FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・新規失業保険申請件数ですが、市場予想45.0万件に対し結果45.6万件と予想より弱い結果となりました。一方、米・3月中古住宅販売件数は市場予想529万件に対し結果535万件と予想より強い結果となりました。
NYダウは、3月中古住宅販売件数の好結果や企業決算の強い内容を好感するも、ギリシャソブリン格付けの引き下げ等が重しとなり小幅続伸に留まり、前日比+9.37ドルの11134.29ドルで引けました。

今日の主な経済指標ですが、独・4月IFO景況指数、英・第1四半期GDP・速報値、加・3月消費者物価指数、加・2月小売売上高、米・3月耐久財受注、米・3月新築住宅販売件数などの発表が予定されています。また、本日ワシントンでG20財務相・中銀総裁会議が開催されます。
米・3月耐久財受注は市場予想前月比+0.1%、(除輸送機器は市場予想前月比+0.5%)、米・3月新築住宅販売件数は予想32.2万件となっていますが、予想を上回る結果でドル買いがまた進むのかに注目です。

昨日は、ギリシャの2009年財政赤字は対GDP比で13.6%だったことや、ギリシャ債と独債の利回り差がさらに拡大したこと、ムーディーズがギリシャのソブリン格付けを「A2」から「A3」に引き下げたことなどにより、ユーロはまた激しく売られました。ユーロドルは1.33ドルを割り込み、3月25日の安値1.3266ドルの安値も割り込み1.3258ドルまで下落、そして今朝は一時1.3201ドルまで売り込まれましたが、なんとか1.32ドルは割らずに1.32ドル台前半を軟調に推移しています。ユーロドルは今日1.32ドルを守り抜くことができるのか、今日もユーロには要注目です。
ユーロは弱いですが、全体的には流れ変わりやすく動きが掴みづらい相場となっています。今日はドルが強めに推移しており、ドル円が横ばいなので、クロス円は円高となっています。今日もドルが強い流れとなるか、ドルの他通貨に対する強弱を確かめながら、早めの決済をしたいと思います。

今日は、93円台半ばまで上昇のドル円、1.32ドルまで大幅下落となったユーロドルを勝手に分析します。では、続きをご覧ください。


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。クリックしてご覧ください。
ドル円は3月上旬より90円台中心の狭いレンジが続いていましたが、ついに先月24日に上方ブレイク、今月5日には94.78円まで上昇しました。
しかしその5日に94.78円まで高値を更新した後はじわじわと売られる流れとなり、先週は93円台前半を中心に92.57円~93.71円の間での推移となっていましたが、週末16日には大きく下落し一時91.89円の安値をつけ92.16円で引けました。
今週19日は91.85円と約30銭ほど円高でスタート、その後も円高の流れ続き欧州時間に一時91.60円まで下落しましたがその後はじわじわと買われ92円台へ乗せ、20日も上昇の流れ継続でNY時間には93円台へ上昇し一時93.38円まで上昇し、21日は93.44円まで高値を更新しましたが、93.3~93.4円の壁は超えることができず93円付近へ下落しました。
昨日22日は東京時間に93円を割りこむも92.74円ではぴたりと下げ止まり93円台へ上昇、その後は93円を中心にもみ合うもNY午後には93円台前半を抜け93.60円まで上昇しました。

今日は93.30円をサポートにもみ合いとなっていますが、他通貨でのドル買いもありますしこのまま堅調に93.30円をサポートとして93.50円をしっかりと超え、4月14日の高値93.71円、4月9日の高値93.77円を超え、94円台まで到達できるかを見たいです。93円台半ば~後半はかなり上値が重くなり94円台乗せは難しそうですが、94円台へ届く強い流れとなってくるでしょうか。
一方下落の流れとなれば、まず93.30円、そして93円では止まることができるかを見たいです。そこで下げ止まることができなければ昨日の安値92.74円~92.60円への下げとなりそうです。


