FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日は発表された米・5月S&P/ケース・シラー住宅価格指数は、市場予想前年比+3.85%に対し、結果前年比+4.61%と予想より強い結果となりました。一方、米・7月消費者信頼感指数は、市場予想51.0に対し結果50.4と予想より弱い結果となりました。
NYダウは、米指標結果はまちまちで7月消費者信頼感指数の結果が相場を圧迫したものの、デュポンなどの決算内容が良かったため、前日比+12.26ドルの10537.69ドルと小幅続伸しました。

先ほど、10:30に発表された豪・第2四半期消費者物価は、市場予想前年比+3.4%に対し結果前年比+3.1%と予想より弱い結果となり、現時点でオージーは対米ドルで0.8924ドル、対円で78.24円まで大きく売られています。

今日これからの主な経済指標等は、米・6月耐久財受注、独・7月消費者物価指数・速報値などの発表が予定されています。
また今週は、今日28日に5年債370億ドル、明日29日に7年債290億ドルの米国債入札が予定されており、入札を受けての米長期金利の動向にも注意しておきたいです。

政策金利関連では今日(日本時間29日3:00)にベージュブック、そして明日29日早朝6:00にRBNZ政策金利発表が予定されています。
RBNZ政策金利発表は、0.25%利上げされ政策金利は3.00%となることが予想されています。利上げはすでに織り込まれています。政策金利発表後の声明文で追加利上げに言及があるかに注目したいところで、追加利上げを示唆した声明文となるとNZDは買われそうです。

昨日は東京時間は特段動きがなかったですが、欧州時間からは欧州金融機関の好決算による株価上昇から円売りが進みました。NY時間もその流れは続き、ドル円は87.97円と88円手前まで上昇、クロス円も大幅に上昇しユーロ円114.41円、ポンド円137.20円、オージー円79.42円、NZ円64.67円、カナダ円85.39円の高値を付けました。
特にポンドは階の勢いが強く、昨日はポンドドルが4月15日の高値1.5523ドルを抜き1.56ドルまで上昇、そしてポンド円もついに上方ブレイクし137.20円まで上昇しています。

今日は昨日の高値からは売られていますが、ドル円、クロス円とも底堅い推移となっています。今日も昨日の流れを引き継ぎ、ドル円は上昇し88円台に乗せることができるか、クロス円も崩れず底堅く推移し更に上を目指していくのかなど見ていきたいです。では、今日も頑張りましょう!


今日は、88円台に手が届く位置に来たドル円、昨日は高値更新も1.3ドルでは足踏みのユーロドル、ポンドドル・ドル円の上昇で3円近い上昇となったポンド円を勝手に分析です。では、続きをご覧ください。


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。クリックしてご覧ください。
先週ドル円は87円台へ上昇するも87円台半ばでは抑えられ86円台へ下落という動きが続いていましたが、週末23日は堅調に上昇し87.39円と87円台を維持して引けました。

週明けの26日は87.46円でオープンし87.71円まで上昇、しかし徐々に売られ欧州時間には87円割れ、NY時間も6月新築住宅販売件数発表後87.39円まで戻すも、再び86円台後半へと下落しました。
27日は東京時間は86.90円を中心に上下10銭の狭いレンジを推移していましたが、欧州時間に上へブレイクし87.40円台へ、NY時間には更に上伸しNYクローズには87.97円の高値を付けました。

今日も今のところ87.8円台で堅調に推移しているドル円ですが、今日はここから88円台へ乗せ88円台半ばへ上昇できるか、そしてそしてまだ上昇の勢い続けば、7月12日の高値89.15円を目指し上伸していけるかを見たいです。
一方、軟調な流れとなると87.40円付近で止まることが出来るか、87.40円を下抜けると87円~86.80円ではしっかりとサポートされるでしょうか。



【EUR/USD 日足】
eurusd
ユーロドル日足です。クリックしてご覧ください。
ユーロドルは先週1.3ドル越えを目指すも、1.3ドル台では売られ1.29ドル台へ、そして週半ばは1.27ドル台前半まで売られましたが再び1.29ドル台へ上昇し1.2911ドルで引けました。

週明けの26日は1.2890ドルでオープンし欧州時間までは1.29ドル台での推移でしたが、NY時間にはダウの上昇もあり1.3ドルまで上昇、その後も1.298ドル~1.3ドルの間を堅調に推移しました。
27日もNY終盤の流れを維持し1.2980ドル付近をサポートに堅調に推移、欧州時間には7月20日の高値1.3027ドルを抜き1.3045ドルまで上昇も、NY時間には再び1.298ドル~1.3ドル中心のレンジとなりました。

今日は一時1.2966ドルまで下落も再び1.3ドル付近へと戻してきています。今日はこのまま下げても1.2980ドル付近をサポートに、7月20日の高値1.3027ドル、昨日の高値1.3045ドルまで上昇できるでしょうか。そして更に上昇という流れとなれば、5月10日の高値1.3094ドルが見えてきます。
一方、軟調な流れとなり1.2980ドルを割りこむと、1.295~1.294ドルまでの下落となるか、まだ下げても1.29~1.2880ドル付近では支えられるでしょうか。



【GBP/JPY 日足】
gbpjpy
ポンド円日足です。
先週は131円~133円台後半で上値の重い流れでしたが、23日は134円のレジスタンスを越え135円まで上昇、134.78円と134円台後半まで引け値が上昇しました。
週明けの26日は134.84円でオープン、その後大きく上昇し135.58円を付けるもドル円が下落したこともあり134.39円までの下落となりました。昨日は欧州時間から上昇、NY時間には上昇加速しついに136円越え、それからも上昇は続きNYクローズには137.20円の高値を付けました。

荒々しく動きながらも大きく見て131円~136円のレンジからは抜け出せなかったポンド円、ついに昨日ポンドドルが4月15日の高値1.5523ドルを抜き1.56ドルまで上昇、ドル円も87.97円までの大幅な上昇と、上昇条件が揃い安値134.44円から高値137.20円まで約2.8円の大幅な上昇となり、しっかりとレンジを抜けてきました。

今日は137円手前で推移していますが、昨日の流れを引き継ぎここから昨日の高値137.20円を越え137円台半ばへ、そして138円を目指すことができるでしょうか。
一方、また弱い流れとなると、今日のサポート136.50円付近は維持できるか、維持できず下落してもこれまでのレジスタンスである136円までには止まれるかを見たいです。

ポンドドルは今年4月15日、1.5523ドルまで上昇も売りに押され反落、そして3ヶ月ちょっと経った7月26日再び1.5520ドルまで上昇、そして昨日、ついにしっかりと1.55ドルのレジスタンスを越え1.56ドルまで上昇、1.5582ドルで引けました。
これからは1.55ドルをサポートとし1.58ドル~1.6ドルを目指す新たなステージへ入ることができるでしょうか。この8月9月に量的緩和の終了や、サプライズの早期利上げなどの材料を後押しに上昇を続ける可能性を考えながら、突然の反転下落には注意しながら慎重に動きを追っていきたいです。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。最後に以下のバナーをクリックしていただけるとうれしいです!応援がとても励みになってます、どうぞよろしくお願いいたします!!
         ↓↓

誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ 人気ブログランキング誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママにほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・(スイング派)へ
スポンサーサイト






コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1474-3ee7d533
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替