FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

今朝発表された日・第2四半期GDP・一次速報は市場予想前期比+0.6%に対し結果前期比+0.1%と弱い結果、前期比年率では市場予想の+2.3%に対し結果+0.4%と大変弱い結果となりました。
この結果を受け日経平均は寄り付きから108.24円下落してスタート、-86.53円の9166.93円で前場は引けています。
為替は景気回復への懸念からリスク回避の流れとなり、ドル円は86円台前半から85.72円まで下落、クロス円はユーロ円が109.23円、ポンド円が133.2円、オージー円は77円割れのところまで大きく下落しています。

今週の概要は外為オンラインの「兵ブロガーの週間相場予想」の方にも書かせていただきましたが、先週15年ぶりの安値84.72円を付けたドル円がまだ円高目指していくのかに注意したいです。あまりやる気のなさそうな政府と日銀が、追加緩和策など円高けん制の策をとってくるのかにも一応注意しておきたいです。

今週の政策金利関連は、17日にRBA議事録、18日にBOE議事録の公表が予定されています。
どちらも特に新しい事項は出てこないと思いますが、公表時には注意しておきたいです。

今週の主な経済指標等は、16日に日・第2四半期GDP・一次速報、米・8月NY連銀製造業景気指数、米・6月対米証券投資、17日に英・7月消費者物価指数、独・8月ZEW景況感調査、米・7月生産者物価指数、米・7月住宅着工件数/7月建設許可件数、米・7月鉱工業生産、19日に英・7月小売売上高指数、米・新規失業保険申請件数、米・8月フィラデルフィア連銀景況指数、20日に加・7月消費者物価指数などの発表が予定されています。

先週はドル円が84.72円まで15年ぶりの円高を更新、欧州通貨の急落など引き続き動きの激しい週となりました。
今週もリスク回避の動きから、落ちついてきたかのように見えるドル円がまたも下を目指すのか、欧州通貨の軟調は続くのかなど、急落警戒の相場となりそうです。下落が続いている株価の動向などに注意しながら、今週も頑張っていきましょう!


今日は、85円台へ逆戻りのドル円、1.28ドルも割れてしまったユーロドル、133円は守れるかのポンド円を勝手に分析です。では、続きをご覧ください。


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。クリックしてご覧ください。
先週9日は85.38円でオープンし、その後は徐々に上昇し86円を目指す上昇となり、10日も86.23円まで上昇も、FOMC後は85円台前半まで大幅に下落、11日は世界経済への不安の高まりからリスク回避の動きが加速、ドル円も昨年11月26日の安値84.80円を下抜け一時84.72円まで下落しました。しかし、しかし日銀介入観測・追加緩和観測でそれ以上の下げとはならず12日、13日は86円台まで戻し、86.18円と86円台をキープして引けました。

今日は86.17円と先週の引け値と変わらずにオープンしたものの、午前8時台には86円割れ、第2四半期GDP・一次速報を受け85.72円まで下落し、現在は85.80円付近で膠着状態です。
落ちつきを取り戻しかけているドル円、ここから戻す流れとなれば、85.80円付近をなんとか維持しながら86円へ、そして86円台前半をこなし86.50円付近まで戻せるかを見たいす。
一方ここから下方向となると85円~8月11日の安値84.72円を守れるかが注目されます。ここを維持できなければ、また15年ぶりの安値に突入となってきますが、介入警戒感がまだある今は、そこまで急には下げてこないだろうと思います。政府・日銀のこの円高への具体的対応があるのかは、あまり期待はできないものの一応注意しておきたいです。



【EUR/USD 日足】
eurusd
ユーロドル日足です。クリックしてご覧ください。

先週9日は、1.33ドル付近を推移していたのですが1.33ドルをしっかり越えることができず欧州時間から下げ始め、NY時間午後には1.32ドル台前半での推移となり、10日以降も軟調な流れが続き、11日には50日線1.2823ドル付近まで大幅下落し週末には50日線も割り込み1.2753ドルで引けました。

今日は1.2760ドルでオープンし、今のところは1.2780ドル台で推移、じり高となっています。
ここから上方向へ戻ると、まず1.2800ドルを越え、50日線1.2823ドルをしっかりと超えることができるか、そして1.2880~1.29ドルまで戻せるかを見たいです。
一方、下方向だと、1.2750ドル付近~1.2730ドルではなんとか止まれるかに注意したいです。



【GBP/JPY 日足】
gbpjpy
ポンド円日足です。

先週9日は136.29円でスタートし137円手前まで上昇しましたが、137円を前に上値を抑えられ136円台半ばで引け、10日は1日を通し軟調に推移し135円付近まで下落、FOMC後は一時134.91円の安値を付け、11日はBOE四半期インフレレポートで「GDP見通しを引き下げ」「インフレ率は12年で2%下回る」などの内容となりポンドが大幅に下落、ポンド円は一時132.78円まで大幅下落となりました。しかし12日はなんとか133円を守り切り底堅さを見せ、昨日は上下しながらも、始値と終値は134.35円付近でほぼ変わらずでした。

135円-133円のレンジではっきりしない動きとなっているポンド円ですが、このレンジをどちらに抜けるかに注意です。
今日は133.20円まで下落し現在133.70円付近のポンド円ですが、ここから堅調な流れとなれば134円台へ戻し、134円半ばをしっかりと超え、50日線135円付近を超える流れとなってくるかに注目です。135円を超えると、136円台、そして8月初めの137円台へと上昇できるかです。
一方ポンド円軟調推移となると、これまでのように133円ではなんとか止まれるかに注目です。133円で止まれないようだと、131円付近までの下げを考えておきたいです。

ポンドドルも1.6ドル手前が天井となり先週は5日連続陰線となりました。今のところ1.55ドル台では下げ止まっていますが、ここで反発とならずまだ下落となると200日線1.5425ドル付近までの下落も考えられ、そうなるとポンド円にも下向きの圧力がかかります。ポンドドルが1.55ドル台で下げ止まり反転できるのか、今週もその動きに注意しておきたいです。



最後まで読んでいただき、ありがとうございました。最後に以下のバナーをクリックしていただけるとうれしいです!応援がとても励みになってます、どうぞよろしくお願いいたします!!
         ↓↓

誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ 人気ブログランキング誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママにほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・(スイング派)へ
スポンサーサイト






コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1491-2ddec97e
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替