転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。中2、小6のやんちゃな息子達に振り回されております。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


おはようございます。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・第2四半期GDP・改定値は、市場予想前期比年率+1.4%に対し、結果前期比年率+1.6%と予想より強い結果、米・第2四半期個人消費・改定値も市場予想前期比年率+1.6%に対し、結果前期比年率+2.0%と予想より強い結果となりました。米・8月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値は市場予想69.6に対し、結果68.9と予想より弱い結果となりました。
NYダウは、米・第2四半期GDP・改定値の強い結果やバーナンキ米FRB議長の講演原稿で必要に応じ追加緩和の用意があるとしたことから大幅に反発、前日比+164.84ドルの10150.65ドルで引けました。

さて、来週の相場ですが、来月3日に予定されている米雇用統計をはじめとする重要な米国経済指標の結果に注意を払いたいです。
また、日銀が週明けにも臨時会合を開催するとの報道もあり、政府・日銀が円高対策を打ってくるのか、今週24日に15年ぶりの安値83.58円を付けたドル円がとりあえず底を打ったのかなどにも注目したいです。

来週の政策金利関連は、31日にFOMC議事録、2日にECB政策金利発表が予定されています。
また、来週の主な経済指標等は、30日にNZ・7月貿易収支、31日に独・8月失業率/8月失業者数、加・6月GDP 、加・第2四半期GDP、米・6月S&P/ケース・シラー住宅価格指数、米・8月シカゴ購買部協会景気指数、米・8月消費者信頼感指数、1日に豪・第2四半期GDP、米・8月ADP雇用者数、米・8月ISM製造業景況指数、 2日に豪・7月貿易収支、米・新規失業保険申請件数、3日に欧州・7月小売売上高、米・8月非農業部門雇用者数/8月失業率、米・8月ISM非製造業景況指数などの発表が予定されています。
来週1番の注目材料・米雇用統計ですが、市場予想は8月非農業部門雇用者数が-10.6万人、8月失業率が9.6%となっています。今月も市場予想からどのぐらい乖離した数値となるか、発表後の市場の反応をしっかり見て流れにできるだけついていきたいです。

昨日は、米・第2四半期GDP・改定値の強い結果や、バーナンキ米FRB議長の講演で追加緩和期待が高まりNYダウが大幅に上昇したことによりドル円は85円台へ戻し、クロス円も大幅な上昇となりました。
来週は米雇用統計をはじめとした米国経済指標、FOMC議事録など注目材料盛りだくさんで引き続き荒い値動きが予想されます。政府・日銀の動向にも一応注意しながら、来週も頑張っていきましょう!私も休みボケを振り払いつつ頑張ります。(汗)

今日は、週末の欧州通貨分析ということで105.42円まで年初来安値更新のユーロ円、来週も反発続くかのユーロドル、来週は反発していけるかのポンド円、ポンドドルを分析します。では、続きをご覧ください。


【EUR/JPY・EUR/USD 日足】
eurjpyeurusd
ユーロ円・ユーロドル日足です。クリックしてご覧ください。
ユーロ円は、今週109円を割りこみ、24日には6月29日の安値107.31円を割り込み一時105.42円まで年初来安値を更新、しかし昨日米・第2四半期GDP・改定値の強い結果や、バーナンキ米FRB議長の講演でNYダウが大幅に上昇したことなどにより終値は108.76円まで上昇して先週末の終値と変わらない値で引けています。

ユーロドルは今週1.26ドル~1.27ドルのレンジから、週末にかけて下値を切り上げ、昨日は1.27ドル付近をサポートにし1.2761ドルで引けました。

来週は、引き続きドル円の上値が限られる中、ユーロドルがしっかり1.27ドルをサポートにし50日線の走る1.28ドルを超えて1.27~1.29ドルのレンジとなってくるかに注目です。ユーロドルが再び1.27ドル~1.29ドルのレンジに戻れば、ユーロ円もドル円がこのまま底堅く推移すればですが、109円を超え、110円~50日線111.30円付近まで戻してこれる動きとなりそうです。
しかし、来週またユーロドルが1.27ドルを完全に下抜け1.26ドル~1.25ドルまで目指すような流れとなると、ユーロ円も109円がレジスタンスとなり、6月29日の安値107.31円付近、24日につけた年初来安値105.42円が再び見えてくる流れとなりそうで、引き続き安値を目指さないか警戒はしておきたいです。



【GBP/JPY・GBP/USD 日足】
gbpjpygbpusd
ポンド円、ポンドドル日足です。

ポンド円はこのところ135円-133円のレンジではっきりしない動きとなっていましたが、今週は明確に133円を下抜ける動きとなり、24日には131円のサポートも大きく下抜け、一時128.77円まで下落しました。昨日は米・第2四半期GDP・改定値の強い結果や、バーナンキ米FRB議長の講演でNYダウが大幅に上昇したことなどにより終値は132.32円と、132円台まで戻して引けています。
ポンドドルは1.6ドル手前が天井となり下落しており、今週は1.55ドルを割り込み1.54ドル割れまで下落するも、1.54ドル付近を走る50日線に支えられ、終値は1.5527ドルと先週末とほとんど変わらない値まで戻して引けています。

はっきりしない動きをしながらも結局下抜け128.77円まで下落のポンド円、この128.77円が当面の底値となってくるかに注目です。来週132円台、下げても131円台をサポートにし133円台へ戻し、133円をサポートに堅調な流れとなれば50日線134円まで上昇する流れとなってこれるでしょうか。
また、来週もポンドドルが下値1.54ドルをなんとか守れるのかに注目したいです。今週末の流れを引き継ぎ堅調に推移すれば、1.56~1.57ドルまでの上昇となってくるでしょうか。



今日も帰省中の為、ちょっと駆け足気味の文章で、オージー円の分析がなくて申し訳ないです。今日は自宅に戻る予定にしており、午後から出発し夜には自宅に戻ります。
今年の夏休みはよく遊びました・・・子供たちは喜んでいましたが、私は疲労がたまっています。(汗)今日明日はゆっくり休んで、来週からまた普段どおり頑張りたいと思います。



最後まで読んでいただき、ありがとうございました。最後に以下のバナーをクリックしていただけるとうれしいです!応援がとても励みになってます、どうぞよろしくお願いいたします!!
         ↓↓

誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ 人気ブログランキング誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママにほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・(スイング派)へ
スポンサーサイト



コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1503-623c3bb0
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替