FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日は主な経済指標の発表はありませんでした。
NYダウは、小動きの中、商品市場の上昇によりエネルギー関連株が下値を支え小幅続伸し、終値は前日比+16.47ドルの10450.64ドルで引けました。

さて、来週の相場ですが、23日のFOMC政策金利発表、26・27日のG20サミットが主な注目材料です。そして欧州の債務問題はとりあえず落ちついたのか、来週も慎重に判断していきたいです。

政策金利関連では、23日にBOE議事録、FOMC政策金利発表が予定されています。
FOMC政策金利発表は今回も、異例の超低金利政策を長期間にわたって維持するという文言に変更はないと思われますが、「長期間」の文字に変更があるかどうか、また、その景気見通しなどに注目したいです。

来週の主な経済指標等ですが、22日に独・6月IFO景況指数、加・5月消費者物価指数、米・5月中古住宅販売件数、23日に加・4月小売売上高、米・5月新築住宅販売件数、24日にNZ・第1四半期GDP、米・5月耐久財受注 、米・新規失業保険申請件数、25日に日・5月全国消費者物価指数、米・第1四半期GDP・確報値/第1四半期個人消費・確報値 、米・6月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値などの発表が予定されています。
また、来週は22日に2年債400億ドル、23日に5年債380億ドル、24日に7年債300億ドルと総額1080億ドルの米国債入札が予定されており、入札を受けての米長期金利の動向にも注意しておきたいです。 週末にはカナダ・ハンツビルで25・26日にG8サミット、26・27日にG20サミットが開催されます。

昨日は注目すべき経済指標の発表もなく、全体的に方向感に欠ける値動きとなりました。ドル円は91円台へ戻れず、高値90.95円、安値90.44円と17日の安値90.50円を下回る安値を付け、ユーロドルも高値1.2416ドル、安値1.2352ドルと小動きながら17日の高値1.2412ドルを超える高値を付け、他の通貨ペアでも緩やながらもドル売りが進みました。
今週はドル円はほとんど動かなかったですが、対ユーロなど他の通貨に対しては緩やかにドル安が進んだ週となりました。方向感掴みづらい流れが続きますが、その中で来週も全体的に穏やかにドル売りが進んでいく(=リスク許容度が上昇するのか)を見ていきたいです。


今日は、週末のクロス円分析ということでユーロ円、ポンド円、オージー円を勝手に分析です。では、続きをご覧ください。


【EUR/JPY 日足】
eurjpy
ユーロ円日足です。クリックしてご覧ください。

今週はムーディーズによるギリシャ国債の格下げや、欧州系金融機関のリスク資産トレードによる巨額損失の報道など相変わらず悪材料は出たものの、スペイン債の入札が好調に終わったことや7月にストレステストの結果を公表することからユーロは対米ドルで堅調に推移し、ドル円が冴えない動きの中ユーロ円は高値113.31円、安値110.85円とほぼ111円~113円のレンジ内での底堅い動きとなりました。

欧州ソブリン危機の問題は本当に先行きが不透明で、一時的な措置はとられても根本的な解決は依然かなり困難な状況です。今後もよい材料が出てある程度上昇したとしても、懸念材料から戻りは売られる、本格的回復はまだまだ、という流れとなることを想定しておきたいです。
金利面で見ても利下げの話はあっても利上げの話はまだまだ当分先の話になりそうなユーロ、オージーに続いてカナダドル、NZDも利上げし、米ドルもいつ利上げするのか市場の注目が集まる中、積極的に買われるような状態ではないことも頭に入れておきたいです。

今週はドル円が軟調だったもののユーロドルの上昇から、ほぼ111円~113円のレンジ内での底堅い動きとなりました。来週もFOMCやG20を前にし、このレンジを継続して方向感のない流れとなってくるでしょうか。
来週もし113円をしっかり抜けて上昇となると、113円をサポートに114円台、そして115円を目指す流れとなるかを見たいです。一方ユーロドルの急落などにより来週111円を下明確に下抜けてしまうと、109円付近までの下落を考えておきたいです。