【EUR/USD 週足】
eurusd
ユーロドル週足です。クリックしてご覧ください。
先週は11日にユーロ圏の財務相らが緊急電話会議を開催しギリシャに対し最大300億ユーロの融資を提供することで合意したとして、週明け12日のユーロドルは1.3658ドルと約160pipsの大きな上窓をあけてのオープンとなりましたが、その後ギリシャ問題が再燃しユーロは売られる流れとなり、週末16日は一時1.3471ドルまで下落し1.3501ドルで引け、先週開けた上窓を閉めてきました。

今週19日は1.3468ドルでオープンするも1.35ドルの壁は越えられず、じりじり下落し1.3415ドルの安値をつけました。しかしそこからは反転上昇し、1.35ドルにあと一息のところまでの上昇を見せ、20日もユーロドルは東京時間、欧州時間に1.35ドル台に乗せましたが、1.35ドルの壁にまたまた押し戻され1.34ドル台前半へ、21日も軟調な流れとなり19日の安値1.3415ドルを割りこみ1.34ドルも割れ、一時1.3357ドルまで下落、NY時間は1.34ドルを超える場面もありましたが、1.34ドルを割れたところで引けました。そして昨日、ギリシャの2009年財政赤字は対GDP比で13.6%だったことや、ギリシャ債と独債の利回り差がさらに拡大したこと、ムーディーズがギリシャのソブリン格付けを「A2」から「A3」に引き下げたことなどによりユーロ売りが加速、 ユーロドルは1.33ドルを割り込み、3月25日の安値1.3266ドルの安値も割り込み1.3258ドルまで下落、そして今朝は一時1.3201ドルまで売り込まれましたが、なんとか1.32ドルは割らずに1.32ドル台前半を軟調に推移しています。

ユーロドルはその上値を切り下げながらの弱い流れが継続しています。ギリシャ等ユーロ加盟国の財政不安くすぶる中での上値は引き続き重そうで、今日はこの1.32ドルを割れてくる流れとなるのかに注目です。朝は守られましたが、今度あっさり1.32ドルを下抜けとなると、一昨年後半、昨年前半にレジスタンスとなった1.31ドルまでの下落、そして昨年3月の安値1.2455ドル~昨年11月の高値1.5143ドルの78.4%押しの1.3030ドル~1.3ドルの大台を目指す下落も考えられます。 今日も引き続きユーロの急落に注意したいです。
一方、なんとか反発となれば1.3285~1.33ドル、そして1.3350ドル付近まで戻せるでしょうか。

長期で見るとユーロドルは昨年11月25日に1.5143ドルの高値を付けてからの下落がまだまだ続いていると見られ、今後も中長期で下を目指すのか、他通貨にも大きく影響するユーロドルの動きは今後も要注目です。



今日は幼稚園のPTA総会と役員の引き継ぎで午前中出ていたため、また更新が遅くなり分析もドル円・ユーロドルのみで申し訳ないです。これでPTAの仕事は完全に終わりました、やれやれです。
次男も小学生になり私の生活もだいぶ楽になりましたが、最近なんだかひきこもりがちになっています。(汗)何か外に出る用事を作らないといけないなあと思う今日この頃です。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。最後に以下のバナーをクリックしていただけるとうれしいです!応援がとても励みになってます、どうぞよろしくお願いいたします!!
         ↓↓

誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ人気ブログランキングBLOG誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママにほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・(スイング派)へ
スポンサーサイト






コメント
FX大好きママへのコメント
ドル円君、94円台ですね♪
ひゃ~。どうしよぉ。どうしよぉ(^^;)
2010/04/23(金) 22:24 | URL | junichi #-[ 編集]
ドル円、けっこうあっさり94円来ましたね~。
さて、来週95円台が見れるかどうか・・。
2010/04/24(土) 08:12 | URL | FX大好きママ(しましま) 誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐF #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1373-81798e05
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替