FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表されたカナダ雇用統計ですが、3月失業率は市場予想8.1%に対し結果8.2%、3月雇用ネット変化は市場予想+2万6000人に対し結果+1万7900人と予想より弱い結果となりました。この弱い雇用統計の結果を受け、USD/CADは1.000CAD付近から1.0082CADまで高値更新、カナダ円も発表後93.6円付近から93円台前半まで急落、その後も下げ続け93円割れ、一時92.57円まで下落しました。
NYダウは、ギリシャ問題の前進や、エネルギー関連株やハイテク株が上昇したことなどにより続伸、前日比+70.28ドルの10997.35ドルで引けました。

さて、来週の相場ですが、来週は13日の2月貿易収支、14日の3月消費者物価指数、3月小売売上高、ベージュブックなど重要な米国経済指標が数多く発表されます。
2月貿易収支は-390億USD、3月消費者物価指数は前月比+0.1%、3月小売売上高は前月比+1.0%、除自動車では前月比+0.5%の予想となっていますが、予想より好結果となり、リスク選好の動きが強まるかに注目したいです。
来週の主な経済指標ですが、12日に加・3月住宅着工件数、13日に独・3月消費者物価指数・確報 、英・2月商品貿易収支、加・2月国際商品貿易、米・2月貿易収支、14日にNZ・2月小売売上高指数、欧州・2月鉱工業生産・季調済、米・3月消費者物価指数、米・3月小売売上高、ベージュブック、15日にECB月例報告、欧州・2月貿易収支、米・新規失業保険申請件数、米・4月ニューヨーク連銀製造業景気指数、米・2月対米証券投資、米・3月鉱工業生産、米・4月フィラデルフィア連銀景況指数、16日に欧州・3月消費者物価指数・確報値、米・3月住宅着工件数/ 3月建設許可件数、米・4月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値などの発表が予定されています。

昨日はユーロが大荒れとなりました。ユーログループがギリシャ支援策につき来週金曜に声明を発表する見通しとの報道や、格付け会社フィッチがギリシャの格付けを「BBB+」から2段階引き下げ、投資適格級で最も低い「BBB-」とし、見通しを「ネガティブ」とすることを発表、ユーロスイスはスイス介入と思われる動きで上昇するなど強弱材料出た中ユーロはギリシャ支援策が前進したことの方を好感、ユーロドルは1.33ドル台後半から1.3499ドルと1.35ドルまであと一歩のところへ上昇、1.3499ドルの高値引けとなりました。
来週は、上記米経済指標のほかにギリシャ支援策関連や人民元切り上げ観測に関しての報道、米主要企業決算発表にも注意したいです。相場の急変には十分注意しながら、ドル円は93円~92.8円付近では底堅く推移できるか、ユーロドルは1.3282ドルが2番底となり上昇継続となるのか、円安相場進むかに注目したいです。


今日は、来週以降の上昇も期待できるかが気になるクロス円から、ユーロ円、ポンド円、オージー円を勝手に分析です。では、続きをご覧ください。


【EUR/JPY 週足】
eurjpy
ユーロ円週足です。クリックしてご覧ください。
ユーロ円は2008年10月は暴落、10月27日には113.62円まで下落し、そこからはしばらく上昇しても130円付近では上値を抑えられるという下値圏でのレンジ相場となり、2009年1月には再び112.06円まで下押しします。
下値圏でのレンジを続けていたユーロ円ですが、2009年3月下旬ごろからは約5か月継続したレンジを抜け上昇、2009年5月中旬からは127円~139円付近での値動きとなっていました。
今年1月中旬まではユーロ円はまだこの長く続いた127円~139円付近の大きなレンジを抜け切れていない状況でした。しかし1月21日には一時126.54円まで下落、1月22日も126.77円まで下押しし、126.95円と127円割れで引け、この長く続いたレンジを下抜け、更なる下落が懸念される動きとなりました。

その懸念通りユーロ円は続落、この長く続いた127円~139円付近の大きなレンジを1月26日ついに明確に下抜けることとなりました。1月26日にユーロ円は安値125.66円を付け126.23円と127円を大きく下回って引けることとなり、その後は今までのサポート127円がレジスタンスに変わる形で続落しました。
2月25日には下値の目途と思われていた120円の大台を下抜け、一時119.64円まで下落し更なる下値が懸念されましたが、なんとかその安値119.64円は割らずその後は120-125円のレンジで推移していました。

