FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

今週はドル円・クロス円とも先週の終値とほぼ変わらない水準でスタートし、堅調に推移しています。今朝ドル円は91.43円、ユーロ円は112.66円、ポンド円は132.45円、オージー円は77.55円まで上昇、現在も底堅い流れとなっています。

トラコミュ FXのデイトレードで儲ける

今週の概要は外為オンラインの「兵ブロガーの週間相場予想」の方にも書かせていただきましたが、1日のRBA政策金利発表、BOC政策金利発表、4日の米国雇用統計、G20など注目材料が大変多いです。

政策金利関連では1日にRBA政策金利発表、BOC政策金利発表が予定されています。RBA政策金利発表は、4.50%で据え置きが確実視されています。声明文では、今後の政策金利に関しての見通しなどに言及があるかに注目したいです。
BOC政策金利発表では、0.25%の利上げ予想となっています。声明文では今後の利上げペースについて言及があるかに注目です。

4日には米国雇用統計の発表が予定されています。市場予想は5月非農業部門雇用者数は+50.0万人、5月失業率は9.8%となっています。先月は非農業部門雇用者数は+29.0万人、5月失業率は9.9%で非農業部門雇用者数は大幅に増加、失業率は悪化というまちまちの結果となりましたが、今回はどちらも予想を上回る改善となりドル上昇となるでしょうか。

その他今週の主な経済指標ですが、31日に欧州・5月消費者物価指数・速報値、加・3月GDP/第1四半期GDP、1日に豪・4月小売売上高、米・5月ISM製造業景況指数、2日に豪・第1四半期GDP 、米・4月中古住宅販売保留、3日に豪・4月貿易収支、欧州・4月小売売上高、米・5月ADP全国雇用者数、米・新規失業保険申請件数、米・5月ISM非製造業景況指数、4日に欧州・第1四半期GDP・改定値、加・5月失業率/5月雇用ネット変化などの発表が予定されています。
また、今日はロンドン市場がバンクホリデー・米国市場がメモリアル・デーで休場、6月4・5日には釜山でG20財務相・中銀総裁会議が開催されます。

先週はリスク回避の流れ、その巻き戻しの流れと不安定な相場となりましたが、今週は相場も落ちつきを取り戻しドル円・クロス円は上昇となるのか、注意深く流れを見ていきたいです。今週は米国雇用統計、G20、RBA・BOC政策金利発表等注目材料盛りだくさんで、また激しい値動きとなるかもしれませんが、週末まで気を引き締め頑張りましょう!


今日は、91円台を維持し上昇なるかのドル円、1.24ドルを超えていけるかのユーロドル、今週131円をサポートに上昇していけるかのポンド円を勝手に分析します。では、続きをご覧ください。


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。クリックしてご覧ください。

先週ドル円は89円台前半~90円台半ばのレンジで推移していましたが、27日は朝の90円割れの水準からほぼ一貫して上昇の流れとなり、NY時間にはそれまで抑えられていた90.60円まで上昇、そしてあっさりその90.60円をサポートとする上昇をしレンジを上抜け91円台へ、週末28日は安値はそれまでのレジスタンスだった90.60円ではぴったり止まり、高値は91.40円まで上昇、91.05円で引けました。

今週は91円ちょうどでスタート、徐々に上昇し91.53円の高値をつけ、現在91.35ドル付近で推移しています。
先週レンジブレイクし91円台へ乗せてきたドル円ですが、今日も上方向となれば、91円をサポートに今日の高値91.53円まで上昇、そして91円台半ばを抜けて91.80円~92円への上昇の流れとなってくるでしょうか。
一方、91円~先週27日までのレジスタンスだった90.60円付近を大幅に割りこんでくると、再び89円台前半~90円台半ばのレンジとなることが意識されます。



