上昇、現在1.28ドル台に乗せてきています。
今週このまま堅調に推移すれば、下げても1.2780ドル付近の50日線でしっかりとサポートとする動きとなれるか、1.29ドル台へ上昇し、1.29ドル台前半のレジスタンスを越えることができるか見ていきたいです。
一方、今週また1.27ドルを大幅に割レ軟調に推移すると、8月31日の安値1.2625ドル、8月24日の安値1.2587ドルが意識されます。下落したとしても、6月7日の安値1.1876ドルから8月6日の高値1.3333ドルの上昇分の半値戻し1.26ドル付近では下落が止まるか、今週も注意したいです。



【GBP/JPY 日足】
gbpjpy
ポンド円日足です。

先週は7日に127.90円、昨日128.04円まで下落し、5月25日の安値127.63円が意識される流れとなりましたが、8日東京時間に128.04円の安値をつけてからは、リスク回避の巻き戻しや強い住宅指標によりポンドが買われ、NY時間にポンド円は一時130.31円まで上昇しました。
9日は軟調に推移しずるずる下落、欧州時間には128.56円を付けましたが、そこでは下げ止まり129円台へ上昇、その後は129円台での推移となり、10日は129~130円でのレンジで129.26円で引けました。

ポンドドルも1.53ドル台前半では底堅いものの上値の重い流れ、ドル円も下向きで依然下向きの流れが強いポンド円ですが、今週は129円付近をサポートにまず130円台へしっかり戻すことができるか、そして強い流れとなれば131円台へ乗せ、131円をサポートにできるか見たいです。
一方、今週も130円がレジスタンスのまま弱い流れとなると、まず129円~128円台後半で止まることができるか、下げても先週7日の安値127.90円を守れるかで、そこも下抜けてしまうと127円~5月25日の安値127.63円も見えてきます。



最後まで読んでいただき、ありがとうございました。最後に以下のバナーをクリックしていただけるとうれしいです!応援がとても励みになってます、どうぞよろしくお願いいたします!!
         ↓↓

誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ 人気ブログランキング誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママにほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・(スイング派)へ
スポンサーサイト






コメント
FX大好きママへのコメント
もはや90円台すら懐かしくて遠い目になるレベルになっちゃいましたね(´・ω・`)

2010/09/14(火) 13:09 | URL | 小遣い?万円パパ #-[ 編集]
ほんと、今度はいつ90円台のドル円様にお目にかかれるんでしょうか・・・。(涙)
2010/09/14(火) 13:11 | URL | FX大好きママ(しましま) 誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐF #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1519-fcbd2b24
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替