125円をなかなかしっかり抜くことができず押し戻されていたユーロ円でしたが、3月31日ついに125円をしっかり上抜き126.61円まで上昇、そして今月1日にはついに今年1月中旬までのサポートであった127円も力強く超え、2日も127円台を維持し、一時127.91円まで上昇、127.74円で引けました。
しかし、その上昇も今週はギリシャ問題が再燃したことなどで長続きせず、5日に127.92円の高値をつけてから続落し8日には123.42円の安値を付けました。そこからは反発し昨日は125円台へと反発し125.77円で引けました。

ユーロ円はユーロドルが軟調なことが足を引っ張る形となっていましたが、昨日サルコジ仏大統領が「ギリシャ救済計画を実施する用意がある」「ギリシャは財政赤字縮小など果敢な措置を採っている」などかなり支援に前向きな発言をしており、来週末にユーログループが救済具体案が発表するとの報道も出ており、ギリシャ問題解決へまた一歩前進したことを市場は好感しています。
来週のユーロ円は125円付近をしっかりとしたサポートとし、127円のレジスタンス、そして先週2日の127.91円、今週5日の127.92円を超えることができるかに注目です。さらに好材料が出るなどで上昇続けば、日足の200日線の位置129円付近まで、そして大台130円を目指すことができるでしょうか。
一方来週下方向となると125円台前半~125円ではしっかり止まることができるか、止まれずに125円がレジスタンスとなるようだと下値は123円付近までありそうです。


【GBP/JPY 日足】
gbpjpy
ポンド円日足です。
今週5日は144.89円まで上昇するもそこからは値を下げ、6日は高値144.06円から安値142.07円まで大幅下落、7日は一時143.85円まで上昇も買いは長く続かず一時141.77円まで下落、そして8日は141円も割れ040.94円まで下落もその後急上昇、高値143.06円までの回復を見せました。週末9日は欧州時間に一時144.30円まで回復もそこからは値を下げ、143.19円で引けました。

現在は143円前半をサポートとしており、来週も143円をサポートに144円、そして5日の高値144.89円まで上昇できるかを見たいです。下落しても142円付近ではしっかり止まり、142-144円中心の動きを続けることができるでしょうか。

ポンドドルは今週1.5140~1.5310ドル付近のレンジとなっていましたが、昨日は強い動きとなり1.5310ドルのレジスタンスを超え3月17日の高値1.5380ドルを抜け一時1.5391ドルまで上昇、1.5370ドルで引けました。懸念材料はいろいろあるポンドですが現在ポンドドルが強い流れとなってきており、来週下げても1.531ドル付近をサポートとしながら1.54ドルをしっかりと超えてくると次は2月23日の高値1.5574ドルを目指す上昇となりそうです。ドルが来週も売られてくるとドル円は上昇しづらいと思われますが、リスク志向高まりポンドドルがそれ以上に堅調となれば、ポンド円も200日線145.77円~146円まで伸びてきそうです。


【AUD/JPY・AUD/USD 週足】
audjpyaudusd
オージー円・AUD/USD週足です。
オージー円は、ドル円の下落とAUD/USDの上昇に揺れる形で、昨年8月中旬から76円台半ば~80円のレンジ相場を形成、トレンドがはっきりしない状態を続けていましたが、昨年10月6日にRBAは、政策金利を0.25%引き上げ3.25%にすることを発表し追加利上げの可能性も示唆、そして10月8日に発表された豪雇用統計の予想外の好結果が追い風となり、オージー円はレンジを上抜け80円台へ上昇しました。
10月15日には、スティーブンスRBA総裁が講演で「利上げに消極的になりすぎることはできない」「必要がないのに金利は低水準には維持出来ない」などと追加利上げを示唆する発言をしたことからオージー円はさらに買われ、8月7日の高値81.91円をついに上抜き今までのレンジを完全に抜けて82円を超え強い上昇基調となり、10月23日には一時85.31円の高値をつけました。しかし10月23日に85.31円の高値を付けてからは調整の流れが主流となり、11月26日には一時76.55円までの下落となりました。しかしそこからは上昇の流れとなり12月31日には83円のレジスタンスを超え、年明けからは連日上値を切り上げ、1月11日には一時86.19円まで上昇しました。

