FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。

こんにちは。FX大好きママしましまです。

今日はまず、GFTのご紹介をしたいと思います。
GFTは業界最多の25通貨、128通貨ペアを提供、そしてそのチャート機能に大変定評のある会社です。例えば時間足ですが、1分~5分足までは1分毎、そして5分~1時間足では5,10,15,20,25,30~と5分ごとの足が用意されているという細やかさです。
もちろんテクニカル指標も85以上も用意されており、例えば移動平均線にしてもただの「移動平均線」ではなく単純移動平均線や加重移動平均線など5種類から選択可能です。GFTなら、ご自分に合った指標が見つかるのではないでしょうか。今お使いのチャート機能にもう一つ納得いかない方は、ぜひGFTのチャートも試してみていただきたいです。

チャート機能が秀逸で納得のいくチャート分析ができるGFTですが、そのチャート分析を手助けしてくれる頼もしいレーディングツール:【オートチャーティスト】があります。このツールはGFT東京支店でライブ口座をお持ちの方であれば、無料で利用可能です。

【オートチャーティスト】はチャートパターン認識ソフトウェアで、ブレークアウトの発生やターゲットレベルの自動認識がすることができます。チャンスの見逃し、利食いの遅れなどを減らすのに有効なツールです。
ペナント、フラッグ、ウェッジ、トライアングルなど典型的なチャートパターンが形成されていてチャンスだったのに、気付かないままだった…なんてことはありませんか?それがこの【オートチャーティスト】を立ち上げておけば、チャートパターン形成(形成しそう)をポップアップ画面で知らせてくれるので、すべてのサインがその方向へ行くとは限りませんが、知らせてくれることは非常に心強いし、私達の負担も軽減しますね♪この「オートチャーチスト」については、先日の記事「充実のチャート機能を求めるならGFT東京へ!」に詳細を書いていますのでご覧ください。

現在、GFTでは口座開設キャンペーンを実施しています。新規口座開設をし、初回に30万円以上を預け入れ、90日以内に2万通貨の取引で5000円キャッシュバックしてくれます!詳細はGFTのHPをご覧ください。
キャッシュバックキャンペーンもあるお得なこの機会にぜひGFTに口座をお持ちになり、驚きのチャート機能を体感してください!


驚きのチャート機能をぜひ体感してください!


今日は日曜日ということで、FXの基礎知識を更新します。今日は、先週に続きチャートパターンから、天井圏や底値圏で現れるパターン、ヘッド・アンド・ショルダーについてお話ししたいと思います。では、続きをご覧ください。
(気になる今週の相場については、昨日の記事「クロス円は底打ちしたのか?週末のクロス円分析」の方をご覧ください。)


チャートパターン①、②では、

【フラッグ】
【ペナント】
【ウェッジ】
【トライアングル】

と、保合いで現れるパターンについてお話ししました。

そして前回は、天井圏や底値圏で現れるパターン

【ダブルトップ】
【ダブルボトム】

についてお話ししました。

○過去記事はこちら
チャートパターンについて①(フラッグ・ペナント・ウェッジについて)
チャートパターンについて②(トライアングルについて)
チャートパターンについて③(ダブルトップ、ダブルボトムについて)


今週は、先週に続き相場の天底で現れるパターン、パターン、ヘッド・アンド・ショルダーについてお話しします。



【ヘッドアンドショルダー】
hshs2
ヘッドアンドショルダーの図です。左はネックラインが垂直なもの、右はネックラインが斜めのものです。クリックしてご覧ください。

ヘッドアンドショルダー(三尊)は相場の天井で現れる典型的なパターンです。ヘッドアンドショルダーは、A・C・Eの3つの山から成っており、Cの山が人の頭のように最も高く、AとEがその両肩のような山を作ることからこの「ヘッドアンドショルダー」という名前が付けられました。
上昇トレンドの相場で、AからBへ下落するも再びCまで力強く上昇、そしてDへ下落するもまた反発、しかしEへの上昇はCの山を越えることができず、この上昇が終わりに近づいていることを私達に教えてくれます。

下げ止まった地点B,Dをつないだものをネックラインと呼びますが、Eから下落してきた相場はやがてこのネックラインを割りこみます。そのネックラインを割り込んだところで、天井からネックラインまでの下げ幅と同じぐらいの下げ幅を見込み、その地点をターゲットプライスとして売りとなります。ただ、無理してターゲットプライスまで持ち続けず、利益確保優先がよいかと個人的には思います。
一旦ネックラインを切った後、またネックライン付近まで戻してくることも多々ありますが、そのネックライン付近まで戻してきたところもまた売り場となります。
また、このネックラインを明確に切ってきたら、しばらくこれまでの高値には戻れないと考えられ、ロングポジションを保有している場合は潔く損切りしなければならない場面となります。


hs3
こちらの図は、底値圏で現れるパターン、逆ヘッドアンドショルダー(逆三尊)となります。ヘッドアンドショルダー(三尊)のまったく逆のパターンで、相場の底入れを示唆する形です。



○ヘッドアンドショルダーの例・ポンド円
hs4
ヘッドアンドショルダーの例として、2006年後半から2008年3月までのポンド円週足です。
きれいなH&Sの形となっており、ネックラインから約29円下落しターゲットプライスを達成しています。


次回は・・・まだ決めておりません。(汗)今週中に考えておきます。
スポンサーサイト






コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1412-436abb34
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替