【EUR/USD 日足】
eurusd
ユーロドル日足です。クリックしてご覧ください。

先週24日は1.2536ドルと先週終値から35pips下窓を開けスタート、下落基調が続き26日には今月18日の安値1.2143ドルに迫る1.2153ドルまで下落したものの、27日は中国が「中国がユーロ圏国債の保有めぐり外国銀行と協議」とのFT紙の報道を「根拠がない」と否定し、クウェートもユーロの運用方針に変更はないとの見解を示したことからショートカバーが進み、1.22ドル割れの水準から1.2394ドルまで上昇、週末28日は1.2452ドルまで上昇したもののフィッチがスペインの格付けを「AAA」から「AA+」へ引き下げたことなどから下落し1.2271ドルで引けました。

今週は1.2268ドルでオープン、その後1.23ドル台へ乗せ今のところ1.2320ドル付近で推移しています。
どうも1.24ドル付近では上値が重いユーロドルですが、先週の下落で底は付けたと考えダブルボトム形成となると、なんとか1.23ドル付近では下げ止まり、1.24ドルのレジスタンスを破り1.24ドル台へしっかり乗せ、5月21日の高値1.2672ドルを目指す上昇となるでしょうか。
一方、1.23ドル、そして1.2260ドルを割れてくると1.22ドル~1.2180ドル付近まで、そこで止まらなければ26日の安値1.2153ドル~2000年10月の安値0.8227ドルから2008年7月の高値1.6037ドルの上昇幅の半値押し1.2132ドルを目指す流れも想定しておきたいです。

長期で見るとユーロドルは昨年11月25日に1.5143ドルの高値を付けてからの下落がまだまだ続いていると見られ、今後も中長期で下を目指すのか、他通貨にも大きく影響するユーロドルの動きは今後も要注目です。


【GBP/JPY 日足】
gbpjpy
ポンド円日足です。

ポンド円は先週前半まで128円~131円のレンジが続いていましたが、27日にはそれまでのレンジ131円を超え133円付近まで大幅上昇、しかし週末28日は一時133.23円まで上昇するも、NY時間にはリスク回避の流れに押され一時130.86円まで下落、131.62円で引けました。

今週は131.16円と下窓を開けスタートしたものの、そこから132.54円まで大幅に上昇し現在132.25円付近で推移しています。今週上昇の流れとなると、下落しても131円のサポートはしっかり守り、現在止められている133円台へ乗せ、134円、135円を目指せるかを見たいです。
一方132円を下抜けると、なんとか131円のサポートでは下げ止まれるかが注目されます。131円を割り下方向に進めば130円の節目、そして先週前半までのレンジ下限である128円までの下落も見えてきます。

ポンドドルも27日は1.425ドル付近~1.45ドルでのレンジを抜け、1.46ドルまで上昇しましたが、28日は1.46ドルを上抜くことができず反落、1.4455ドルで引けました。今週は回復基調となり、ポンドドルが1.45ドルをサポートに1.48ドルまで戻すことができるのかに注目したいです。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。最後に以下のバナーをクリックしていただけるとうれしいです!応援がとても励みになってます、どうぞよろしくお願いいたします!!
         ↓↓

誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ 人気ブログランキング誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママにほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・(スイング派)へ
スポンサーサイト






コメント
FX大好きママへのコメント
ユーロドル1.22台へ動いてますね~!(^^) スキャルで小刻み戦法楽しんでます!
 P.S Ipad見てきましたよぉ♪ipadの周りだけ混んでましたね♪
気軽さがいいかもしれませんね!これで、トレードができるようになると、最高ですね☆
2010/06/01(火) 00:22 | URL | junichi #-[ 編集]
今日はオージー、カナダが面白いかも?どうなるでしょうか。
Ipad、興味はあるのですがまだ見に行ってません。あったらあったで便利よさそうですよね~!実物を早く見に行きたいです。
2010/06/01(火) 10:54 | URL | FX大好きママ(しましま) 誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐF #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1414-d6379084
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替