FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

今日はまずクリック証券のご紹介をします。

クリック証券は、現在創立5周年を記念し、FX取引で一定条件を満たした方に対して年利15%相当の現金をプレゼントするという、すごいキャンペーンを実施しています!!
当ブログでもこのお得なキャンペーンを何度かご紹介しましたが、あまりにもお得すぎるキャンペーンだったようで、当初の見込みをはるかに上回る方々がキャンペーンに参加したため、やむを得ずキャンペーン終了日が2010年7月31日⇒2010年7月17日へと2週間短縮されることとなりました。

そのあまりにもお得なキャンペーンの概要は以下の通りです。

【キャンペーン概要】
FX取引で、一定条件を満たされた、個人の方を対象として、キャンペーン期間中におけるFX取引口座への入金額から、クリック証券の定める判定日までの出金額を差し引いた、純入金額に対して、年利15%相当額である2.5%(年利15%÷12カ月×2カ月)分を現金でプレゼント。詳細はクリック証券HPをご確認ください。

【キャンペーン期間】
2010年6月14日(月)~2010年7月17日(土)

【プレゼント金額】
純入金額(※)×2.5%(最大 250,000円)
※(キャンペーン期間中のFX取引口座への入金額)-(クリック証券の定める判定日までの出金額)
判定日:9月11日 5:59~9月18日 5:59 詳細はクリック証券HPをご覧ください。

【適用条件】
①キャンペーン期間中にFX取引口座へ通算で10万円以上の入金(※振替含む)
②取引回数計算期間において、FXの新規建て取引を5回以上


やはり、すごい太っ腹キャンペーンですよね~!キャンペーン中に100万円入金して新規取引を5回すると25,000円、1000万円入金ならなんと250,000円(これが最大のプレゼント金額)プレゼントとは、なんとも美味しすぎるキャンペーンです新規取引を5回はすぐクリアできる回数ですし、まだの方はぜひ参加しておきたいキャンペーンですね!こんな太っ腹キャンペーンはなかなかないですし、キャンペーンに参加されたい方は締切まであと2週間しかないので、急いでクリック証券に口座開設をして下さいね!


今日は日曜日ということで、FXの基礎知識を更新します。今回は、前回・前々回に続きストキャスティクスについてお話ししたいと思います。では、続きをご覧ください。
(気になる今週の相場については、昨日の記事「欧州通貨上昇は続くか、週末のクロス円分析」の方をご覧ください。)


ストキャスティクスは、アメリカのジョージ・レーン氏によって考案されたテクニカル指標で、「売られ過ぎ」「買われ過ぎ」を判断するための指標、オシレーター系指標に分類されています。ストキャスティクスは愛用者も多い、大変ポピュラーな指標です。
ちなみに、だいぶ昔の記事ですが、過去記事に、トレンド系・オシレーター系について触れておりますので、お時間ございましたらご覧ください。

○先週までのストキャスティクスについての記事はこちら
・ストキャスティクスについて・1
・ストキャスティクスについて・2



audusd

先週もお話ししましたが、ストキャスティクスの基本的な使用法は、
30%以下が「売られ過ぎ」、70%以上が「買われ過ぎ」と考え、

・30%以下で買いサインが出た時に買い
・70%以上で売りサインが出た時に売り

という形をとります。

30%より20%以下、70%より80%以上としたほうがより精度は高まりますが、20~30・70~80の間でサインが出た時は、それに従うと考えてよいと思います。


usdchf
この方法で気をつけていただきたい点は、これはオシレータ系の指標全体について言えることですが、大きなトレンドが出た時には機能しなくなってしまうということです。
サインが出て、「レンジレンジ、買われ過ぎだからショート、ショート♪」と思いショートすると、レンジを抜けてそのまま上昇・・・・、損切りという結末になる可能性もあります。
オシレータ系の指標はプライスが一定の値幅内で推移するレンジ相場では有効に機能しますが、上のドルスイスのチャートのように強いトレンドが出た時には上に(または下に)張り付いてしまい、有効な指標ではなくなります。
それを踏まえてストキャスティクスだけを売買指標にするのではなく、トレンド系の移動平均線など他の指標と組み合わせて弱点を補う必要があります。




最後に、逆行(ダイバージェンス)についてお話します。

eurusd
典型的な例として、ユーロドルが史上最高値を付けた時のことを挙げてみます。
こちらはユーロドル週足です。
トレンドは上昇トレンド、1.6ドルをつけた後下落し再び1.6ドルを超えてきていましたが、オシレーター(スローストキャス・MACD)は前回の水準まで上昇せず下降を示唆しています。そしてその後実際に下降しています。
相場が上昇・下降を続けて加熱しているときにこのような現象がでれば、これ以上の上値追い、または下値をさらに売っていくのは危険だという目安になります。先を予測するための一つの材料としてダイバージェンスはかなり有効だと思います。
ダイバージェンスは非常に興味深い、特に相場が過熱しているときに見ておきたい指標です。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。最後に以下のバナーをクリックしていただけるとうれしいです!応援がとても励みになってます、どうぞよろしくお願いいたします!!
         ↓↓

誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ 人気ブログランキング誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママにほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・(スイング派)へ
スポンサーサイト






コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1450-7bf74af8
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替