FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日のBOE政策金利発表では、政策金利は0.5%で据え置き、資産買取プログラムも2000億ポンドに据え置きとし、市場予想通りの結果でした。
また、注目されていたECB政策金利発表は、政策金利は1.00%に据え置きとこちらも市場予想通りとなり、また、流動性供給策の延長が発表されました。トリシェECB総裁の会見では、「ユーロは非常に信頼できる通貨」「ユーロの存続を懸念したことは一度もない」「政策金利は依然として適切」などの見解を示しました。

昨日発表された米・4月貿易収支は、市場予想410億ドルの赤字に対し結果403億ドルの赤字と赤字幅が縮小しました。米・新規失業保険申請件数は、市場予想45.0万件に対し結果45.6万件と予想より弱い結果となりました。
NYダウは、中国が5月の貿易統計で輸出が前年比50%近く増加したことや、スペイン国債入札が好調でソブリン債リスクが後退したこと、売りこまれたエネルギー関連株が買われたことなどから大幅に上昇し10000ドルの大台を回復、終値は前日比+273.28ドルの10172.53ドルで引けました。


今日の主な経済指標等ですが、英・4月鉱工業生産、米・5月小売売上高、米・6月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値などが予定されています。米・5月小売売上高は市場予想前月比+0.2%、除自動車では前月比+0.1%の予想となっています。

昨日は、NYダウが1万ドルの大台を回復し273ドルもの上昇をしたことや、スペイン国債入札が好調でソブリン債リスクが後退したこと、欧州経済指標の好調、トリシェECB総裁の発言を受けてのユーロの上昇により、円売り、ドル売りが進みました。ドル円は引き続き方向感ない流れでしたが、ユーロドルは東京時間に1.1956ドルの安値を付けてからは大変堅調な動きとなり、NY時間には1.21ドルを超え、一時1.2140ドルまで上昇しました。また、ポンドドルなど他通貨ペアでもドル売りが進み、クロス円も大幅に上昇しました。
今日もこの円売り、ドル売りが続くのか、ユーロの上昇はまた続くのか、不安定な値動きが続きますが今週最後の1日を頑張っていきましょう!


今日は、91円台が居心地がよさそうなドル円、1.21ドル台へ戻しまだ上値を狙うかのユーロドルを勝手に分析します。では、続きをご覧ください。


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。クリックしてご覧ください。
今週は、上値は92円付近で抑えられ、下値は91円割れ付近で支えられ、全くといっていいほど方向感のない状態となっています。

今日東京時間は高値91.74円、安値91.43円と少し上にシフトしながらも膠着状が続いています。
ドル円は、どちらかに走るのを待つしかない相場となりそうですが、ここから上昇となれば、91円台半ばを維持しながら今日の高値91.74円を上抜け92円台へ上昇できるか、そして92円付近で値固めし、4日の高値92.88円まで上昇できるかを見たいです。
一方、下向きの流れとなるとまず今週のように91円付近では止まることができるか、もし91円を大きく割ってしまうと90.60~90.50円付近ではしっかりと止まれるかを見たいです。



【EUR/USD 日足】
eurusd
ユーロドル日足です。クリックしてご覧ください。
今週7日は1.1926ドルと下へ窓をあけスタート、スタートしたばかりの相場で1.1876ドルまで年初来安値を更新、その後は株価の持ち直しやハンガリーの債務問題への懸念後退などから1.19ドル台へ戻し1.1910ドル付近をサポートに推移,8日はハンガリーに続きブルガリアの債務問題が懸念されるなどで軟調な流れとなったものの1.19ドルでは底堅くNY時間には一時1.2008ドルまで上昇、しかし1.2ドル台は保てず1.19ドル台半ばで落ちつきました。そして9日は1.19ドル台前半で支えられながらNY時間に1.2ドルを超え一時1.2073ドルまで上昇するも、ダウの下落もありNYクローズには再び1.2ドルを割り込みました。
昨日10日は、スペイン国債入札が好調でソブリン債リスクが後退したこと、欧州経済指標の好調、トリシェECB総裁の発言を受けてユーロドルの上昇は長く続き、東京午前の安値1.1956ドルから堅調に上昇しNYクローズには1.2140ドルの高値をつけました。

今日は高値からはゆるやかに下落し、現在1.21ドル付近での推移となってます。今のところ1.21ドルがサポートとなっていますが、今日は1.21ドルを守り今日の高値1.2148ドルを超え、1.22ドル台まで上昇できるかを見たいです。
一方また1.21ドルを割り下落となると、1.2ドルではしっかりサポートされるかです。1.2ドルも割れてしまうようだと、昨日の安値1.1956ドル付近が意識されます。
ユーロドルは1.21ドル台まで上昇しましたが、まだ完全に底を売ったとは言いきれない形で、近々6月7日の安値1.1876ドルをもう一度目指してくる可能性も十分あり、引き続き急落には注意、売り場を探す局面と言えるでしょう。

長期で見るとユーロドルは昨年11月25日に1.5143ドルの高値を付けてからの下落がまだまだ続いていると見られ、月足でも200日線を割り込んできています。今後も中長期で下を目指すのか、他通貨にも大きく影響するユーロドルの動きは今後も要注目です。



最後にクリック証券のご紹介を少し。

クリック証券はすべての通貨ペアにおいて、スプレッド値の原則固定化を実施しています!!
(注:相場急変時等に拡がる場合があります)
スプレッド固定率は2010年1月の実績で99.8%と原則固定にふさわしい実績となっています。

そのスプレッドですが、以下の通りとなっています。

米ドル/円 0.8     
ユーロ/円 1.8       ユーロ/米ドル 1.6
ポンド/円 2.8       ポンド/米ドル 3.0
豪ドル/円 2.0       豪ドル/米ドル 3.0
NZドル/円 2.4       米ドル/スイスフラン 3.0
カナダドル/円 3.0     ユーロ/スイスフラン 4.0
スイスフラン/円 3.0    ポンド/スイスフラン 4.0
ランド/円 4.0

ドル円0.8、ユーロ円1.8、ポンド円2.8と、原則固定なのにかなり狭いスプレッドです!!私がよく取引するオセアニア通貨は他の業者だとスプレッドは3銭~5銭のところが多いですが、クリック証券ならオージー円もNZ円も2銭台ですよ!このスプレッドの狭さがうれしいです。スプレッドがこれだけ狭くて、その上固定だと短い足のトレードもかなり有利にできます♪

また、現在クリックFXでは、新規でFX取引口座を開設された方に最大1万円キャッシュバックキャンペーンを実施中です!FX取引口座を開設後、FX開設日の翌日から起算して30日目までに50万通貨単位以上(新規・決済・通貨の別は問いません)の取引をされた方に5,000円 、100万通貨単位以上の取引をされた方には10,000円 、キャッシュバックしてくれます♪
(2010年6月30日まで)
全通貨ペアスプレッド原則固定かつ狭スプレッドで、有利な取引環境のクリック証券、キャッシュバックキャンペーンも実施しているこの機会に、ぜひ口座を持たれてみてはいかがでしょうか。

クリック証券


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。最後に以下のバナーをクリックしていただけるとうれしいです!応援がとても励みになってます、どうぞよろしくお願いいたします!!
         ↓↓

誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ 人気ブログランキング誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママにほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・(スイング派)へ
スポンサーサイト






コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1426-9bea4474
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替