86.19円の高値をつけてからは下降トレンドに変化、1月21日には82円のサポートも割りこみ、1月29日はついに80円のサポートを割れて79.76円で引け弱い流れとなり、2月5日にはレンジ下限76円台半ばを破り一時76.18円まで下落しました。その後76.18円を底に上昇基調となり2月22日には一時82.80円まで上昇しましたが83円を前に反転下落、2月25日には78.18円の安値を付けました。そこからはまた上昇に転じ、今週は追加利上げ観測からもオージーは買われ大幅上昇、先週4月1日には1月11日の年初来高値86.19円を超え86.54円まで上昇、そして2日も強い動きで87円台へ乗せ87.06円の高値をつけ、86.93円で引けました。今週は87.51円まで高値を更新、86円付近では底堅い動きを見せ86.92円で引けています。

1月11日の年初来高値86.19円を上抜けし今週は87円台半ばまで上昇しているオージー円ですが、来週は下値は86円を守ることができるかに注目、上値は7日の高値87.51円を超え88円台以上を目指せるかです。
AUD/USDは今週0.92ドル付近のレジスタンスを超え堅調に上昇、0.9329ドルで引けています。他の追随を許さない高金利・景気回復状況からオージーは来週も県境に推移してきそうで、ここからは昨年11月16日の0.9406ドルを目指す流れとなりそうです。

ここからは可能性の一つとしての話ですが、ドルカナダはすでに今週2008年7月17日以来の水準までなっており、もしAUD/USDが昨年11月16日の0.9406ドルをしっかり超えてくれば相場は2008年7月15日の高値0.9850ドルを目指し急上昇してくる可能性を頭の片隅においておきたいです。もしもそのようなことになればオージー円も90円台回復が実現しそうです。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。最後に以下のバナーをクリックしていただけるとうれしいです!応援がとても励みになってます、どうぞよろしくお願いいたします!!
         ↓↓

誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ人気ブログランキングBLOG誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママにほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・(スイング派)へ
スポンサーサイト






コメント
FX大好きママへのコメント
豪ドル円強さ維持ですね☆
今日は、こちらは暑いです♪
今からパンツ、スニーカーを買いに行ってきまーす!
2010/04/10(土) 13:07 | URL | junichi #-[ 編集]
4月9日(金)のドル円のうごきをふりかえれば
NY時間に、ロングポジションを刈りにきた
ということでしょう。21時に刈って
生き残ったロンガーを24時に刈った
ストップを巻き込んで、下落した

ストップを刈られた人は、多かったはずです

たぬくんは17:49分に93.747で売り、満足のいく
トレードができました
2010/04/10(土) 20:06 | URL | たぬくん #i5dPGS9U[ 編集]
元利上げした場合はドル円に影響しますか?

現在折り込んでいると思いますか?
2010/04/11(日) 01:24 | URL | 青い空 #-[ 編集]
オージー円堅調ですよね。下は86円近辺までの動きが続くでしょうか。
junichiさん、昨日はよいお買い物できましたか?
2010/04/11(日) 09:38 | URL | FX大好きママ(しましま) 誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐF #-[ 編集]
たぬくんさん、お久しぶりです。
金曜日のNY時間は全体的にドル売りが進みましたね。ドル円も30pips下げを
2回もされるとロングは刈られますよね。
たぬくんさん、93.747って天井ショートですか、すごいですね!
2010/04/11(日) 09:49 | URL | FX大好きママ(しましま) 誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐF #-[ 編集]
おはようございます。
人民元切り上げの発表してすぐは、2005年7月からの動きと似たようになるかはわかりませんが、やはり円高方向に動いてはくるのかなあと思います。
でも、為替が動くのは他の要因の方が大きいですし、2005年も9月からは大きく円安となってますし、その時々の流れを見ながらとなってきますよね。
2010/04/11(日) 10:08 | URL | FX大好きママ(しましま) 誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐF #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1359-d627a4e7
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替