ユーロ円の上昇にはユーロドルの完全な反転上昇が必要で、ユーロドルがしっかり上昇してこない限り強い流れには到底なりにくいでしょう。ユーロドルは反発しているもののまだ中長期的に反転とは言い難いレベルで、来週1.22~1.23ドル台を維持しながら5月28日の高値1.2452ドル、そして1.25ドル、5月21日の高値1.2672ドルを目指す動きとなってくるか、ユーロドルがどこまで反発できるのかに注目です。



【GBP/JPY 日足】
gbpjpy
ポンド円日足です。
今週は下値は133.38円をつけるも134円付近では底堅く推移し、上値は50日線の走る136円付近では抑えられ、閉塞感の漂う流れとなりました。

今週は結局はっきりした方向が出ないまま134.42円で引けましたが、来週は動きが出て上昇の流れとなれば134.5円付近をサポートに、135円を超え50日線が走る135.86円を超え、138円~139円台への更なる上昇へとつなげることができるかを見たいです。
一方下方向の流れとなり134円を明確に下抜けるとなると、133.40円付近~133円ではなんとか下げ止まれるか,133円を大きく下回ると131円付近までの下落が考えられます。

ポンドドルは今週、利上げ観測などから堅調に推移し、昨日18日は一時1.4885ドルの高値をつけ、1.4823ドルで引けました。来週も、50日線の位置する1.4810ドルをサポートにし昨日18日の高値1.4885ドル超え、1.49ドル、1.50ドルの大台を目指す堅調な流れとなるかを見たいです。そうなってくればポンド円も止められている136円を越え、上を目指す流れとなりそうです。



【AUD/JPY・AUD/USD 日足】
audjpyaudusd
オージー円・AUD/USD日足です。
オージー円は、先週はAUD/USDの上昇により底堅く推移し、高値79.59円、安値77.50円と約2円幅、ほぼ78円~79.2円のレンジ内での推移となりました。

昨日は一時78.36円まで下落するもAUD/USDの堅調推移からそれ以上の下落とはならず、79.07円と79円台へ乗せて引けました。
来週もこの基調が続けば、下げても78円付近ではしっかりとサポートされ、79円台を維持しながら80円トライとなってくるでしょうか。80円はしばらくは超えられないレジスタンス、一旦の利確ポイントとなるのではと思いますが、もし80円をあっさり越えてくれば、80円をサポートとしたまた新たなステージとなってくるでしょう。
一方79円台で止められ78円を割れ下方向への動きとなると、76円付近ではなんとか下げ止まることができるでしょうか。

AUD/USDは今週14日に5月28日の高値0.8550ドルを超え、その後も堅調に上昇しダブルボトム形成のわかりやすい上昇をしています。オージー円よりずっとわかりやすいですね。
今週は0.8718ドルで引けましたが、来週も0.87ドルをサポート、下げても0.8550ドルではしっかりと支えられ、0.89ドル、そして大きな節目0.9ドルを目指し上昇できるかに注目です。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。最後に以下のバナーをクリックしていただけるとうれしいです!応援がとても励みになってます、どうぞよろしくお願いいたします!!
         ↓↓

誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ 人気ブログランキング誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママにほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・(スイング派)へ

スポンサーサイト






コメント
FX大好きママへのコメント
パパ的来週の相場予想。

日本がオランダを撃破して日経平均が1週間で3万円を突破、欧州人に恨まれて対ユーロで壮絶円売り、1ユーロ200円に!





予想でなく妄想ですね(笑)

すみませんでしたorz
2010/06/19(土) 14:30 | URL | 小遣い?万円パパ@オランダ撃墜準備中 #-[ 編集]
昨日は残念でしたね。
日経平均3万円越え、見てみたいなあ~!私の持ち株達も大きくプラスになって大儲け、笑いが止まらないでしょうね~・・・。(妄想)
あ、1ユーロ200円になったら、パパさんのオージー円77.77Lも爆益でしょうね~♪
2010/06/20(日) 10:02 | URL | FX大好きママ(しましま) 誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐF #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1435-7c659beb
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替