FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。

こんにちは。FX大好きママしましまです。

今日はまずクリック証券のご紹介をします。

クリック証券はすべての通貨ペアにおいて、スプレッド値の原則固定化を実施しています!!
(注:相場急変時等に拡がる場合があります)

そのスプレッドですが、以下の通りとなっています。

米ドル/円 0.8     
ユーロ/円 1.8       ユーロ/米ドル 1.6
ポンド/円 2.8       ポンド/米ドル 3.0
豪ドル/円 2.0       豪ドル/米ドル 3.0
NZドル/円 2.4       米ドル/スイスフラン 3.0
カナダドル/円 3.0     ユーロ/スイスフラン 4.0
スイスフラン/円 3.0    ポンド/スイスフラン 4.0
ランド/円 4.0

ドル円0.8、ユーロ円1.8、ポンド円2.8と、原則固定なのにかなり狭いスプレッドです!!私がよく取引するオセアニア通貨は他の業者だとスプレッドは3銭~5銭のところが多いですが、クリック証券ならオージー円もNZ円も2銭台ですよ!このスプレッドの狭さがうれしいです。スプレッドがこれだけ狭くて、その上固定だと短い足のトレードもかなり有利にできます♪

また、現在クリックFXでは、新規でFX取引口座を開設された方に最大1万円キャッシュバックキャンペーンを実施中です!FX取引口座を開設後、FX開設日の翌日から起算して30日目までに50万通貨単位以上(新規・決済・通貨の別は問いません)の取引をされた方に5,000円 、100万通貨単位以上の取引をされた方には10,000円 、キャッシュバックしてくれます♪
(2010年5月31日(月)まで)
全通貨ペアスプレッド原則固定かつ狭スプレッドで、有利な取引環境のクリック証券、キャッシュバックキャンペーンも実施しているこの機会に、ぜひ口座を持たれてみてはいかがでしょうか。


今日は日曜日ということで、FXの基礎知識を更新します。今日は、先週に続きチャートパターンから、トライアングルについてお話ししたいと思います。では、続きをご覧ください。
(気になる今週の相場については、昨日の記事「ドル買い・円買い続く中、週末のユーロ円・ポンド円・オージー円分析」の方をご覧ください。)


今週は、先週の記事「チャートパターンについて①」でお話しした
【フラッグ】
【ペナント】
【ウェッジ】
と同じく、保合いで現れる「トライアングル」についてお話しします。




【トライアングル】
T1
トライアングルはサポート・レジスタンスにしっかり上下とも阻まれて方向が見えない、いわゆる保合い相場に現れる形です。上下幅が徐々に収縮してゆきエネルギーを溜め、やがて上下どちらかにブレイクします。トライアングルはその名の通り、上値は切り下がり、下値は切り上がりとだんだん値幅がが狭くなっていき、その形が三角形になることから「トライアングル」と言われています。
保合いの期間が長ければ長いほどブレイク後の動きは大きいので、しっかりウオッチしてブレイクにはついていきたいところです。


○上昇型(アセンディング・トライアングル)
T3
トライアングルの中で「上昇型」は、上値はある水準で垂直に抑えられているのですが、下値は徐々に切り上げてきて直角三角形のような形になっています。この場合は上に放たれることが多いと言われています。


○下降型(ディセンディング・  トライアングル)
T4
トライアングルの中で「下降型」は、先ほどの上昇型とは逆に、下値はある水準で垂直に支えられているのですが、上値は徐々に切り下げてきて直角三角形のような形になっています。この場合は下に放たれることが多いと言われています。


【NZD/JPY】
T2
ND円日足です。昨年末の上昇型トライアングルからのブレイクがわかりやすいですね。
トライアングルは出現頻度が高いですし、チャートをご覧になったらすぐ見つかると思います。トライアングルを意識して、特に長い期間継続していてブレイクしたものには積極的に乗っていきたいですね。 



また、トライアングルは「エリオット波動」でも調整波(特に第4波動)で出現する複雑なパターンとして説明されています。当ブログでも詳細ではないですが(汗)以前記事にしましたので、再び掲載します。参考までにご覧頂けたらと思います。

(エリオット波動の基本パターン)
E

○トライアングル
トライアングルは通常第4波動において発生しますが、調整波b波動でも起こることがあります。(第4波動、b波の位置については上の図をご覧下さい。)先日、第4波動は人々の思惑が渦巻き、複雑な波形を形成することが多いとされるとお話しましたが、その波形がトライアングルです。
トライアングルは5つの波から成り立ち、それぞれの波はさらに3つの波に分かれます。具体的にはトライアングルとなったときの第4波動・b波動は3-3-3-3-3の波となるということです。

トライアングルは
1.上昇型(アセンディング・トライアングル)
2.下降型(ディセンディング・ トライアングル)
3.対称型
4・ 拡散型
の4つに分類されます。

以下は、上記の4つのトライアングルの図です。(上昇相場の例)
1.上昇型(アセンディング・トライアングル)
JYOUSYOU
2.下降型(ディセンディング・  トライアングル)
K
3.対称型
T
4・ 拡散型
K

どれも方向感見出しづらい、トレードしづらい形となっております。人々の思惑が渦巻き、複雑な波形を形成することが多いとされるとお話しましたが、たしかにそのような形です。
このようなトライアングルが出てくるときは、レンジ前提の逆張り戦略で逆行されたら損切りか、ブレイクまで様子見でもよいですね。積極的に手を出す場面ではないです。



次回は、天井圏や底値圏で現れるパターン(ダブルトップ、ダブルボトムなど)についてお話ししたいと思います。
スポンサーサイト






コメント
FX大好きママへのコメント
トライアングルって
好きなんですよね。
元気玉みたいで。
応援ぽち
2010/05/17(月) 08:33 | URL | 福富 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1398-6fe4650d
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替